2008年05月10日

明確

 一次試験前に模擬試験をどれだけ・何校分、受ければいいのか?という疑問がないですか?
 私は毎年この時期になると頭を悩ませていました。

 以下は私の模試受験(一次対策)の記録です。ちなみにH18年のみ合格です。

 H14年→TACのみ
 H15年→TACのみ
 H16年→TACのみ
 H17年→TBC・マンパ・TAC
 H18年→TACのみ

 H16年とH17年(マンパ・TAC)は確か上位20%以内に入っていたと思います。

 次に、直前期(一次対策)に活用していたものについて私の記録を以下に記します。

 H14年→何もありません
 H15年→TACの暗記ツール
 H16年→TACの直前答練・模試
 H17年→TACの模試、マンパの模試
 H18年→TACの直前答練・模試、過去問3年分

 ちなみにH18年において、過去問3年分は前年12月から取り組んでいました。そして、H18年の直前期は予め何をするのか、が私の中で明確になっていました。結果的にこれが【ナイス】な結果を生みました。H18年と比較すると他の年度はあまり明確になっていませんでした。

 個人的な感想ですが、模試は最低1個は受けるべきですが、多く受けても合格に直結はしないと思います。それよりも、直前期にそれまでやってきた教材をどう活用するか、明確になっていることが大事だと思います。 


posted by 熱血感動型 at 13:02| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。