2008年03月11日

事例演習中の手の動きが意味するもの

 「ドラゴン桜に学ぶシリーズ」第6回は、事例演習時の手の動きについて、です。

 ドラゴン桜第2巻16・17限目で、ものを考えるときのポイントについて教師が受験生にアドバイスをしています。

 それは、ものを考えるときは体を硬くして考えては駄目で、手を動かしながら(何か書きながら)考えることで脳がより活発になる、というものです。

 私の事例演習の仕方は、@設問を読む、A与件文を読む、B設問を再度読む、C設問と与件を行ったり来たりする、というおそらく多くの方が行っている順序で演習をしていました。

 そして、@からCの各ステップでは、ことごとくメモをとりました。とにかく、何でも書きました。また、アンダーラインを2色のボールペンでひいたり、マーキングを5色の蛍光ペンで行っていました。

 @の段階(与件を読む前の設問読込)では、青のボールペンで思いつきレベルの内容をメモします。アンダーラインもひきました。

 Aの段階(設問を読んでからの与件読込)でも何か思うことがあったら、赤のボールペンでメモします。このときはSWOTの各項目と着目したいところに蛍光ペンでマーキングをし、その他に気になったところは赤のボールペンでアンダーラインをひきました。

 Bの段階(与件を踏まえた設問読込)では与件から使えそうな解答要素をシャーペンでメモします。この段階でのメモが一番多いです。

 Cの段階(与件と設問を行ったり来たりする)も解答となりそうなものをシャーペンでメモします。

 二次の学習をはじめた当初に講師から「事例演習時はメモは必須です」とアドバイスを受けましたが、浅はかな私は「解答が思い浮かばないのにメモなんてできるはずがない」と思っていました。

 解答が思い浮かばないからこそ、頭の中にある何らかのキーワードをメモして脳を活性化させ、解答を構築していくのですね。
 手を動かす(何か書く)ことで脳が活性化するというドラゴン桜のメッセージを読んで、なるほどな、と思いました。

 事例演習中に考え込んでしまい、体を硬くしてしまうことは、脳が活性化されない状況を選択することになりますので、気をつけていきたいところです。


posted by 熱血感動型 at 12:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴン桜に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

事例に対するスタンス

「ドラゴン桜に学ぶシリーズ」第5回は、事例に対するスタンスです。

 ドラゴン桜第2巻15限目で、問題を受験生に作成させ、その問題を受験生同士で交換して解く、という作業をさせます。その際に教師が受験生へ発したメッセージが、「問題とは人間が考えて、解く人のために作るもの」というものでした。

 この取り組みはTACで行っていると聞いたことがあります(今はどうか分かりません)。

 私は、二次試験学習当初は「どうやって正解を導き出すか」というスタンスで事例演習を繰り返していました。その延長線上に主催(?)する勉強会があり、そこでは、二次試験の過去問を解き、お互いの解答を見せ合い、議論する、ということをしていました。

 しかし、「どうやって正解を導き出すか」というスタンスからは、「何が正解か」が議論の中心になりがちでした。ですからメンバーと議論をしても、拠り所は受験機関の模範解答だったりするので、解答・解法を覚えてしまうと議論はあまり意味のないものになることがありました。

 その後、この「どうやって正解を導き出すか」という私のスタンスに変化がありました。何がきっかけで、いつ変化したのか分かりませんが、「どうやって正解を導き出すか」のスタンスから「どうやって根拠のある解答を書くか」のスタンスにシフトしていました。

 スタンスがこのようにシフトすると「なぜ、与件文のここにこんな一文があるのだろう」とか「なぜ、わざわざこういった言い回しをしているのだろう」と出題者の意図を読み取ろうするようになってきます。

 これを分かって欲しくて、ドラゴン桜の教師は受験生に冒頭のメッセージを発しました。

 そして、スタンスがシフトした結果、「この一文があるからこのような解答になる」、「この言い回しだからこそ、このような解答を書いた」と根拠のある解答を書くようになってきました。さらに「自分の言葉」で解答を書き、説明できるようになりました。

