2008年09月01日

人脈

 診断士受験に挑んだ方が、

 2次試験に合格し、実務補習を終え、診断士に登録した後は、

 @現職で企業内診断士、A転職して企業内診断士、B独立診断士、

 の方向性があると思います。


 私は、受験勉強開始当初は、「転職して企業内診断士」を志向していました。

 しかし、合格する前に、転職に抵抗を感じる年齢となってしまったので、

 合格後の方向性として「独立診断士」が視野に入るようになりました。

 しかし、登録後に自身の実力のなさを痛感させる出来事が相次ぎ、

 独立は困難だと感じるようになりました。


 転職には抵抗を感じ、独立も困難な状況の中、

 診断士の資格をとった意義に疑問を感じるようになりました。

 
 今日、独立診断士の実現に一歩近づく出来事がありました。

 独立するにあたり、診断士の資格だけで勝負しようとしていたのが間違いでした。

 人脈の重要性が身に染みました。


 診断士に登録して5か月が経過しましたが、

 その間、診断士として色々な仕事をさせていただきました。

 それは人脈があったから、ということを忘れていたのかもしれません。

 合格という事実に、いまだに浮かれていたのかもしれません。


 私の人脈は、@受験校つながりの人脈、Aブログつながりの人脈、

 に分けることができます。

 今回はブログつながりの人脈に助けられました。

 
 実際、不合格が続き、

 「ネットで恥をさらして何になる」と思ったこともありますが、

 4年近くを受験生ブロガーとして(受験生活は6年)過ごしたことにも多少の意味は

 あったのだという思いを深くしました。


 もし私が、初年度ストレート合格をしていたとしたら、

 ブログは立ち上げず、ブログつながりの人脈もできなかったかもしれません。

 しかし、転職はすんなりできたかもしれません。


 どんなことにもそれなりの意味はあるのだな、と思いました。 

 とは言うものの、やっぱり合格は早い方がいいですよね。

 絶対今年で決めましょう。まだまだ本試験まで実力は伸びますから。


posted by 熱血感動型 at 18:29| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。