2008年03月06日

朝は演習を。夜は暗記物を。

 ドラゴン桜の最終巻を読みました。泣けました。これから読む人もいるかもしれませんので、何故泣けたかは、伏せておきます。

 もう一度、第1巻から読み直して、ドラゴン桜のどこが参考になるのか具体的な事例を受験生の方へお伝えしていこうと思います。
 それに伴い、ブログ記事の題名を二文字から、ブログ記事の要点を表したものにしようと思います。

 ドラゴン桜第1巻9限目。
 桜木が東大を目指す二人の受験生に対し、時間割を決める際、朝は数学を割り当て、夜は英単語などの暗記物の学習を割り当てます。
 朝は、思考力を必要とする問題を解くのに適しており、夜は、睡眠中に長期記憶に定着させるためです。

 私は、朝に80分の事例演習を行い、夜にその事例の復習(知識の補充含む)を行いました。結果的にこのサイクルは桜木の考え方と一致していることになります。

 私がこのようなサイクルをとったのは、桜木の考えを踏襲したわけではありません。受験仲間から、「朝は頭がクリアになっているから問題を解く時間にするといい」とアドバイスされたためです。

 仕事がある平日にまとまった勉強時間を確保できるのは、朝と夜ですから、朝に演習をすれば、必然的に夜は復習や暗記物の学習時間になりました。ただし、社会人として仕事を持っている以上、学習時間は限られており、時間を効率的に使う必要があります。ですので、暗記物の学習は隙間時間にカードを回し、夜は朝に行った事例演習の復習に多くの時間を割きました。

 さて、先日からはじめた早朝ジョギングですが、ジョギング中、家の前でタバコを吸っている人に怪訝な顔をされました。
 Gパン・ジャンパー姿で4時台に走り回っていたので、「誰かに追われている?」と思われたみたいです。
 ということで、ジョギングに適した格好をしようと、ジョギングスーツを買ってきました。ミュージックプレイヤーが入るようになっています。

 いよいよ、ジョギングがサボれなくなります。もうちょっと続いたら、携帯ミュージックプレイヤーに触手を伸ばそうと思います。


posted by 熱血感動型 at 16:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴン桜に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。