2009年03月10日

専門

 今日は、原稿の締め切り日です。このお仕事の話を受けたのが1週間前。

 その後、かなり集中して原稿を書きました。隙間時間も使いました。

 しかし、昨夕の段階で、今日の期日に間に合うか、微妙な状況でした。

 結局、移動時間節約のために、昨日もホテル泊。

 宿泊先は前回と同じところにしました。


 フロントの対応がずば抜けて良いわけでもなく、朝食が特別美味いわけでもない。

 ルームサービスがあるわけでもないし、料金は一般的なビジネスホテル並み。


 ただし、部屋の机が広いんです。

 過去に泊まったホテル(そんなに多くはないけれど)の中で、一番広い机です。

 このホテル「机の広さだけは負けない」という強みがあります。

 これって、診断士の専門性と通じますよね。


 診断士として活動していくと「専門は何ですか」と聞かれることが多いです。

 受験生のうちからこの専門性を意識していくことは、

 合格後のイメージが明確になります。

 ただし、漠然とした専門性では、合格後のイメージは明確になりません。

 財務の資金繰りについてなら、誰にも負けないとか、

 マーケティングの販売促進なら、誰にも負けないとか、

 具体性を持たせる必要があります。

 成功イメージが明確になれば、行動にパワーが加わりますから、

 結果、受験勉強も強力に進めていくことができます。


posted by 熱血感動型 at 05:57| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。