2007年06月30日

素直

教えることにこだわっているうちは、
教わることができない。

自分の解答の正当性にこだわっているうちは、
自分の解答の間違いに気がつかない。

素直になるとは、
なんと難しいことなんだろう。

合格者は、素直の意味を知っている。

過去問解きながら、そんなことを思った。

posted by 熱血感動型 at 22:28| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

到着

今日は仕事オフ。
自宅で80分ガチンコ勝負。
昨年の過去問(事例T)を解いた。

演習開始後78分経過。
自宅のチャイムが鳴った。

「続々80分の真実」が宅急便で届いた。
偶然にしては、タイミングが良すぎ。

「続々80分の真実」を
ジュンク堂にネット注文をしたのが数日前。

ちなみに数年前から、熱血感動型はネットで書籍を買うときはジュンク堂である。

で、今回は発注したものの、在庫がなくて取り寄せになるとのこと。
気長に待つことにした。

で、手元に届いたのがこのタイミングとは、
縁を感じますなー。

そうそう、
巻末に熱血感動型の名前が載ってた。
最初、「何で?」って思ったのだが、
そーいえば、アンケートに答えたんだよなー。
忘れてた。

で、書籍の感想だが、
個人的には、ストレート合格者の座談会と
多年度合格者の座談会が対比されていたのが
良かった。

多年度ね。多年度。
合格したらみんなチャラ。

ふとそんなことを思った。

posted by 熱血感動型 at 20:55| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

修行

「セイントフォー」
80年代の4人組アイドル。
詳しくは、はてなウィキぺディアに掲載されている。
ググッてもたくさん出てきますけど。

ふと懐かしくなって、金曜の夜、YouTubeで動画を見てしまった。

昨日の土曜日は、TBCで財務の事例演習。
相変わらず時間に追われ、急ぎながら解いていた。
ふと、演習中に、頭の中に前夜聞いたセイントフォーの歌が流れはじめてきた。

セイントフォーの歌って、
振り付けも含めて活動性というか流動性が高いっていうか、
せかせかしたイメージがある。

80分という時間に追われていた身としては、
場面にマッチしたBGMだな、と事例を解きながら思ったりした。

それはそうと、
いったん、頭の中にBGMが流れてしまうと、
演習中に歌がこびりついて離れなくなってしまった。

っていうか、事例演習中に、そんなことに困ってる自分って、
集中力に問題がないか?

経営指標を問う問題は思いっきり外してしまった。
絶対はずしちゃいけない問題なのに。

昨日添削されて返って来た、マーケ、生産の事例も
点数がパッとしてないし。

まだまだ修行が足りないぜ。
まだまだ伸びしろがあるってことなのか?
posted by 熱血感動型 at 15:41| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

小槌

昨日の会議で、各店舗責任者を前に、
自身の店舗運営の実情を発表してきた。

熱血感動型の発言を受け、上司から、
「熱血感動型はまるで『打出の小槌』のようだ」
「各店舗の責任者は、熱血感動型にアドバイスを仰ぐように」
とのありがたい言葉を得た。

しかし、発表した店舗運営のアイデアは
ほとんどが、熱血感動型の部下のアイデアであり、
自分自身が立案したものなど、ほんの一握りしかない。

管理者に大事なのは、
部下の意見を引き出し、具現化する努力なのだろうと思った。

まぁ、そんな感じで、
会議は熱血感動型主導で進んでいったわけだが、
会議終了直前に役員クラスが会議に参入してきて、一言。

「あ、熱血感動型の店舗って汚いよな。
 もっときっちり清掃に励むように。」

orz

会議終了後の居酒屋での打ち上げでは、
笑い話のタネにされたことは言うまでも無い。

そんなこんなで飲みすぎてしまい、今日の学習進捗は良くない。
飲み会は学習リズムを狂わせる。

酒との付き合い方が熱血感動型の学習上の課題だ。
試験まで5ヶ月切った今、
もうそろそろ、そんなことも言ってられなくなる。
posted by 熱血感動型 at 17:50| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

歯痛

数日前から左の奥歯に痛みを感じていた。

ブラッシングでどうにかしようと試みていたのだが、
とうとうモノを噛めなくなるほどの痛みに発達してしまった。

今日の午前中、自宅そばの歯医者に電話したところ、
本日夕方6時からなら予約が取れるとのことであったので、
お願いして電話を切った。

ところが、仕事中、
どんどん痛みが増してきて、我慢できなくなってきた。
夕方6時まで我慢できそうに無い。。。

予約した歯医者に電話して、
診察の時間を早めてもらえないか、聞いてみたところ、
先生が往診に出かけていて、夕方まで不在とのこと。

すぐ診てもらえる歯医者はないか?と思い、
「自分の住んでいる地名」と「歯医者」
を検索ワードにしてググってみた。

で、見つけたのがこれ。
歯医者クチコミランキング

自分の住んでいる地域で、ランク1位の歯医者に電話してみたら
すぐ診てくれるとのこと。

会社を早退して、早速行ってきた。

ネットのクチコミは恣意性の危険もあるが、
治療も雰囲気も、おおむねクチコミどおりだった。

「インターネット」
「口コミ」

2次対策としては使い古された感のあるキーワードではあるが、
ネットの即時性と口コミの信頼性という効果を肌で感じた。

それはそれで、良い経験だったと思うが、
もう、痛いのはヤダナぁ。

しかし、歯が痛いと、勉強してても仕事してても、
猛烈に集中力が低下する。

しっかり治して勉強に励まないと。
posted by 熱血感動型 at 18:13| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

胼胝

「胼胝」
これって「タコ」と読むそうだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BC%E8%83%9D

この漢字を知っていたからといって、
2次試験では活用はできないだろうなw

さて、
先日、左ひじに「タコ」を発見した。

右手に「ペンだこ」はあるが、左ひじに「タコ」?
どうやら、熱血感動型は、
机に向かうと左ひじをつく癖があるようだ。

でも、「タコ」になるほどとは。。。
長年、机に向かってきたせいなんだろう;

左ひじの「タコ」を発見した家内いわく「勲章だね」。

果たして何の勲章でしょうか?

唐突だが、熱血感動型は野球少年だった。
守備は得意だったが、バッティングは苦手な球児であった。

だから、バッティングが上手くなりたい一心で、
毎日素振りを欠かさず行っていた。
ピーク時は一日に1000スイングはしていたと思う。

手には豆ができ、破れ、赤身が露出する。
それでもバットを振っていると血が出てきて、
バットを振るたびに飛び上がるほど手が痛む。

それにめげずに素振りをしていると、やがて「タコ」になる。
さらに素振りを継続すると、「タコ」は硬くなっていく。

カチンコチンの「バットだこ」は、素振りの回数の証明になる。
苦しかった練習を継続できた勲章だ。

だけど、結果的に熱血感動型の
バッティング能力は、満足レベルまでには向上しなかった。

だから、
ペンだこの大きさとか、左ひじのタコの発生とか
勉強時間とか、作ったサブノートやカードの量に
満足してはいけないのだ。

えてして、効果を実感できないとき、
見えるもので効果を実感しようとするが、
大事なのは「目標」に近づいているかどうか、なのだ。

「目標」の達成のためにとった、
「手段の量」に満足してはいけない、と思う。
選択した「手段の量」が
「目標」の達成に結びつくとは限らない。

着目すべきは「手段の質」。
昨年の1次対策で実感している。

ということで、左ひじの「タコ」は、
自身の意を新たにさせてくれた意味をもって、
勲章と呼ぶことができるだろう。
posted by 熱血感動型 at 12:10| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。