2009年05月11日

添削

 昨日の午後に、受験校の事例添削会に参加してきました。

 10枚程度の解答を添削してきました。

 当たり前といえば当たり前なのですが、点数の良い答案は、

 @切り口を活かしています。

 A解答が、与件から飛躍していません。

 B空欄がありません。

 C問われていることに答えています。

 
 @の切り口を活かすには、切り口を覚えるしかないと思います。
 ただ、2次で使う切り口はある程度限られているとともに、
 MECEの概念をしっかり理解すれば対応は可能ですから、
 負荷はそんなに高くないと思います。

 Aの与件から飛躍しないようにするには、
 自分の都合の良いように解釈しない、ということを心がけるしかありません。
 つまり、客観的に自分を見る、ということです。
 机上で事例を解くときでも、日常で仕事をするときでも、常に心がけていくことで、
 客観的視点は身につきます。

 Bの空欄を作らないことは、
 80分のタイムマネジメントをしっかり行っているかどうか、だと思います。
 開始から何分までは何をして、何分から書き出すのか。
 書きだす際は、どの問題にどのくらいの時間をかけるのか。
 ご自身なりの80分の使い方を決めて事例を解き、
 復習で、その使い方を検証することが必要だと思います。

 Cの問われていることに答えるということは、
 題意を意識しながら考えるということです。
 これも日常生活の中で、「今のご質問は○○について、聞きたいということですよね」
 と確認し、題意を把握する癖をつける事で身についていきます。


 そして、添削された答案が返却されたら、しっかり自分と向き合って、
 「なぜ失点したのか」を追及して欲しいと思います。
 自分に「なぜ?」と問うのは、結構辛かったりするんですけど、
 合格すれば、その辛さを味わった分、喜びは倍増すると思います。


posted by 熱血感動型 at 09:21| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

理由

 昨日は、某所で模擬講義の後、実務従事を一緒に行った同期診断士との飲み会でした。

 模擬講義終了時刻と、飲み会の開始時刻の間が中途半端に空いたので、
 喫茶店にこもって、読みかけの本を読了させました。

 パラドックス13.jpgパラドックス13 東野圭吾著

 やはり東野圭吾です。一気に読ませます。引き込みますね。

 ストーリー展開はスリル満点。だけどそれだけではありません。

 総論として、前向きに生きることの重要さを感じさせてくれました。

 それと、もう一点印象に残ったのは、
 「こんなオヤジに世話になった覚えはない」と
 年配男性を軽んじる弟を、兄がたしなめるシーンでした。

 「お前は文明の利器を一切使わなかったか?
 お前より前に生まれてきた人々が税金を払い、技術革新を行い、
 様々な文明の利器を開発してきた。
 だからこそ、お前が存在することができている。」

 このような趣旨のことを、本の中で弟に言い聞かせたと記憶しています。

 面の皮は厚いし、高飛車だし、話しは長いし、自慢話ばかりの年配男性。

 だけど、そんな人でも大事にしなければならない理由がある。

 私も肝に銘じておこうと思いました。

posted by 熱血感動型 at 12:53| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

施策

 昨日、仕事の関係で、
 中小企業施策について、H18〜H20の過去問分析をしました。

 【3年連続出題】
 ・中小企業基本法
 ・下請代金支払遅延等防止法
 ・新事業活動促進支援事業
 ・中小企業退職金共済制度

 3年連続出題されたから4年目も出る、とは言い切れませんが、
 これらの施策は、出題される確率は極めて高いと思います。

 なぜなら3年連続で出題されてきたということは、
 「これらは、診断士になるなら覚えておいてね」
 という出題者側の強いメッセージだからです。

 過去に問われた部分の他に、過去に問われていない部分まで
 きっちり押さえておきましょう。

 【2年連続出題】
 ・有限責任事業組合(LLP)
 ・中小企業地域資源活用促進法
 ・JAPANブランド育成支援事業
 ・物流効率化推進事業

 2度あることは3度あるといいます。上記も問われたらどの角度からも
 答えることができる準備が必要です。


 私が受験生の頃、予備校の講師が
 「中小企業施策はピンポイントで学習してください」
 と話していたことが忘れられません。

 その時は、講師の言葉は、言い方を変えれば、
 出題のヤマを張りなさいということだと思い、違和感を感じました。

 しかし、過去の出題内容を分析することで出題傾向を予測し、
 学習領域の優先順位をつけ、それに従って集中して学習していくことは、
 仮説検証力の養成、集中と選択の実践、仕事の効率性向上など、
 診断士の実務で非常に役立つことだと、今、強く感じています。


