2009年07月31日

切替

 昨夜、人として、どうしても許せないことがありました。

 さっきからブログの記事を書いていましたが、
 あまりにもネガティブな内容なので、書いた記事を消しました。

 日記といえども、内容が人の目に触れるという前提である以上、
 あまり、ネガティブなことは書きたくありません。

 さて、明日は山形、明後日は都内で講義を控えていますが、
 今日は山形入りし、前泊します。

 明日の講義終了後、埼玉に戻り、明後日は都内で講義です。

 昨日の出来事に引きづられていないで、
 しっかり気持ちを切替えて、準備に臨みます。

 
posted by 熱血感動型 at 07:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

初心

 来月1日に創業塾の講師をします。

 実は、私は診断士に合格してから、
 初めて創業塾・経営革新塾の存在を知りました。

 これらは、しっかり白書や施策ガイドブックに掲載されていますが、
 たぶん、創業塾・経営革新塾の講師をしていなければ、
 未だに、これらの存在は知らなかったと思います。

 さて昨日は、この創業塾の準備をしていました。

 準備中、ふと8ヶ月前に講師をした際のテキストが役立つと思い、
 本棚から引っ張り出してきました。
 話のネタや板書の内容など、懐かしい書き込みが沢山ある、
 薄っぺらなテキストです。

 8ヶ月前、講師としての実質的なデビューを控えていた私は、
 自室において、一人で模擬講義を何度も繰り返しました。

 プレッシャーの中、迎えた講義は一応、それなりに終えましたが、
 事前のプレッシャーたるや、本当に凄まじいものがありました。

 私も受験生時代は、合格のプレッシャーを感じながら、
 受講していましたが、それとは質が違います。

 受講生として、講師の話を聞いている立場と、
 講師として、受講生へ話をする立場では、こうも違うものか、と思いました。

 最近は、人前で話す回数が増え、慣れを感じるようにもなってきましたが、
 8ヶ月前に感じたプレッシャーは忘れたくないな、と思いました。
posted by 熱血感動型 at 07:14| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

課題

 受験生時代、事例演習において、多面的な視点が必要と認識していたので、
 勉強会や参考書などから、他人が書いた解答を見るようにしていました。

 それが、診断士になってからは、
 受験生指導という形で、事例演習の解答を見る枚数が、
 受験生時代のそれより、はるかに多くなりました。

 十人十色とは良く言ったもので、本当に多様な解答が存在します。
 しかし、結局、受験生の方々の解答に対する私のコメントは、
 以下に収束されます。

 ・因果を丁寧につないでいってください
 ・具体的にはどういうことですか
 ・与件を重視して書きましょう
 ・題意をしっかり把握しましょう
 ・現状の説明では解答になりません

 私は受験生に対し、表現はどうあれ、
 趣旨として、上記のことしかコメントしていません。

 他の診断士の方の添削済み答案も何度か拝見しましたが、
 他の診断士の方が書いているコメントも、表現はどうあれ、
 趣旨はほぼ同様だと感じています。

 ちなみに、受験生時代に作ったファイナルペーパーを今、見直しましたが
 (受験生最後の日にも掲載されています)、やはり上記のことが書かれていました。
 
 ですから、これらの課題を改善できれば、合格にはかなり近づける、ということです。

 ただ、これらの課題を簡単に改善できれば誰も苦労はしないわけです。
 
 まず、「簡単に」改善できるわけではない点に、留意する必要があると思います。
 魔法のような改善方法は無いはずなので、ご自身の課題を意識し、
 繰り返し地道に事例を解き直すしか方法はないと思います。
 大事なのは、ご自身の課題を「意識」し「繰り返し」解くことです。
 単に意識するだけで演習量が不足してもダメですし、
 漫然と100事例解いても合格には近づけないと思います。

 次に、改善でなく「解決」を目指してはいけない点に、留意する必要があると思います。
 ご自身の解答における課題が一気に無くなることはありません。
 ひとつ課題がクリアされると、次の課題が出てきて、
 それがクリアされると、さらに次の・・・といった繰り返しです。
 しかし、新たな課題が出てきたということは、以前の課題はクリアできたわけで、
 充分に改善はされているわけです。
 全ての課題を無くそうと、解決に走ると、しんどくなります。
posted by 熱血感動型 at 07:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

