2008年06月09日

子羊

 今年1月14日。

 携帯にメールが着信しました。

 送信者はオレユニさんでした。

 「ドキュメントを本にしませんか?売り込みをかけてみましょうか。いかがでしょうか?」

 ドキュメントを本に? 本当にできるの?

 半信半疑でした。まじ?

 でも、本当に出版できたら【ナイスな】話だよなぁ。


 1月23日。

 オレユニさんからメールが来ました。

 「netplusさんが動いてくれました。ありがたやー」

 netplusさん経由で同友館さんに話を持っていったようです。

 同友館さんではこの出版に、非常に乗り気なようでした。

 私の中で出版がにわかに現実味を帯びてきました。

 で、企画書を提出しなければなりません。

 本を出版しようと思ったら、出版社に企画書を出すんですね。

 これ、初めて知りました。

 しかし、そんなもの書いたことがありません。

 どうしよう。


 2月3日。

 PCにオレユニさんからメールが来ました。

 パワポで作った企画書が添付されていました。

 書籍の趣旨・出版の背景・書籍内容などが記載されていました。

 H17ドキュメントはオレユニさんのブログ記事を使います。

 H19ドキュメントは私のブログ記事を使います。

 さて、H18のドキュメントは???

 企画書にはH17.18.19年、3年分のドキュメントを記載する、と書いちゃっています。

 私が知っているH18合格者で、ブログにドキュメントを書いていた人は居ませんでした。

 これから書いてもらう?

 H18合格者で、一年以上前の本試験ドキュメント書ける人いるのだろうか?

 オレユニさんからのメールにも「居るかなぁ」と書かれていました。

 どうしよう。

 
 そんなラビリンスをさまよう2頭の子羊(?)に、新たな課題が突きつけられるのです。


posted by 熱血感動型 at 13:29| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。