2009年06月04日

要請

 先月下旬から、自宅兼事務所で活動をすることが多くなりました。
 それは意図したことではなく、何となくそうなってしまったわけです。

 最近の活動を、インプット活動とアウトプット活動で分けてみました。

 インプット活動では、
 支援先から回収した資料や、支援内容に関する書籍等の読込み、
 受信メールの読込み等をしています。

 アウトプット活動では、
 原稿の執筆や、仕事に応募するための履歴書・経歴書といった応募資料や、
 提案書などの作成、受信メールの返信、ブログを書くこと等をしています。

 インプット活動に比べ、アウトプット活動の方が、圧倒的に業務量が多いです。

 以前、先輩診断士に聞いた話ですが、
 診断士の仕事は「診る」「書く」「話す」分野に分けられるけれども、
 
 その割合はその人によってベストな配分があるのだそうです。

 例えば「診る」4割、「書く」3割、「話す」3割、といった診断士も居れば、
 例えば「診る」5割、「書く」1割、「話す」4割、といった診断士も居るでしょう。

 そして、その配分は、本人の意図とはあまり関係なく、
 自然とそのようになってしまう、ということなんだそうです。
 社会的要請みたいなものなのでしょうか。

 言われてみると当然といえば当然なんですが、妙に納得してしまいました。

 今現在の私は、
 「診る」2割、「書く」7割、「話す」1割といった配分でしょうか。
 今現在は、この配分が私への社会的要請なのでしょう。


 ところで、まこさんのブログキャッチコピーチェッカーという
 サイトを紹介していました。
 
 これは自分の名前を入れると、その人に合ったキャッチコピーを
 提案してくれるサイトです。

 で、やってみた。

 1244072981E786B1E8A180E6849FE58B95E59E8B.png
 
 「愛・愛・愛。愛がいっぱい熱血感動型」

 この【ナイスな】キャッチコピーに賛同された方は、
 下のバナーをクリックしてくださいねん。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村


posted by 熱血感動型 at 08:55| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。