開放

 昨日は丸一日、自宅で仕事をしてました。

 子供たちは、夏休み中なので、二人とも自宅で遊んでいました。

 奥さんのみ仕事で自宅にいない状況の中、
 私と子供二人で昼食を外でとろう、という話になり、
 ステーキ屋さんに行くことになりました。
 このステーキ屋さんは、思い入れのあるお店です。

 H19年10月に、私は2度目の2次試験を受験しました。
 試験終了後、このお店で家族にお疲れ様会を開いてもらいました。
 丸一日闘った疲労感と、終わった感に包まれて食べたステーキ、
 飲んだビール。そしてワイン。いやぁ、美味かったですなぁ。

 また、その前年、初めての2次試験が終了した後は、
 勉強仲間と慰労会をしました。
 やはり、丸一日闘った疲労感と、終わった感に包まれて、
 ビールが本当に美味かったのを覚えています。
 「あー終わった」という台詞ばかりを連発していた気がします。

 両年とも、合格の手応えは全くありませんでした。
 ただ、やり切ったという充実感と開放感はありました。
 1次試験終了後では、これをあまり感じないのは、
 やはり1次の先には2次があるという意識があったのだと思います。
 
 1次試験の先にある、2次試験まであと3ヶ月。
 試験後の開放感を味わうべく、暑い時期を乗り切って欲しいなと思います。
posted by 熱血感動型 at 07:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

混乱

 昨夕、自宅で机に向かって作業をしていました。

 リビングにある電話が鳴りました。

 電話に出た妻が、「お父さんから電話です」と子機を手渡しに来ました。

 この時期、私の父親からの電話は、私たちの帰省はいつ頃になるのか、という
 確認の電話と考えて、ほぼ間違いありません。

 私の母親ともども、孫との再会を心待ちにしているのです。

 子機を受け取りました。

 いつもより、父親の声のトーンが落ち着いている気がしました。

 他愛無い世間話をし、帰省の日程を伝えると、
 ちょうど私たちが実家に到着する日は、父親が検査を受ける日なんだそうです。
 お盆期間中に行われる検査とは、普通の検査ではないことを感じました。

 「何の検査?」
 「がん」
 「!」

 先日、違和感を感じたので、病院に行ったところ、
 「がん」の疑いがあるとのことで、8月に詳しい検査を受けるとのことでした。

 これまで他人事だった「がん」が急に身近な話になってしまいました。

 検査の結果が陽であれ、陰であれ、自分の父親が
 「がん」から声がかってしまったか、と思うと唖然とするしかありませんでした。

 ふぅ、ちょっと混乱しているかもしれません。
 今日のエントリーはいつも以上に整理がつきません。。。
posted by 熱血感動型 at 07:43| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

感動

 高校野球地区予選真っ盛りですが、先日、近くの球場で観戦した際、
 たまたま地元の学校の試合が行われていました。

 この学校、過去には甲子園に出場したこともあり、
 昨年の春の県大会では優勝もしている、なかなかの強豪校です。

 しかし、今大回での前評判は、あまり芳しくありませんでした。

 それがあれよあれよという間に勝ち上がり、昨日は準々決勝を迎えました。
 自宅での仕事に目処がついたので(つけたので?)、応援に行ってきました。

 試合会場は、自宅から1時間半ほどの場所にある球場でした。

 試合は、3点リードされたものの、中盤に追いつくという、
 白熱した展開となりました。
 
 汗だくになりながらも、盛り上がる両校応援団。

 遠い昔、私も応援団の声援やブラスバンドに後押しされ、
 バッターボックスに立った時期がありました。
 その後、怪我と病気に苦しみ、野球を諦めざるをえませんでした。
 昨日は、ほろ苦い想い出を噛みしめながら、照りつける日差しの下、
 ひたむきな球児たちのプレイに一喜一憂していました。

