2009年01月09日

資料

 <昨日の続き>

 「ちょっと話があるんだ」 私が切り出しました。

 「えぇ?ドキドキッ」 妻も何を切り出されるのか察しています。

 「3年はダメだからね」 軽くジャブを入れてきました。

 ジャブをスルーした私は、渾身のアッパーカットをお見舞いするために(違

 ノートPCから、この日のためのパワポ(プレゼン資料)と

 エクセル(資金繰表)を立ち上げます。


 パワポの内容は、

 @プロローグ
 私の経験が今後の独立にどう活きるかを簡単に紹介

 Aサラリーマンとしてのリスクと回避策
 現在身を置いている業界・会社の実情の説明と回避策

 B独立後のリスクと回避策
 
 C独立後の見込み収入・内訳

 です。しかし、妻の共感を得るには、どんなに充実させた資料より、

 私自身の独立に対するありったけの想いが一番大事です。

 私はパワポの説明を終えたら「あること」をノー資料で話すつもりでした。

 ですので、私の中では、上記@〜C自体がプロローグという位置づけでした。


 「なになに、お父さんとお母さん、なんかするの?」

 狭い家ですから、子供も雰囲気を察して書斎に入ってきます。

 家族会議の様相を呈してきました。

 お金の話も絡むので、ちょっと子供が居るとやりにくいなぁ、と思いながら、

 プレゼンを開始しました。


 数分後。

 まず長男坊がゲームをするとかいうことで、書斎から出ていきました。

 次に次男坊も書斎から出ていきました。妻を見るとあくびをしています。

 ヤヴァイ、話が滑っている?

 早々にプレゼン資料の説明を終え、ノー資料で話すことにしました。


 実は、うちの長男坊・次男坊は、

 一昨年の年末に些細なことがきっかけで喧嘩をしました。

 それから丸1年。この兄弟は一切口をきいていないのです。

 お互いがお互いに対し、心を閉ざしている状態。

 私も妻も、親として、辛い状況がずっと続いていました。

 その状態が変化しつつあります。それはなぜか?

 私は妻に語りかけました。

 〈つづく〉 


posted by 熱血感動型 at 07:48| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。