 事例問題は人間が考えて、受験生に解かせるためにある、ということを意識すると事例の見方が変わってくるかも知れません。

 現在、実務従事中ですが、実際に実務を行うと、「正解の提言」は無いように思いますが、「根拠を持った提言」は正解・不正解という垣根を越え大きな説得力を持ちます。

 誤解の無いように付け加えますが、上記のように、主催した勉強会の議論の内容はあまり良くなかったと思います。しかし、情報交換やモチベーションの維持、そして合格者からのアドバイスを直接受けることができたという面で非常に効果があったと思います。

 この「受験生のシナジー効果」については後日紹介することもあろうかと思います(ドラゴン桜に載っていたので)。

 この勉強会の存在も私の大きな合格要因でした。
posted by 熱血感動型 at 14:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴン桜に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

息抜きしてますか?

「ドラゴン桜に学ぶシリーズ」第4回は、休憩の重要性です。

 ドラゴン桜第2巻14限目で、「緊張と緩和の繰り返しを継続させて、成果を得る」という方針が提示されています。これは、息抜きの重要性を示しています。

 私は、初めての二次試験(H18年)直前期に風邪をひいてしまいましたので、試験会場に風邪薬を持ち込みました。午前中の2事例が終わり、昼休みを迎え、昼食後に風邪薬を飲みました。
 
 そして、昼休み後の事例Vに取り組んでいる最中に、強烈な眠気に襲われ、5分ほど眠ってしまいました。不合格の要因はこれだけではないのですが、結果として初めての二次試験は不合格でした。

 自分の体力不足を痛感した私は、翌年(H19年)度対策として、最低月1回は運動をすることにしました。運動の内容は子供とのキャッチボールです。異常に暑かった真夏を除き、月に1〜2回、休日の午後に行いました。
 この程度の運動で体力がついたかどうかは疑問ですが、勉強の息抜きになったことは間違いありません。「切り替え」「リフレッシュ」「メリハリ」とも言われるこの取り組みですが、私の想像以上に大きな効果があったと思います。

 それまでは、とにかく毎日、とにかく勉強するというスタンスであり、脳が常時緊張状態であったと思います。体力作りを目的としたキャッチボールでしたが、結果的に勉強から開放される日、開放される時間を意図的に設定したことになりました。
 これにより、脳が緊張状態から解き放たれ、翌日から新たな気持ちで勉強に励むことができたと思います。

 そして、夏休みに実家に帰り、丸々4日間勉強から離れ、本試験前、最後で最大の息抜きをしました。その後、本試験当日まで徹底的に学習に打ち込むことができたのは言うまでもありません。

 受験生の方には「定期的に息抜きをすること」を提言いたします。

 提言と言えば、昨日は「経営コンサルティング制度」の最終打ち合わせでした。チームの提言方針から外れ、整合性に欠けた安易な提言を提出してしまい、議論を混乱させてしまいました。

 まだまだ、未熟です。。。
posted by 熱血感動型 at 14:24| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラゴン桜に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

写経の効果

「ドラゴン桜に学ぶシリーズ」第3回目は写経について、です。

 ドラゴン桜第2巻12限目で、型にはめ込まれることを嫌う受験生に対し、「素のままの自分からオリジナルは生み出せない。創造することはまず、真似ること。基礎となる型を身につけること」というアドバイスがあります。

 私は、二次対策として模範解答の写経に当初、疑問がありました。
まず、時間がかかります。やりはじめても効果が実感できません。しかし、多くの合格者が薦めます。予備校の講師にも薦められました。ですので、渋々といった感じで写経を継続しました。

 はじめたころは、TAC・TBC・MMCの模範解答を写経しましたが、写経を継続していくなかで、TBCの写経に絞りました。TBCの事例演習で実力を高める以上、TBCの文章構成を身につけたかったからです。

 また、当初、与件文と模範解答を写経していましたが、模範解答のみを写経することにしました。与件文の写経に意義を見出せなかったからです。

 結果、解答を書く際の文章の「型」が身につきました。解答とはこのような文章構成で書くのだな、という点がおぼろげながら分かったと思います。

 差別化された答案とは、読みやすい文章構成という基本を押さえた答案であることが必要条件だろう、と思います。それがあって初めて「差別化」という土俵に乗る答案となるのだと思います。そして、そのためのトレーニングとして模範解答の写経は効果的だと思います。