 さて、試合の方は終盤に1点勝ち越され、最終回2アウトランナー3塁、
 一打同点の場面で、最後のバッターはレフトライナーに倒れました。

 球場は、大きな歓声と、大きなため息の交差点となりました。

 敗戦という辛い現実を受け入れるために、選手達は号泣し、
 その姿は、見る者の心を打ちます。
 
 長い人生で、人に感動をもたらすことができる機会など、
 そうそうあるものではないと思います。

 敗れた球児たちは、今は、胸を張ることができなかもしれない。
 脱力感にさいなまれているかもしれない。
 今後の目標が見えず、失望感を感じているかもしれない。

 そんな辛い状況だけど、多くの人に感動を与えたことは確かです。

 人を感動させるなんて、狙ってできることではありません。
 だからこそ、人は感動するのだと思います。

 ひたむきさから、感動は呼び起こされます。
 ビジネスにおいても、知識・技能といったものは、
 確かに必要だけれども、まずは常にひたむきであろうと思いました。 
posted by 熱血感動型 at 09:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

課題

 調査、執筆、講義、支援、指導等々、ちょっと案件が重なっており、
 家族サービスや帰省も含め、8月末まで予定がギチギチの状況です。

 忙しい時は色々重なるもので、昨日はさらに仕事の依頼をいただきました。
 1件は講師の仕事、もう1件は診断の仕事でした。

 さすがに、これ以上仕事を引き受けてしまうと、
 各方面にご迷惑がかかると判断し、丁重にお断りしました。

 断るという行為は、私にとっては心苦しいものがあります。

 自信がない人は、簡単に他人に迎合します。
 私にも、そういう傾向があるので、お誘いや依頼を断ることができず、
 引き受けてしまって後悔することが、よくありました(最近は減少傾向です)。

 独立後、この「断る力」をどうつけるか、が私の新たな課題となりました。

 ところで、日々このように様々な課題を抱え、
 これをクリアしようとしているわけですが、
 先日、カウンセラーの先生からこのように言われました。

 「右手にお菓子を持っているのに、左手にお菓子がないと騒いでいる」

 あれがない、これがない、と騒ぎ苦しむのではなく、
 今、自分が持っているもので勝負していくことも大事なんだな、と思いました。

 本試験直前に受験生が抱える不安と同様、
 実務上で、日頃抱えている自身との課題についても
 「どう無くすか」よりも「どう付き合っていくか」を考えた方が良いみたいです。
posted by 熱血感動型 at 07:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

知恵

 7月に入ってから、調査事業に丸一日費やす日々が続いていましたが、
 昨日から月末までは、調査件数を減らすことで、午前中で調査を切り上げ、
 午後の時間は自宅作業に費やすことにしました。

 原稿の執筆と、講義の準備をするためです。

 原稿の執筆にしても、講義の準備にしても、短時間で済ませれば、
 それだけ時間当たりの謝金額は上がります。

 しかし、短時間で粗末に仕上げて、成果物の品質を落としたくありません。

 調査事業の収入が減るのは痛いけれど、良い品質の原稿、講義を提供できれば、
 受け取る側の満足度は上昇し、リピーターになってくれる可能性が高まります。

 なので、原稿執筆や講義準備には、ある程度の時間を割くことにしました。

 
 そこでちょっと考えてみました。
 午前中の調査事業において、移動時間の短縮や、
 1件当たりのヒアリングの効率化を図り、訪問件数を増やせないものか、
 と考えるようになりました。

 うまくすると、これまで一日かけて訪問していた件数を午前中だけで
 こなすことができるかもしれません。

 忙しいと、何とかしようと知恵が湧いてくるものですが、
 忙しくない段階で、知恵を出せないものか、と思います。

 常に問題意識を持って、ことに臨まないといけません。
posted by 熱血感動型 at 08:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

不惑

 独立後、企業内診断士の方から、
 「どうやって独立したのか」と聞かれることが多くなりました。

 独立の経緯については、このブログに詳細に記述してきましたが、
 「熱血ブログを読んでください」と答えては、実もふたもないので、
 「私の場合は、特殊なんです」と答えています。
 特殊な事情に興味を持たれた方には、詳しくお話しをしますし、
 「特殊」と聞いただけで引いちゃう人も居ます。

