2008年03月05日

東大

 以前も書きましたが、昨年の2次試験受験後から「ドラゴン桜」を読んでいます。全21巻のうち、現在、18巻まで読了しました。

 読み始めの頃は、2次不合格を確信していましたから、「ドラゴン桜」に掲載されている受験ノウハウを翌年度対策に活かしたいと思い、読み始めました。
 合格を知ったあとも、継続して読んでいるのは、6年間の受験生生活で培ったノウハウや気付き、テクニックの多くがこの本に掲載されており、6年間を振り返りながら楽しむことができるからです。

 さて、なぜか、小5と小3の息子も「ドラゴン桜」に興味をもち、私が読了したものを熱心に読んでいます。最近では、「いつ、次の巻を買ってくるの?」と言い出す始末です。

 小5の長男は、勉強はそこそこ好きなのですが、なぜか、塾が大嫌いです。クラスメイトの6割が中学受験をする中、塾には絶対に行こうとしません。私も無理強いはしたくないし、しても良い結果にはならないと思うので、塾に行く行かないは本人の意思に任せようと思っています。

 かくいう私も、実は学生時代に塾には絶対に行きませんでした。私は学校の勉強だけを徹底的に行い、塾に行っているクラスメイトの成績を上回ることを目的にして、学習をしてきました。
 そんなところが遺伝しているのかもしれません。

 そんな長男坊が「ドラゴン桜」に影響され「東大に行く」と言い出しました。塾通いをせずに東大に行くつもりでしょうか。ちょっと楽しみでもあり、不安でもありますが、目標を持てたことに大きな意義があると思います。

 私の診断士受験が子供に良い影響を与えたと思うと、ちょっと感慨深いです。


posted by 熱血感動型 at 08:55| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。