2008年09月08日

覚悟

 先日、脚を故障したため、湿布&サポーター装着で治療に努めていました。

 だいぶ足も癒えてきたので、昨日は家族で運動公園に行ってきました。

 自宅から車で10分ほど走ると運動公園があります。

 広大な敷地には、陸上競技場、体育館、芝生広場があります。

 芝生広場は常時開放されているので、

 子どもと駆けっこをしたり、キャッチボールをしたり、サッカーをしたりしてきました。

 久しぶりに運動をし、大量の汗をかいてきました。


 ・・・・・・・・・・ここから診断士ネタに強引につなげていくわけですが・・・・・・・・・・


 汗をかくと言えば、

 オレユニさんが弱小勉強会に行っていた時に、2次試験に合格するコツとして、

 「字を書け、汗かけ、恥をかけ」とアドバイスを受けたそうです。

 私は、弱小で勉強したことはないのですが、2次対策として、

 一生懸命事例を解くことで、「字を書き」「汗をかく」ことはできました。
 
 しかし、TBCのグループ討議などでどんどん自分の考えを発言し、

 自分の思い違いを指摘され「恥をかく」ということはできませんでした。


 ここでの私の問題は、グループ討議の場で

 恥をかくリスクを抱えていたこと、ではなく

 恥をかく恐怖心を克服できていなかったことです。


 表現を変えると、どうやって「覚悟を決めるか」「腹をくくるか」「開き直れるか」

 が問題なのだと思います。

 覚悟を決めると、解答時も迷いがなくなります。これは大きな強みだと思います。

 
 2次直前期の今、「不合格だったらどうしよう」と恐怖心に苛まれている方が

 おられるかもしれません。

 「合格する」と覚悟を決めたときの力は、想像以上に大きいと感じています。


posted by 熱血感動型 at 08:30| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。