2008年06月14日

機会

 ここ一週間かけて、ようやく心の整理ができたので、この記事を書きます。

 先日発生した、秋葉原での無差別殺傷事件。

 犯人は、私と同じ青森高校の卒業生でした。高校だけじゃなく、中学も同じでした。

 中学までは成績がTOPクラスのエリートだったそうですが、

 高校ではかなり成績が下がったということで、

 彼にとって、はじめての挫折だったそうです。

 その後、短大を経由して、さまざまな職を転々とします。

 「今の自分は本当の自分ではない」と感じていたことでしょう。

 彼の携帯電話からのさまざまな書き込みから、

 プライドと孤独が滲み出ている、とTVで誰かが言っていました。

 そう、青高生は地元では「神童」と呼ばれる子供の集まりです。

 幼少の頃からちやほやされてきた青高生に共通するのは「プライド」。

 ところが、いざ社会に出てみると、

 そんなプライドは何の役にも立たないことを痛感するんです。

 プライドにしがみつき、孤独を深めていく構図。

 過去にこだわり、未来に視点が向かない。

 この状況、私も経験しましたが、かなり辛いんですよね。

 いえ、加藤容疑者を擁護するつもりは一切ありません。

 許されないことをしたのですから。

 ただ、何故そんな許されないことをしたのか、と考えたときに、

 彼の気持ちを断片的にですが、理解することができます。

 それは青高生だけではなく、

 かつて「神童」と呼ばれ、進学校を卒業しながらも、

 その後、普通以下と感じる人生を送った人ならば、

 思うところがあるのではないでしょうか。

 過去の出来事はどんなに考えても変えることはできません。

 過去に折り合いをつけ、自身の未来を変えていこう、と決心するチャンスを

 彼はつかむことができなかった。探さなかった。

 彼が手にするべきものは、ナイフや携帯電話ではなく、チャンスだったのに。

 個人的見解ですが、このチャンスは同じ境遇の人に満遍なく与えられると思います。

 「人生の再構築」。私が診断士を目指した真の理由です。


 亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。
 


posted by 熱血感動型 at 05:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。