2008年05月09日

打上

 昨日は、月1回行われる恒例の会議でした。会議後は必ず打ち上げがあり、会場そばの居酒屋で飲みます。

 ウイスキー派の私は先月の打ち上げで手痛い失敗をしました。

 以下はそのときの様子を書いた先月10日のブログ記事からの抜粋です。


 
 十数名の参加者は焼酎かビールを飲んでいたのですが、
 私はどさくさに紛れて店員さんに
 「すいません、サントリーの山崎をダブルの水割りでお願いします」
 と小声でお願いしました。

 しばらくして、水割りを持った店員さんがテーブルに来ました。
お待たせしましたー
山崎のダブルですっ

 店員さん、声でか杉。受注した店員さんはもっと静かだったぞ。
 で、そういうときに限ってテーブルの会話が途切れていたりする。。。
 
 「熱血ぅ、これいくらするんだぁ?一杯900円?なーに調子こいてんだ」
 芋焼酎で出来上がった上司に絡まれてしまいました。

 昨夜はいじられキャラの熱血でした。


 さて、この件でさすがの私も学習をしました。今回も先月と同じ店での打ち上げでしたので、対策(?)を考えました。

 昨夜の打ち上げでも全員がビールか芋焼酎を飲んでいました。つまり全員、透明なグラスで酒を飲んでいました。

 私は、場がにぎわってきたところを見計らい、小声で店員さんに

 「すいません、サントリーの山崎をダブルの水割りでください。持ってくるときは、静かーに持ってきてくださいね

 と言いました。

 「おまたせしました。山崎のダブルをお持ちしました」

 
ほどなく、店員さんが私のそばに来て、静かに山崎を持ってきてくれました。本当に静かに持ってきてくれました。上司の誰も気づいていないようです。

 【ナイス】な展開でした。

 「よし!今日はこれでゆっくりウイスキーが楽しめる」と心の中でガッツポーズをしました。

 しかし、テーブルに置かれたグラスは、
ステンレス製の
山崎専用
グラス
でした。

 キラキラ光ってました。。。

 ちょっと、前回は透明なグラスで持ってきてたでしょ!

 「何だ何だ、熱血。そのクレオパトラが使うようなグラスは」
 「ちょっと見せてみ」
 「お、グラスに山崎って書いてるぞ」

 そして、先月と同じパターン。

 「熱血ぅ、これいくらするんだぁ?一杯900円?なーに調子こいてんだ」
 芋焼酎で出来上がった複数の上司に絡まれてしまいました。

 先月に引き続き、今月もいじられキャラの熱血でした。


posted by 熱血感動型 at 06:21| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。