2005年09月28日

賢者

TACのHPに上級本科生のパンフがアップされていた。
もうすぐ自宅にも届くかな?

受験校の話で思い出したのがこれ↓
http://www.asahi.com/national/update/0928/TKY200509280242.html
学院の通信生のBlogや
502教室の書き込みで
あまり良くない、とは感じていましたが受験機関の選択も気をつけないといけませんね。

しかし新制度を迎え、
これまでは合計で600点をとれば1次合格だったけど
来年からは全科目で6割取れていなければ
2次受験の権利が発生しないんですよね。

これまでは苦手科目は40点とれれば良かったけど、
今後は60点未満はアウトだ。

トータル600点戦略ではなく
各科目6割獲得戦略ですね。

早めに各科目のアウトプット学習をして
得点獲得能力を高めることが大事なのでは、
と勝手に思う。

有効なアウトプットのためには
有効なインプットが必要である。

そのためにインプット前に
過去問演習が必要だと思うのだ。

気をつけたいのは
過去問演習の正答率で一喜一憂しないこと。
あくまでも「傾向と対策」を見出すために
過去問を眺めてみたい。

傾向の把握と
自分の苦手なところ、
今後のインプットにおいて重点的に学習すべきところを
見出すのが目的。

Blogで「過去問100点とれましたー」とか言っていても
合格できなきゃ意味無いわけだし。

当たり前ですが、
焦点を当てるべきことは
「合格」ですから。

やっぱ
過去問って大事だなー

賢者は歴史に学び
愚者は経験に学ぶ


スイマセン。愚者で.orz
もう、ぐしゃぐしゃw

来年は少しでも賢者になろうと思います。




posted by 熱血感動型 at 20:54| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。