2009年01月25日

映画

 もう3年も前になりますが、自宅そばの映画館が閉館しました。

 歴史のある映画館で、市のシンボル的な存在をなくしてはいけないと、

 市民の署名が集まった結果、場所を変え、

 複合SC内に新たにオープンすることになりました。

 本来、当該SCに映画館は建設してはいけないのだそうですが、

 (工業区域とか商業区域とか運営管理で習った記憶が・・・)

 市民の熱意が市を動かしたのです。


 オープン記念として、無料鑑賞券をいただきました。有効期限は今月末。

 いよい期限が迫ったきたので、昨日、研究会参加後、速効で帰宅し、

 次男坊と2人でWALL・E(ウォーリー)を観てきました。

 
 館内に入ると受付があり、そこで座る座席を決め、指定席券を発行してもらいます。

 全座席とも、フランス・キネット社というところの製品だそうで、
 
 パリのオペラ座でも使用されている、世界トップクラスのシートなんだそうです。

 スクリーン最後列のヘッドレスト付きペアシートを選びました。


 上映開始時刻まで30分ほどありましたので、広大なロビーで待つことにしました。

 真っ白なソファがテーブルとともに、何個も何個も用意されていました。

 テーブルの上には、ポップコーンやドリンクなどのメニューがありました。


 フードコーナーのカウンターであたふたして注文することなく、

 上映開始前の待ち時間にソファに座って、映画鑑賞中に何を食べるか、

 ゆっくり決めることができます。


 上映開始時刻まであと15分となったところで、フードコーナーへ行って、

 ポップコーンMサイズとドリンクMサイズ2つを注文しました。


 私は、映画館ではポップコーンとコーラが必需品なのですが、

 これらを持った状態で、指定席券を係の方に渡し、半券を受け取る作業は、

 ポップコーンとドリンクを落とすリスクがあって、いつも冷や冷やしていました。


 しかし、ここの映画館は、ポップコーンとドリンク2つを、

 プラスチック製の小さな買い物かごに入れて渡してくれました。

 ちょっと嬉しかったです。

 
 おいしいポップコーン、座りごこちの良いゆったりシート、そして迫力溢れる映像。

 「いや〜映画ってほんっとに素晴らしいですねぇ〜」
 


posted by 熱血感動型 at 09:31| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。