 さて、先日、社内講師の依頼を受けました。前回、前々回は2時間程度で収めましたが、今回は丸一日ということです。前回の内容をどのように膨らませていこうか、ワクワクします。
posted by 熱血感動型 at 05:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴン桜に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

財務演習は毎日

「ドラゴン桜に学ぶシリーズ」第2回は財務対策です。

 ドラゴン桜第2巻10限目で、数学の教師が受験生に
「数学は論理的に理解するのではなく、体で覚えるように。」とアドバイスします。

 私は、学習開始当初、テキストをきっちり理解しようと、丁寧にサブノートを作っていました。その後、先輩受験生や診断士の先生から、「財務は問題を毎日解くといいよ」とアドバイスを受けました。

 「なぜ左側が借方で、なぜ右側が貸方なのか」を理解することに時間をかけるより、仕訳作業ができるようになることが合格に近づく、ということに気づくのは、問題演習を毎日行うようになってまもなくのことでした。

 当初、予備校で配布された簡単な問題集を解いていましたが、簡単すぎる問題集では力がつかないことが分かってきました。個人的に気に入っているのはTACの「集中特訓」です。これを約4年間、ほぼ毎日解きました。

 3回連続して正解できれば、次の問題へ移るというルールを決めて、取り組みました。ページの余白に解いた日付を記入し、正解なら○を、不正解なら×をつけ、○が3個並んだら次の問題へ移ります。20回近く解いた問題もあります。そして本試験直前期には、×が多くついた問題をピックアップして解きました。

 同じ問題を何度も繰り返していると、答え自体を覚えてきます。そこまで繰り返した場合、答えだけでなく、解法が身についているかを確認して、次の問題に移りました。財務演習を毎日繰り返す目的は、答えを覚えることではなく、解法を覚えることでもなく、解法を身につけることだからです。

 演習の題材として「集中特訓」以外では、一次対策は予備校の基礎・直前答練、模試、二次対策ではTBCから送られてきた、財務問題を使いました。

 私は財務に苦手意識がありましたので、財務だけは毎日30分、ほかの科目とは別建てで上記の取り組みを行いました。

 財務については、テキストを一通り学習しても内容がよく分からない場合、もう一度テキストを学習するのではなく、問題演習に移行し、分からないところはテキストで確認していく。このやり方に早めに気づいていれば、私ももう少し早く合格できたかな、と思います。

 さて、TBCのHPでH18年の合格体験記がH19年版に更新されました。私も写真入りで掲載されています。
 この写真、笑えます。昨夜は家族で大うけでした。はずかしーっ
posted by 熱血感動型 at 14:41| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴン桜に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

朝は演習を。夜は暗記物を。

 ドラゴン桜の最終巻を読みました。泣けました。これから読む人もいるかもしれませんので、何故泣けたかは、伏せておきます。

 もう一度、第1巻から読み直して、ドラゴン桜のどこが参考になるのか具体的な事例を受験生の方へお伝えしていこうと思います。
 それに伴い、ブログ記事の題名を二文字から、ブログ記事の要点を表したものにしようと思います。

 ドラゴン桜第1巻9限目。
 桜木が東大を目指す二人の受験生に対し、時間割を決める際、朝は数学を割り当て、夜は英単語などの暗記物の学習を割り当てます。
 朝は、思考力を必要とする問題を解くのに適しており、夜は、睡眠中に長期記憶に定着させるためです。

 私は、朝に80分の事例演習を行い、夜にその事例の復習(知識の補充含む)を行いました。結果的にこのサイクルは桜木の考え方と一致していることになります。

 私がこのようなサイクルをとったのは、桜木の考えを踏襲したわけではありません。受験仲間から、「朝は頭がクリアになっているから問題を解く時間にするといい」とアドバイスされたためです。