 私も企業内診断士の頃、独立診断士に対し、全く同じ質問をしてきました。

 彼らも独立する前に置かれていた環境は多種多様であり、
 それぞれ、特殊な事情を抱えていました。

 ですので、人それぞれ、様々な独立の仕方があり、
 一概に「こうすれば」「こうなれば」独立できる、というものはありませんでした。

 そんな中、見えてきたのは、
 彼らは独立するにあたり、一切の迷いは無かった、ということです。

 このことに気づいたとき、
 診断士になって、企業内で以前より活躍している方を思い出しました。
 彼に「独立しないんですか」と聞くと
 「独立する気はありません」ときっぱり言い切ります。
 企業内診断士として進むことに何の迷いもありませんでした。

 自分の進む道に迷わない人は強いと思います。

 複数年受験の方の中には、受験を継続するべきか、諦めるべきか、
 揺れる人がいます。特に試験結果が分かると、揺れが大きくなります。

 まず、合格するまで受験するのか、今年で受験を止めるのか、もしくは
 あと何年で受験を止めるのか、迷いのない人に合格者は多い気がします。

 先日のエントリにも通じますが、自分の軸を持つ、
 つまり自分のコンセプトを持つことで迷いはかなり軽減されると思います。
 

posted by 熱血感動型 at 08:34| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

理解

 私は、診断士の受験勉強を始める前に、販売士の勉強をしていました。

 販売士の受験勉強は、診断士のそれと同様で、複数科目を勉強します。

 販売士の勉強も後半に差し掛かると、
 頭の中で各科目が一気に繋がり、視界がパーっと開ける感覚を得ました。

 「これが横断的理解というものか」と思い、とても嬉しくなると同時に、
 販売士試験の合格を確信しました。

 その後、診断士の一次対策を始めましたが、
 どんなに勉強しても、一向に各科目が繋がらず、
 横断的理解を得ることができませんでした。

 診断士一次試験直前期になって横断的理解が得られないと、
 「また今年も不合格かな」と思ったものです。

 で、何度か一次受験に失敗し、横断的理解を得ることを諦めることにしました。
 H18年、科目合格制度が導入された年です。

 皮肉にも、そんなときに一次試験の合格が訪れました。

 横断的理解は、得ることが出来ればそれに越したことはありません。
 しかし、一次直前期の今、そのような抽象的なことに拘ることよりも、
 具体的に、正答できる問題を増やすことが先決です。

 今、やるべきことは、自分が正答できる問題を、確実に正答できるように、
 これまで行ってきたアウトプット学習を繰り返し、復習をしていくことだと思います。

 ポイントは「正答できた問題」を繰り返すのではなく、
 「正答できる問題」を繰り返すことだと思います。

 試験前の不安にさいなまれ、いたずらに難問と格闘することは避けたいものです。
posted by 熱血感動型 at 08:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

創出

 昨日は、研修の受講と、企業診断のためのヒアリングをしてきました。

 対象は、これまで何かとかかわりをもってきた企業でしたが、
 私がこれまで聞きたかったことも色々聞くことが出来て、
 当該企業の理解が深まり、有意義な時間を過ごすことができました。

 分かっていたつもりで、分かっていなかったことも沢山ありました。

 今後は、9月下旬から10月に実施される発表会に向けて、
 提言内容をグループでつめていきますが、
 その間に何度か顔合わせがあります。

 この顔合わせの日程調整で苦労しました。その大きな原因は私です。

 個人的に8月中に仕上げなければならない案件が複数あり、
 なかなか時間が取れないためです。

 睡眠時間の確保、ジョギング、ブログの更新など、仕事以外の部分を
 削らなければならないところまでは来ていませんが、
 かなりギチギチなスケジュールになっています。

