2009年05月13日

五省

 昨夜は政策研究会に参加してきました。

 診断士としてのキャリアをどう作っていくか、ということで講演を聞いてきました。


 講演の中で、一番私に響いた言葉は、「遺伝子がonになった」というものです。

 これは、多額の負債を抱えた経営者が、それを返すべく奮闘していた当時を振り返って
 述べたものだそうです。

 当該経営者と比較すると、とても低いレベルではありますが、
 私は、独立して「遺伝子がonになった」と思います。


 もう一点。昨日の講演で「五省」という言葉を知りました。

 旧日本海軍で使われていたそうです。

一、至誠(しせい)に悖(もと)る勿かりしか (真心に反する点はなかったか)
一、言行に恥づる勿かりしか (言行不一致な点はなかったか)
一、気力に缺(か)くる勿かりしか(精神力は十分であったか)
一、努力に憾(うら)み勿かりしか(十分に努力したか)
一、不精に亘(わた)る勿かりしか
(最後まで十分に取り組んだか)


 今日行った仕事を反省する際に、活用したいと思いました。



posted by 熱血感動型 at 11:22| 埼玉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。