 仕事がある平日にまとまった勉強時間を確保できるのは、朝と夜ですから、朝に演習をすれば、必然的に夜は復習や暗記物の学習時間になりました。ただし、社会人として仕事を持っている以上、学習時間は限られており、時間を効率的に使う必要があります。ですので、暗記物の学習は隙間時間にカードを回し、夜は朝に行った事例演習の復習に多くの時間を割きました。

 さて、先日からはじめた早朝ジョギングですが、ジョギング中、家の前でタバコを吸っている人に怪訝な顔をされました。
 Gパン・ジャンパー姿で4時台に走り回っていたので、「誰かに追われている?」と思われたみたいです。
 ということで、ジョギングに適した格好をしようと、ジョギングスーツを買ってきました。ミュージックプレイヤーが入るようになっています。

 いよいよ、ジョギングがサボれなくなります。もうちょっと続いたら、携帯ミュージックプレイヤーに触手を伸ばそうと思います。
posted by 熱血感動型 at 16:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴン桜に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

東大

 以前も書きましたが、昨年の2次試験受験後から「ドラゴン桜」を読んでいます。全21巻のうち、現在、18巻まで読了しました。

 読み始めの頃は、2次不合格を確信していましたから、「ドラゴン桜」に掲載されている受験ノウハウを翌年度対策に活かしたいと思い、読み始めました。
 合格を知ったあとも、継続して読んでいるのは、6年間の受験生生活で培ったノウハウや気付き、テクニックの多くがこの本に掲載されており、6年間を振り返りながら楽しむことができるからです。

 さて、なぜか、小5と小3の息子も「ドラゴン桜」に興味をもち、私が読了したものを熱心に読んでいます。最近では、「いつ、次の巻を買ってくるの?」と言い出す始末です。

 小5の長男は、勉強はそこそこ好きなのですが、なぜか、塾が大嫌いです。クラスメイトの6割が中学受験をする中、塾には絶対に行こうとしません。私も無理強いはしたくないし、しても良い結果にはならないと思うので、塾に行く行かないは本人の意思に任せようと思っています。

 かくいう私も、実は学生時代に塾には絶対に行きませんでした。私は学校の勉強だけを徹底的に行い、塾に行っているクラスメイトの成績を上回ることを目的にして、学習をしてきました。
 そんなところが遺伝しているのかもしれません。

 そんな長男坊が「ドラゴン桜」に影響され「東大に行く」と言い出しました。塾通いをせずに東大に行くつもりでしょうか。ちょっと楽しみでもあり、不安でもありますが、目標を持てたことに大きな意義があると思います。

 私の診断士受験が子供に良い影響を与えたと思うと、ちょっと感慨深いです。
posted by 熱血感動型 at 08:55| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

名刺

 覚悟していましたが、今朝は昨日のジョギングの影響で筋肉痛でした。起床出来なかった長男坊は今朝のジョギングはお休みで、私は次男坊と走ってきました。昨日と同じ時間で、昨日より長い距離を走ることが出来ました。

 さて、合格のお祝いとして、妻が私に万年筆を買ってくれる予定でした。これは、昨年末に読んだ「クローズドノート」にお互い影響を受けたからです。

 しかし、合格のお祝いは名刺になりそうです。私が勤務する会社の名刺を、診断士の活動に活かすには使い勝手が悪いからです。

 まず名刺にメールアドレスが記載されていません。これは職場に一台しかないPCを多数の従業員が共有(実質私専用ですが)する以上、仕方のないことかもしれませんが、診断士として人脈を広げていくには、メールアドレスの記載は必須ですよね。

 さらに、名刺のレイアウトが縦長になっています。数年前に横長から縦長に変わりました。横長名刺と差別化を図るつもりなのかも知れませんが、名刺交換時に私の名刺を受ける側が戸惑うことが散見されました。

 ということで、妻に「診断士としての名刺」をプレゼントしてもらうことになりました。いまやPCでも名刺作成は可能ですが、「万年筆に相当する名刺」ということで、専門業者に発注することにしました。発注先は、かでる工房さんです。
 
 oratakiさんがオレユニさんに紹介した業者さんだそうで、オレユニさんのブログで知りました。

 このかでる工房さんとメールで何度かやり取りしたのですが、レスポンスの良さとワン・トゥ・ワンの個別対応がとても感じ良いのです。昨日、似顔絵に使う私の写真を送りました。どんな似顔絵になるのか、楽しみです。
posted by 熱血感動型 at 13:27| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