 また、施策利用ガイドブックの利用もお薦めします。

 これは各地の商工会議所などで無料配布されるものです。
 
 つまり、これに記載されている内容は、
 国として使ってほしい施策だということです。
 
 国が中小企業に使ってほしい施策は、国家試験である中小企業診断士試験に
 出題されて何の不思議もありません。

 かといって、ガイドブック全部を覚えるのは得策ではありませんから、
 まず、過去問で頻出された領域のみをしっかり押さえる。

 それと、テキストとガイドブックを照らし合わせて理解を深める。

 私はこの方式で、最終的に施策のみで8割取れました。

 ご参考まで。
posted by 熱血感動型 at 08:32| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

今月

 今月は時間的に余裕がありますので、

 @これまで出席できなかった、研究会や会合に積極的に参加して、
 人脈を広げる。

 A長いこと懸案事項となっていた、執筆の企画書や積読本を片付けて、
 新たな企画に取り掛かる。

 これらをメインに活動しようと考えてました。

 しかし、どちらも完全にできそうにはありません。

 @については、
 行きたかった会合が重なる日があります(それも複数回)。
 4つの会合が同時間帯に重なる日もあります。

 呼ばれる側ではなく、呼ぶ側(例えば会の主催者)など
 影響力を及ぼす立場に就くことで、ある程度、
 日程を調整できないものだろうか。

 Aについては、
 時間的にタイトな執筆の仕事を新たにいただきました。
 自宅作業は結構増えるため、企画書・積読本の完全処理は厳しいかも。

 これは、とにかく前倒しでやっていくしかない。
 タイトなスケジュールを上回るタイトさで仕上げていって、
 その後、企画書・積読本を片付ける。

 今月は挑戦する月になりつつあります。
posted by 熱血感動型 at 08:02| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

挙手

 診断士の資格を目指す人が増えているという話は、最近よく聞きます。

 この件は日経新聞の記事にもなりましたし、複数の予備校講師からも聞きました。

 昨日は、診断士として、ほぼボランティアで大学生に講義をしてきました。

 で、診断士の知名度がどれ位のものか、学生さんたちに聞いてみた。

 「中小企業診断士という資格を知ってる人、手を挙げてみて」

 挙がった手はゼロでした。

 残りの十数回の講義で、「僕も診断士になりたいな」って
 思いたくなるような講義をしようと、決意を新たにしました。
posted by 熱血感動型 at 11:55| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

顧客

 今日の日経朝刊に面白い記事が載っていました。

 76年連続の増収、46年連続の増配を達成したジョンソン・エンド・ジョンソン
 の秘訣について、同社CEOは「原則にこだわることで困難を乗り切れた」
 と語ったそうです。

 その原則とは、まず顧客に責任を持つこと。
 次に社員、その次に社会、最後に株主に責任をもつこと。

 これは損益計算書項目の並び順に一致します。
 顧客→売上高、社員→人件費、社会→税金、株主→配当金

 なるほど〜と思いました。

 ちなみに、資本利益率に売上高をはさむことで、
 資本回転率と資本利益率に分解して分析することも
 顧客第一主義の表れではないでしょうか。

 資本利益率=資本回転率×資本利益率
 利益/資本=(売上/資本)×(利益/売上)

 今日は、大学のゼミでマーケティングの講義をしてきます。
 顧客第一主義をしっかりお伝えしてこようと思います。
posted by 熱血感動型 at 08:06| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

実績

 昨年、パ・リーグのペナントレースだけではなく、
 日本シリーズも制し、アジア選手権でも覇者となった埼玉西武ライオンズ。

 ライオンズファンとして、ファン冥利に尽きる一年でした。

 昨日は、ようやく今年初の西武ドーム、野球観戦に行ってきました。

 CIMG1170.JPGCIMG1183.JPG

 人・人・人。。。大混雑っ!

