2009年03月22日

方策

 昨日の午後、受験生の方へメールをしつつ、ふと思ったこと。


 私もそうだったのですが、

 自分なりの解法が確立できない、どう時間配分すればいいのか分からない、

 何を書いたらいいのか分からない、題意が分からない、設問の関連が分からない、

 因果関係をうまく構築できない、MECEになっている切り口が見つからない、

 SoWhat?(つまり何)・WhySo?(それはなぜ)がうまくできない等など、

 えも知れない不安にさいなまれている受験生の方、たくさんいると思います。

 これは、全ての受験生に共通のことだと思います。


 で、当たり前と言えば当たり前なんですが、

 合格する人と不合格の人では、それらへの対処が違います。

 
 できないということは、できない理由があります。

 合格する人は、それを探し、つぶそうとします。

 不合格になる人は、それを探さず事例演習を繰り返します。

 根本的な解決になっていません。


 なぜか。その方が楽ですもん。

 できない理由を探すことは、程度の差こそあれ、辛いことです。

 それは自分と向き合う作業だからです。

 無能な自分、浅はかな自分、プライドが高いだけの自分等など、

 見たくない自分と向き合わなければなりません。

 そもそも自分に「なぜ?」と問いかけること自体、ちょっと辛くないですか。


 事例演習を行い、なぜできたのか・なぜできなかったのか、

 これらを自身に問いかけながら、事例演習の復習をし、

 サブノートに記録として残しておく。

 
 再度解きなおす際は、前回洗い出した自分の課題のうち、
 
 どれをつぶすか明確にして、演習をする。復習では、同じ問いかけを自身に行い、

 サブノートに記録として残しておく。


 合格者とはどのような人か、イメージをはっきりさせておき、

 受験生であるご自身がとっている行動・勉強法は、合格者だったら行うのか?

 という視点で見ていくと、色々見えてくるはずです。


posted by 熱血感動型 at 06:52| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。