2008年06月06日

口上

 今日は、雨降りなのでジョギングはお休みです。

 いつもはジョギングをする時間を利用して、今日はブログの更新をすることにしました。

 昨日の日経夕刊17面に「シニアのたたずまい」というコラムがありました。

 「口上」という題名でしたが、印象に残ったフレーズがこれです。

 「名刺を渡しながら『どうぞよろしく』と頭を下げるぐらいは、子供にもできることだ」

 これ、私のことです。ほぼ間違いなく。

 診断士に合格して名刺交換の機会が急激に増えました。

 私は普段、仕事上で名刺交換の機会が多いほうではありません。

 そんな中、印象に残った名刺の交換方法は以下のお二方です。

 ・名刺を交換する際に、相手の顔をじっくり見つめ、顔を覚えようとした人。

 ・相手に名刺を片手で受け取らせ、自分は両親指でうやうやしく名刺をいただく人。

 この方法は世間では常識なんでしょうが、現在、私が強烈に意識している方法です。

 コラムの内容に戻りますが、

 フーテンの寅さんの「おひかえなすって。私、生まれは・・・」という台詞。

 これは「口上」というんですね。

 そして最近は、名刺交換で口上が簡略化される風潮があるとのことでした。

 これは名刺に頼りすぎているためだが、昔は名刺がなかったから口上が重要だった、と。

 で、最初の「名刺を渡しながら『どうぞよろしく』と頭を下げるぐらいは、子供にもできることだ」ということになるわけです。

 今後は名刺交換の「型」だけではなく、口上の「型」も意識して、【ナイスな】名刺交換ができる人間になります。

 昨日の日経夕刊17面は上記のコラムのほかにも、
 「お笑い技術」「(石ころのような)何でもないものが好き」といった興味をそそられる記事・コラムがありました。


posted by 熱血感動型 at 05:03| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。