2008年11月03日

事件

 その瞬間を目撃した私は唖然としてしまいました。


 昨日の早朝4:30

 ジョギングをスタートさせて、15分が経過していました。

 人通りも車通りもほとんどない、走り慣れたコース。

 光を放つ街灯と見慣れた風景。

 走り始めはやや肌寒かったのですが、このとき私は若干、汗ばんでいました。

 いつもと変わらない、いつもと同じ、私が過ごす朝の1シーンでした。


 左上腕部のアームポーチから携帯電話を取り出して、タイムを見ました。

 大枚をはたいて入手したばかりの愛おしい二つ折り携帯です。


 そのとき事件が起きたのです。

 タイムを確認後、アームポーチに戻し入れた続きを読む


posted by 熱血感動型 at 08:42| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。