 忙しいときに限って、色々重なるものですが、
 たまには肩の力を抜いて、ゆったりする時間も設けていこうと思います。

 以前、カウンセラーの方から教えてもらいましたが、
 たまには、昼からお酒を飲むのも、リラックスする手法の一つなんだそうです。
 
 もっとも、そんな時間があれば、ということなんですが。

 時間は創り出すもの、なんですね。
posted by 熱血感動型 at 08:19| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

勧誘

 昨日受講した研修で「当該飲食店のコンセプトを決める」というパートがありました。

 6人がかりで取り組んでいましたが、コンセプトがなかなか決まらず、
 煮詰まってしまったので、休憩を取ることにしました。

 煙草を吸いながら、ふと、自分の人生にもコンセプト」が必要だよね、と思いました。
 これを、同じく煙草を吸っていたReiパパさんにつぶやいたところ、
 「コンセプトをもっている人は、取捨選択の基準があるから、拒否できるんですよね」
 といった趣旨の発言をしてくれました。

 うん、なるほど、と思いました。

 独立すると、魅力的なお話から、胡散臭いお話、参加の判断に迷うようなお話など
 様々な勧誘があります。
 
 独立当初は、とにかく仕事につながる人脈が欲しかったので、
 内容はともかく、時間とお金の許す限り、とにかく勧誘に応じていました。

 しかし、仕事につながる人脈は、思うように広がりませんでした。
 (私の社交性にも問題があったのかもしれません)

 最近は、忙しくなってきたこともあり、
 絶対に応じたいと感じたお誘い以外は、ほとんど受けることがなくなりました。
 もっとも、参加したいのだけれど、時間が許さないお誘いもあるのですが。

 コンセプトが少しずつ確立されてきた、ということなのでしょうか。

 独立後、がむしゃらに進んできましたが、
 ちょっと立ち止まって、自身について考えてみる時期を迎えているのかもしれません。
posted by 熱血感動型 at 05:01| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

熱戦

 夏の高校野球地区予選まっただ中。

 自宅そばの市営球場でも熱戦が繰り広げられています。

 昨日は、自宅で調査資料を作成していましたが、
 どうにもいたたまれず、観戦に出かけることにしました。

 15年ぶりの高校野球生観戦。
 ショー的要素が色濃く残るプロ野球もいいですが、
 ひたむきな高校生の闘志あふれるプレーにも味がありました。

 両校の応援合戦にもしびれました。
 ブラスバンドが奏でる宇宙戦艦ヤマト、ルパン三世のテーマは、
 私が高校球児の頃を思い起こさせました。

 その他にも海のトリトン、暴れん坊将軍、キューティーハニーなどのテーマで
 応援が繰り広げられました。

 試合はワンサイドゲームとなりましたが、
 陽のもとで繰り広げられる熱戦にただただ惹きつけれれました。

 昨日は、高校球児から、新たなパワーをいただいてきました。
 私も今以上に、ひたむきに今後の診断士活動を行っていこうと思いました。
posted by 熱血感動型 at 08:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

蕎麦

 現在、仕事で毎日行っている場所は下町なので 蕎麦屋さんがたくさんあります。

 どの蕎麦屋さんで昼食をとろうか、毎日楽しみなのですが、
 昨日は私にとって、この町5軒目の蕎麦屋さんで昼食を摂ってみました。

 この蕎麦屋さんでは、看板娘と目される若い女性が、
 おしぼりを出してくれたのが嬉しかったです。
 さらに食後にはコーヒーもしくは緑茶サービスもありました。

 この時期、外回りをしている身にとって、おしぼりはホントありがたかったです。
 ちなみに、それまでの4軒で、おしぼりを出してくれたところはありませんでした。

 また、看板娘がいるだけで、お店の雰囲気が華やぐから不思議です。
 ちなみに、それまでの4軒で、看板娘が居たところはありませんでした。
 「娘」じゃない女性が居た蕎麦屋さんはありましたが、
 忙しさにくじけて、半ギレで働いていたり、
 蕎麦湯を出し忘れて平然としているなど、あまりいい印象がありません。

 食後のコーヒーサービスは「ゆっくりしていってください」という
 メッセージが伝わってきて、これもありがたかったです。
 ちなみに、これもそれまでの4軒ではなかったサービスでした。

