2008年11月23日

最初

 その部屋の扉を開けました。

 私の手には、ビデオテープが2本、そして鞄がありました。

 鞄を置き、椅子に座りました。

 ちょっとドキドキしています。なんてったって初めてなんです。

 他の人も、最初はやっぱりそうだったんだろうか。

 備え付けられたテレビデオの電源を入れました。

 「ふー、とうとう来ちゃったんだなぁ。お金も払っちゃったし、やるしかないよね」

 一瞬、後悔に似た気持ちがよぎったものの、後戻りするつもりは全くありませんでした。

 視聴時間は決められています。ぐずぐずしてはいられません。

 心の準備を整えて、備え付けのヘッドフォンを装着しました。

 ビデオテープをデッキに入れ、再生ボタンを押しました。

 最初に音楽が流れました。音漏れしてないか気になります。

 そして、男性の映像が・・・


 これが私の「受験生最初の日」でした。

 H13年10月某日、TAC大宮校ビデオ講座の初日。

 (今はビデオ講座ではなく、DVD講座だそうですね)

 あの日がなければ今もないわけで、私にとって記念すべき日だと思っています。

 「この勉強をすれば明るい未来が拓ける」と希望に燃えていました。

 その日から合格まで、6年費やすとも知らずに。


 たまには、自分の原点を振返ってみるのも悪くないですよね。



posted by 熱血感動型 at 08:23| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。