2008年12月03日

強引

 昨日のコメントにもありましたが、今年、2次試験を受験された方は、

 悶々とする日々を過ごされていると思います。

 不合格を確信していたとしても、悶々としていると思います。

 それは、「もしかしたら」という気持ちがあるからですよね。

 心の中で「それはありえない」と否定しても、むくむくと頭を持ち上げてくる、

 「もしかしたら」という気持ち。

 
 なかなか勉強時間がとれないけど「もしかしたら」こうすれば、確保できるかも。

 なかなか勉強に集中できないけど「もしかしたら」こうすれば、集中できるかも。

 なかなか合格できないけど「もしかしたら」こうすれば、合格できるかも。

 絶対不合格だと思うけど「もしかしたら」合格してるかも。

 「もしかしたら」と思えることは、前向きな証ではないでしょうか。

 
 一部で熱血強引型と呼ぶ向きもあるけれどw、強引にでも物事を前向きに捉える

 人間でありたいと、最近思うようになりました。(程度にもよりますが)

 先日そんな話を子供にしたら、

 「熱血無理矢理型」と言われてしまった熱血感動型です。


posted by 熱血感動型 at 07:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。