 昨年のクライマックスシリーズ、日本シリーズを上回る人出だったと思います。

 今日の日経を見たところ、昨日行われたプロ野球6試合のうち、
 巨人戦に次ぐ動員数でした。

 昨年の活躍が集客力の源なのでしょう。

 活躍すると、テレビや新聞のニュースで取り上げられ、
 メディアへの露出度が高くなり、知名度が上がります。

 そして、観客が増え、球場が盛り上がります。

 ところが、今年の西武はパッとしません。いまだパリーグ4位です。

 昨年は、たまたま活躍できた、と言われないように、
 今年もしっかり実績を出して欲しいと思います

 そして私も、診断士として継続的に実績を出していかないといけません。
posted by 熱血感動型 at 16:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

安定

 ジョギングしてきました。

 いつもの5q(正確には5qを少し割ります)コースを30分。

 かなり汗をかきました。もうそんなシーズンなんですね。


 ジョギングを始めてから、1年以上が経ちました。

 体重は3kgほど、ウエストは4pほど、中性脂肪は233から92に減りました。

 多い時は月に20日以上走りましたが、実質的に独立した2月、そして3月は、
 全くと言っていいほどジョギングはできませんでした。

 ジョギングどころではなかった。

 独立すると、やればやるだけ、収入が上がるわけですが、
 やらなければ、やれなければ、妻と子供2人が路頭に迷ってしまいます。

 自分一人だけが食っていければいいわけではないので、
 当時抱えていたプレッシャーは、それまで味わったことのない、
 大きく強いものだったと思います。
 (今は今でプレッシャーはあるんですよ)

 独立当初は、目覚ましアラームが鳴る前に目覚めてしまう日々が続きました。

 目覚めても、ジョギングどころではない。仕事仕事!

 メールチェック、返信、資料・企画書作成等々朝から飛ばしてましたが、
 気ばかり逸(はや)って、いたずらに消耗していたと思います。

 忙しくてジョギングする時間がとれない、というよりも、
 精神的な余裕がなかったんでしょうね。
 

 4月は12回、約47qのジョギングができました。

 ようやく心が落ち着いてきたのかも。

 私にとって、ジョギングの回数は、気持ちの安定度に比例するように思います。
posted by 熱血感動型 at 07:00| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

意図

 今年度版「受験生最後の日」の座談会は、
 (以前も書きましたが)先月14日、同友館さんで行いました。

 出席者は、本書担当のN氏、美人カメラマンのYさん、進行役のnetplusさん、
 H18年合格のぺパちゃん、H20年合格のDぴょんさん、そしてH19年合格の私。

 当日の発言をICレコーダーで録音し、
 それを文字に起こしたもの(10ページほど)が、先日届きました。

 会話を文字に起こすと、面白い。
 私は、普段いかに文章チックに話していないか、痛感しましたね。

 問われていることに答えていないし、
 主語が抜けているし、言わんとすることが不明確。

 それでも、場を共有していると、雰囲気だったり、間だったり、
 ゼスチャーだったりで、何となく言いたいことがわかるもの(と思う)ですが、
 文字に起こされてしまうと、それがないからキツイ。

 これでは、読み手に伝えたいことが伝わらないので、結構、修正を入れました。

 相手と会話をするときに、伝えたい意図を文章で伝えるとしたら、
 自分はどのような文章を書くべきか。

 これを日頃から考えていくと、2次対策として効果があると思いました。
posted by 熱血感動型 at 08:14| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

突入

 昨日の日中は、緊急保証制度の認定業務をしてきました。

 企業内診断士だった昨年の11月に声をかけていただき、
 12月からこの仕事をしてきましたが、昨日で最後となりました。

 市の職員、窓口の金融機関OBや診断士の方からは、
 様々なアドバイスをいただき、
 そして窓口に訪れる中小企業者の方からは、
 様々な悩みを聞かせていただきました。

 この貴重な経験は、今後の活動において必ず役立つものだと思っています。

 本当にありがとうございました。

 そして夜は、経営革新をテーマにしたチームの会合に出席してきました。

 今年は経営革新塾の講師をどんどんやっていこうと思っていますので、
 この制度の理解を深めておきたいと思い、参加してきました。

 私が掲げた今年の目標の一つに、
 経営革新計画の承認をとる、というものがあります。
  
 その目標に一歩近づきました。
 
 新たなフェーズへ突入した感のある昨日でした。
posted by 熱血感動型 at 11:16| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。