2008年06月10日

果実

 昨日に引き続き、ドキュメント出版までのドキュメント、第2回目です。

 オレユニさんと私(実はほとんどオレユニさん)が作成した企画書が出来上がりました。

 netplusさんに見ていただくことにしました。

 
 今年2月9日。
 
 netplusさんからメールが来ました。

 「返事が遅くなってすいません。
  企画書ですが、これで(出版社に)提出してしまっていいですか?

  ぶっちゃけで言うと、出版社の人からみるとこの内容だと説得力が弱く、
  企画として通らないと思います。

  (中略)

  もっとドラスティックに表現した方がいいと思います。」

 やばい。どうにかしなきゃ。せっかくの出版のチャンスを失ってしまう。

 私は冷静さを失い、netplusさんのメールに「反応」してしまいました。

 私の判断で、提出していたパワーポイントに手を加え、大急ぎで再提出しました。


 その日の夜、オレユニさんからメールが来ました。

 「企画書の修正ありがとうございました。

  まずは、netplusさんの意向を確認してみませんか?
  正直、どこをどのように変更したらいいか見当がつきません。

  次のメールでジャブを打ち、感触を確認をしてみたいと思います

  いかがでしょうか?」

 
オレユニさんは、冷静にnetplusさんへ「対応」しようとしました。

 さすが、でした。

 今まで何度も「反応」と「対応」の違いについて、このブログで述べてきました。
 
 職場でも部下に話してきましたし、試験対策としても日々意識してきたことでした。

 しかし、いざとなると冷静に「対応」できず、「反応」してしまう自分がいました。

 冷静さを保てず、出版という果実に目を奪われていたのです。

 二次試験の模試で「超」上位の点数を取る受験生は、合格できないとよく言われます。

 個人的な仮説ですが、その理由は合格を意識してしまうあまり、本試験当日に合格という果実に目を奪われ、冷静さを失い、「反応」してしまうためなのではないでしょうか。

 では、どうやって冷静さを保ち、「対応」をしていくか。

 その命題に挑む前に、合格者たちはどうやって冷静さを保ち、「対応」をしたのか。

 これをお伝えすることも「ドキュメント」出版の意義のひとつです。

 一次試験は問題に「反応」しても合格できると思いますが、二次試験は問題に「対応」しないと【ナイスな】結果は出ないと思いますが、いかがでしょうか。



posted by 熱血感動型 at 06:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。