2008年03月14日

アウトプット学習ノススメ

 「ドラゴン桜に学ぶシリーズ」第9回目は、アウトプット学習(一次対策)について、です。

 ドラゴン桜第3巻21限目で、龍山高校の経営再建に挑む桜木弁護士が、授業の方針として「生徒自身の変化を確かめられる結果を与え、結果という刺激により勉強意欲をかきたてる」ことを掲げます。テスト中心の授業を行い、テストの点数という結果により、生徒の勉強意欲をかきたてよう、というものです。

 私は、平成14年より4年間一次試験不合格だったのですが、その原因はインプットの仕方が悪い、と考えていました。

 平成13年10月より、平成14年対策として診断士の学習をはじめたのですが、この年は広大な学習範囲に圧倒され、インプットどころではありませんでした。結果、不合格。

 平成14年からはじめた、平成15年対策は、TACから配布された暗記ツール(確かトレーニングという名前だったと)を使ってインプットしました。結果、不合格。

 平成15年からはじめた、平成16年対策は、膨大な量の暗記カードを作り、インプットしました。結果、不合格。

 平成16年からはじめた、平成17年対策は、マインドマップを作成し、全体像から細部をインプットしようとしました。結果、不合格。

 ちなみに当時は科目合格制度がありませんでした。

 平成17年からはじめた、平成18年対策は、一言で言えばアウトプットオンリーでした。
@12月〜5月:過去問3年分の演習と分析
A5月〜8月:TACの直前答練&模試の復習
 テキストは辞書代わりに使っていました。

 過去問3年分を演習し、出題傾向を把握しました。直前期はTACの本試験予想問題である直前答練と模試を繰り返しました。点数の一覧表を作り、日付と点数を科目ごとにつけて、勉強の励みにしていました。励みがあると学習の効率が違いますから、これ、とってもお薦めです。
 
 謙遜抜きで申し上げますが、私のような融通のきかない受験生はインプット学習にこだわります。結果として一次試験で苦労し、実力があっても二次になかなか進めません。真面目だと自覚している方こそ、テキスト学習から早めに脱却し、アウトプット学習へ移行するべきだと思っています。



posted by 熱血感動型 at 14:14| 埼玉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | ドラゴン桜に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。