2005年11月24日

美味

企業経営理論のテキスト読込を先日から開始したわけである。

先へ先へ。
全体から部分へ。
要点は何か。
自身が押さえてきれていないのは何か。

これらを意識して読む。読む。読む。

読込が単調にならないように、マーカーを引く。
●ポイントになる記述は黄色。
●少しアクセントをつけたい記述は緑。
●メリットの記述は青。
●デメリットの記述はピンク。
●チョー大事な記述はオレンジ。
TACのE先生方式であるが、自分でこれらを判断しながらマーカーを引くのは楽しいですね。主体性の発揮を感じます。←自分で言うな

たまに失敗もします。
「あ、何でこんなところにオレンジ引いちゃったかなぁ」とかw

テキストの余白には鉛筆で絵を書いた。
「火事になっている門の中に居るサイ」を書いてみた。
意思決定における、
「サイ」「モン(門)」の火(価値の価)事(事実の事)前提。

「バス」の絵も書いた。
「バ」はバーンズの「バ」、「ス」はストーカーの「ス」。
バスは機械で出来ている。機械的システムは安定的環境に対処できる。
それに対し、有機的システムは不安定な環境に対処。
バーンズ&ストーカーのコンティンジェンシー理論。

そのほかにも色々書きましたが、あまりにアホくさいので、あとは秘密w。

そんなこんなで、今日はテキストを味わうことが出来ました。
テイスティングならぬテキスティング。
うーーん。テイスティ。。。


posted by 熱血感動型 at 20:55| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。