2008年02月03日

指標

H19年10月21日(日) 明治大学リバティタワー2F。二次筆記試験 事例W
時間配分作業・問題用紙分割作業・設問文の把握・与件整理が終わりました。

第1問の解答作成作業に入りました。

第1問(配点25点)
D社の平成18年度(実績)および19年度(予想)の財務諸表を用いて経営分析を行
い、これまでの経営政策を続けた場合に生じると考えられる問題点のうち重要と思わ
れるものを3つ取り上げ、問題点@、A、Bごとに、それぞれ問題点の根拠を最も的
確に示す経営指標を1つだけあげて、その名称を(a)欄に示し、平成19年度分の経営
指標値を(b)欄に計算(小数点第3位を四捨五入すること)した上で、その問題点の原因
について(c)欄に60字以内で説明せよ。


予想通り、第1問は経営指標の問題でした。

経営指標を3つあげるので、
収益性・安全性・効率(活動)性の切り口が考えられます。

与件には、
近年では基礎化粧品といえども、より健康志向、安全志向が進み、大手メーカー
が次々と新たな基礎化粧品を市場に投入しており
(第2段落2〜4行目)

近年の大手ドラッグストアの進出やナショナルブランド企業間の競争激化、あるいはインターネット販売の普及などによって、伝統的な町の薬局が次々と廃業に追い込まれ、その結果、D社製品の取扱薬局が減少しており、このままだと今後D社の売上高が減少する可能性が高まっている。(第3段落1〜4行目)
とありました。

D社は、
大手メーカーの新製品開発や町の薬局の廃業をコントロールすることはできません。
私はこれらを「脅威」ととらえました。

そうするとD社の問題点は果たして何だろう?

与件を読み進めます。
取扱薬局が減少しているので、同時に新たな販売チャネルを開拓しなければならない
とも考えている
(第4段落2〜3行目)

低価格製品のインターネット販売をビジネスプランとして検討している(第4段落6〜7行目)

かねてより当該成分にかかわる基礎研究を進めてきたものの、製品の開発には至っていない(第5段落1〜2行目)

第2・3段落に書かれている「脅威」(と思われる)記述が再度出てきます。

なぜ、出題者は再度与件文に記述したのか?

再度記述したということは、何らかのメッセージがあるのではないのか?

D社の問題点として
「チャネルの問題、製品開発の問題、低価格化の問題」を
あげさせたいのか?と思いました。

一応、これらを解答候補として考慮しながら、経営指標を探します。

まず、総資産利益率を算出しました。

H18年度 総資産利益率 198/2651=7.47%
H19年度 総資産利益率 45/2601=1.73%

H19年度は大きく低下していました。

次に、総資産利益率に売上高をかませて、
総資産回転率と売上高利益率を算出しました。

H18年度 
総資産回転率 3216/2651=1.21回 売上高利益率 198/3216=6.16%

H19年度
総資産回転率 2900/2601=1.11回 売上高利益率 45/2900=1.6%

売上高利益率の低下が大きい。

取扱薬局が減っており、低価格化も進んでいることから、
売上低下を主眼にした解答にしようと思いました。

【再現答案】
@(a)売上高総利益率
 (b)22.00%
 (c)D社製品の取扱薬局が、廃業により減少して
   おり、インターネット販売による低価格化が
   進み、売上高が低下するためである。


ちょっと時間をかけ過ぎました。
あと、二つ経営指標を選ばないといけません。

まずは、与件を考慮しながら指標を選ぶことができました。
独りよがりの解答にならないよう意識していました。


posted by 熱血感動型 at 13:14| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメント2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。