2008年02月10日

実家

現在、熱血感動型は
中小企業経営コンサルティング制度を利用して、実務を行い、
診断士の登録を目指しています。

私が所属するチームは8名の所帯なんですが、先日、初めて顔合わせをしました。

その後、居酒屋で話をしよう、ということになりまして、
ビールを飲みながら話していたときに気がついたことがありました。

私は、H13年10月から診断士の勉強をはじめました。
その年の11月に友人の結婚式に出席するため、
片道800q離れている実家に帰省しました。

その後は、盆も正月も実家に帰らず、ひたすら(?)受験勉強をしていました。
(もっとも、仕事が忙しく実家に帰れなかったというのも理由です)

それから約6年後のH19年(昨年)の夏にふと思い立ち、
約6年ぶりに実家に帰省しました。

で、その年に合格したのです。

つまり、診断士の勉強をはじめてから、二次試験に合格する年まで、
私は実家に帰っていませんでした。

で、思うのです。
自分の親に孫や嫁そして自分の顔を見せない自分は、
自分の親に自分の近況を伝えることをしない自分は、
そして、自分の親を大事にしてこなかった自分は、
やっぱり不合格だったんだなって。

結果論といえば結果論なのですが。。。

周囲へ感謝の念を忘れずに生きて行こうと思うのです。


posted by 熱血感動型 at 15:44| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。