2008年06月12日

御守

 ドキュメント出版までのドキュメント、第4回目。

 今年の4月4日に同友館さんで第1回目の打ち合わせがありました。

 そこで話にのぼったのは、「ふぞろいな合格答案(旧80分の真実)」との関係をどう保つか、ということでした。

 今までは日本マンパワーから出版されていましたが、今年から、「ふぞろい」は同友館さんから出版されることになっていました。

 私は「ふぞろい」と「ドキュメント」の差別性を意識する程度でしたが、出版社側では、出版する以上どちらも売りたいと思うのは自然なことでした。

 同友館さんはカニバリゼーションではなく、シナジーを狙っていたのです。もっともそれが【ナイスな】戦略ですよね。

 この日、「ドキュメント」は受験生の「御守」的存在、というコンセプトが決まりました。

 また、5月中に原稿を提出するという締め切りが定められました。

 さて、原稿を提出するにあたり、このブログの「ドキュメント」をベースにしたわけですが、当時のブログでは事実と違う表記があり、誤植や文章としての読みづらさも発見しました。

 それらを修正する作業に時間がとられました。

 またブログ上では、講師やコーチの個人名はほとんど伏せていましたが、ご本人の了承を得て、お名前を公開することにしました。

 さらには、当日、試験問題にマーキングや書込みをしましたが、それも書籍では再現され、巻末付録もつきます。

 そして、先日、「ドキュメント」の正式タイトルが決まりました。


posted by 熱血感動型 at 14:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。