 私の舌が肥えていないことも原因だとは思いますが、
 その蕎麦屋さんによって、味に大きな差があるかといえば、そうとは感じません。
 味以外でどう差別化を図るか、が生き残る術だと思います。

 若い女性を雇って看板娘に仕上げることは、お金も労力もかかるでしょうが、
 おしぼりだったり、食後のコーヒーサービスなどは、それぞれのお店にとって
 一考の余地があると感じました。

 蕎麦への付加価値について、感じることが多かった昨日の昼食でした。
posted by 熱血感動型 at 10:04| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

喫煙

 4月より、月に1回〜3回程度、先方の企業に訪問をし、
 先輩コンサルが行うISO9001の導入支援をアシストしています。

 昨日も訪問日でした。

 ISOとは何ぞや程度しか知らなかった私にとって、
 経験豊富な先輩コンサルの導入手法を間近に見ることは、
 とてもよい経験になっています。

 私自身が、ISOの導入を指導するには、
 まだまだ知識不足で、先輩におんぶに抱っこ状態です。

 その割に、先方の社員の方々と仲良くすることが出来ているのは、
 多くの社員の方々も私も、喫煙者という共通点があるからです。

 休憩時間に喫煙室でタバコを吸っていると、
 様々な話題が湧いてきます。

 タバコの害が取りざたされて、久しいですが、
 喫煙は私にとって、先方との心理的距離を縮める格好の道具となっています。

 でも、吸いすぎに注意、ですね。
posted by 熱血感動型 at 08:09| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

発表

 某企業が某大学に対し、寄付講座を行うことを知らされ、
 手伝うことにしたのが、今年2月の話です。

 それから半年。昨日は前期の最終講義でした。

 学生さんたちが、パワーポイントを使って、
 グループ別に前期の学習成果を発表しました。

 学生さんの発表を聞いていて「偉いなぁ」と思いました。
 それは、学習成果の発表だけではなく、前期の学習における課題を抽出し、
 それを踏まえ、後期はどのように取り組むかまでをしっかり発表したからです。
 
 学習成果以外の発表内容については、講師側からの指示は一切ありません。

 言われたことしかやらない受動的な若者が目につきがちですが、
 こういう能動的な若者も、大勢いることを認識しなければなりません。

 以前も書いた気がしますが、
 もともと人間はモチベーションが高い存在です。
 何らかの減退要因によって、徐々にそれが低くなってきます。
  
 同様に、もともと人は能動的な存在なのだと思います。
 受動的な人は、何らかの要因によって、徐々にそうなったはずです。

 その要因を探してあげるのではなく、見つけさせるのでもなく、
 一緒に探すことが、私が目指すコーチングの在り方だということを
 昨日の発表を聞きながら、ふと思い出しました。
posted by 熱血感動型 at 06:19| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

良縁

 昨夜は、私の師匠Aさんの顧問先が新店舗を出店したという事で、
 お披露目会に行ってきました。
 
 場所は下町の駅から出て徒歩1分。絶好のロケーションです。

 私を含め、診断士だけが15名程みえてました。
 彼ら彼女らが全員、師匠Aさんの顧問先に絡んでいるわけで、
 当該顧問先もますます規模拡大していくと思います。

 企業内診断士だった頃、独立診断士の方に
 「家族持ちが診断士として独立するには、まず顧問先を持つと良い」
 と言われたことがあります。
 毎月安定収入が見込めるからです。

 ただ、どうやって顧問先を見つけることができるのか、
 どうすれば、顧問契約ができるのか、分からないまま独立してしまいました。

 今、感じていることは、顧問先を持てるかどうかは、
 営業力やコンサル力なども当然必要ではありますが、
 「縁」が一番必要だろう、ということです。

 資格との縁、合格との縁、実務補習で一緒になった縁、
 仕事との縁、仕事を一緒にやった縁、公的機関との縁等々
 そんな縁が積み重なって、顧問先との縁も生まれてくるのだと思います。

