2008年09月29日

含蓄

 土曜日はオレユニさんに御誘いを受けていたIT.研究会に参加してきました。

 オレユニさんと違って、ITにはからっきし疎い私ですので、

 「IT.研究会」という名前だけで及び腰でしたが、

 あえて苦手分野に踏み込んでみるというのも面白いかな、と思い、

 参加することにしました。

 研究会では、聞いたことのない専門用語も出ましたが、

 1次試験科目の経営情報システムで学んだ知識をしっかり押さえておけば、

 割と話にはついていけるんだな、というのが正直な感想です(認識が甘いかも)。

 何事も行動してみないことには分からないものだな、と思いました。

 メンバーの方も気さくな方ばかりで、楽しかったです。


 研究会終了後に懇親会に出席しましたが、2次会でオレユニさんとYさんに

 「山本五十六の名言」を日曜のブログにアップすると約束しました。

 しかし、昨日は忙しくてブログを更新できませんでしたので、

 今日のアップでご勘弁を>オレユニさん、Yさん


 ちなみにこれは、先日、独立診断士の大石さんから教えていただいた話です。

 「山本五十六の名言」は色々ありますが、中でも有名なものは、

 「やって見せ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば人は動かじ」です。

 この名言には続きがあります。

 「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず 」

 「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず 」

 含蓄ありすぎです。


 がん-ちく【含蓄】

 1 内に含み持っていること。 2 言葉等の、表面に現れない深い意味・内容。「―のある話」

 〜yahoo!辞書より


posted by 熱血感動型 at 10:53| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。