爽快

 一念発起して毎朝走ることにしました。理由は以下の通りです。

@私は、経営コンサルティング制度を利用して、中小企業診断士の登録を目指しています。この制度は、チームで診断実務を行うのですが、チーム内に先日の東京マラソンで完走したメンバーがいらっしゃいます。彼の存在から私は走ることについて刺激を受けたためです。

A私は、毎朝自家用車でラジオを聴きながら、職場へ通勤しています。昨日のラジオで30代後半から30年以上経った今まで、毎朝欠かさずにマラソンをしている高齢の方が紹介されていました。この方の話から私は走ることに対し興味を持ったためです。

B私は、顔が細いのでやせている印象をもたれますが、想像以上にウエストが膨らんでいます。これは30代後半から顕著になりました。最近はあぐらをかくとお腹が邪魔になるようになってしまいました。このお腹の存在から私は健康に対する危機感を持ったためです。

 運動が嫌い(というかゲームが大好き)な長男坊と運動好きな次男坊も加え、3人で走ることになりました。

 今日は、早朝に30分走りました。

 走り出して数分後。
子供はペチャクチャしゃべりながら、張り切って走っていました。私は早々に息が荒くなってしまい、ひざもガクガクし出しました。

 走り出して十数分後。
私は徐々にペースを掴んできましたが、子供のペースが落ちてきました。
「お父さん、何か吐きそう」とは長男坊の弁。
「お父さん、足が痛くなってきた」は次男坊の弁。

 結局、後半は3人でのウォーキングになりましたが、普段、車で通過するだけの風景を楽しめました。近所に医者の専門学校や保育園があったとは知りませんでした。また、しょっちゅう通っている道路に歩道橋があることも今日、初めて知りました。

 爽快でした。明日も走ります。

 私は、H18年の二次試験を体調不良のまま受験しました。このとき、自身の体力不足を痛感しました。受験生の方においては、たまには気分転換と体力増強を目的として「走る」という選択肢があってもいいのかな、と思いました。
posted by 熱血感動型 at 13:38| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

演習

 昨日の午前中、受験生の方と品川の喫茶店で、勉強の話をしました。話の流れで、制限時間内で事例演習をしよう、ということになり、私も80分でH19年事例Tの演習をしました。
合格者でありながら、空欄を作ったり、ハチャメチャな解答しか書けなかったらどうしようと思い、冷や冷やしながら取り組みましたが、何とか合格者の体面は保てる答案を書けたと思います。

 80分で事例を解くのは、昨年の二次本試験以来、約4ヶ月ぶりでしたが、「書く」スキルがここまで劣化しているとは思っていませんでした。昨年の本試験以来、ほとんど手書きで字を書いておらず、たまに書くとしても、メモ書き程度でしたので、読みづらい字が答案用紙上で踊っていました。

 また、実務でリアルな会社をコンサルする際は与件の収集からスタートしますが、事例演習では与件が与えられているバーチャルな会社という点で、良くも悪くも違和感を覚えました。

 いずれにしても、受験生の方と80分の制限時間で一緒に同じ事例を演習したことはお互いに良い影響を与えあった気がします。

 午後も品川で「経営コンサルティング制度」のチームメンバーと最終提言について打ち合わせをしてきました。これまで提出してきた提言の集大成を作成するので、やはり議論にも力が入り、時間もかかりました。

 さて、私にとって品川はあまりなじみのない場所なのですが、帰宅途中に、東京ディズニーシーのアトラクション「タワー・オブ・テラー」にそっくりな建物を発見し、思わず携帯で写真を撮ってしまいました。
080301_1754~0001.jpgちなみに「タワー・オブ・テラー」の写真はこちら
似てると思いません?この建物はNTTドコモのビルでした。ちなみに私の携帯はauです(本題とは関係ないけど)。
posted by 熱血感動型 at 13:40| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。