2009年01月24日

足枷

 昨日は本業が休日でした。

 ずっとPCに向かって資料づくりの1日でした。


 私は、小売・サービス業界におり、シフト制の勤務でしたので、

 基本的に土日出社・平日休日という生活を送っていました。

 ついでに勤務は早朝から始まります。


 診断士の勉強を始めて、恨めしかったのが、

 この土日出社・平日休日、そして早朝から始まる勤務でした。

 というのは、受験校の生講義は土日もしくは平日夜に行われるからです。

 土日は休めず、平日夜は翌日早いため受講できませんでした。


 なので、

 受験生1年目に選んだのはビデオ講義(今はDVDに変わったそうです)。

 でも、どうしても生講義を受講したくて、

 受験生2年目から強引に平日夜に通い出しました。

 で、疲れ果てて継続できず。。。

 受験生3年目からは部下に仕事を任せるようにして、

 平日夜に通い出しましたが、やっぱり欠席しがちでした。

 受験生4・5年目は、テキストのみ買って独学、

 受験生6年目は、月2回、強引に週末休みを取って、

 講義数の少ない受験校へ通いました。


 土日出社、平日休日、早朝勤務は、生講義の受講における足枷となっていました。

 
 ところが、診断士に合格してみると、

 平日休日というのは、独立診断士と仕事をする絶好の機会でした。

 予想以上に早期に独立できたのは、土日勤務・平日休日だったから、

 ということを考えると、

 受験生時代から、物事は多面的かつ長期的に見なければいけないなぁ、

 と思うのです。


posted by 熱血感動型 at 07:10| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。