 私にも良縁が巡ってくるように、日々活動をしていきます。
posted by 熱血感動型 at 08:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

共通

 7月に入ってから1日に3人〜6人の経営者・個人事業主を訪問し、
 ヒアリングをしています。

 ヒアリングですから、基本的に先方が話し手、私が聞き手なのですが、
 ヒアリングの最中に
 「熱血さんがこれまで見てきた企業はどうでしたか」
 「他の企業はどんな感じですか、何と言ってました?」等と
 積極的に情報収集をしようとする経営者がいます。

 そんな経営者が率いる会社に共通することは、
 規模が大きく、後継者がいる、ということです。
 会社の雰囲気から察するに、業績もいいのだと思います。

 また、ヒアリングの実施前に、
 予めアポイントをとって先方へ訪問するのですが、
 約束の時間に伺っても不在の経営者もいます。
 (色々な事情があるのだとは思いますが)

 そんな経営者が率いる会社に共通することは、
 経営がうまくいかず、今の代で廃業予定だということです。

 経営がうまくいく・いかないは、
 経営者の経営手腕や能力、知識の前に、「人間として、どうなのよ」
 という点が非常に大きいんじゃないかな、と思います。

 私自身「人間として、どうなのよ」と自問しつつ、
 日々を過ごしていかなければ、ただの批評家になってしまいますので
 気をつけていこうと思います。

posted by 熱血感動型 at 07:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

意識

 昨日は、政策研究会の研修コンテンツ開発チーム7月定例会に参加してきました。

 各自が企画・開発した研修コンテンツを持ち寄り、ブラッシュアップを図りました。

 私は、昨年5月からこちらのチームに参加していますが、
 このチームの方々の助言により、今年1月、
 アクティブリスニングをテーマにした「聞き上手研修」を開発できました。

 その後、新たな研修コンテンツ開発に着手し、昨日は「話し上手研修」の
 プレゼンを行ってきました。

 昨日も色々な助言をいただくことができ、
 さらなるブラッシュアップの道筋が見えてきました。

 私のプレゼンが終わった後の休憩時間中に、リーダーのnetplusさんが、
 「熱血さん、ホント、プレゼンが上手くなったね」と言ってくれました。

 自分では、プレゼンの能力が上がったなどとは、考えていなかったのですが、
 私のことをよく知るnetplusさんに褒められて、そういえばそうかなぁと
 嬉しくなりました。

 確かにプレゼンの場において、以前のように「自分が何を話すか」よりも
 「聞き手とどのような関係を創っていくか」を意識するようになりました。
 そのほうが、話し手・聞き手ともに楽しい時間を過ごせることが
 少しずつ分かってきました。

 これからも、聞き手の立場を常に意識したプレゼンを心がけていこうと思いました。

 来月早々に、創業塾の講師の仕事が控えています。
 今回の気づきを最大に生かせるように準備していこうと思います。
posted by 熱血感動型 at 08:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

酔客

 昨日は子供2人と西武ドームに行ってきました。

 私は、かつて西武ドームで酔っ払った結果、
 ・トイレに行った際、ライターを便器に落とし、便器に手を突っ込んで拾った
 ・デジカメを紛失し、翌日ドームや駅に電話したら、駅で預かっていてくれた
 ・駅で帰りの電車を待つ際、反対側のホームで電車を待っていた
 等々の失敗をしてきました。

 さて、昨日は、腰に小物入れを下げて観戦をしていました。
 小物入れの中には、携帯・たばこ・小銭入れが入っています。
 札入れはお尻のポケットです。

 試合は非常に競った好ゲームで、お酒もすすんでしまいました。
 (好ゲームでなくてもお酒がすすむという噂もありますが)

 いい感じで酔っ払った試合中盤、急にラーメンが食べたくなりました。
 「ちょっとお父さんさ、ラーメン食べてくる」
 子供に言い残し、ドーム内のラーメン屋さんへ行き、
 ラーメン代を小銭で払い、立ち食いをしました。
 
 食べた後、ふと腰に下げている小物入れの中に、携帯がないことに気付きました。
 さらに、お尻のポケットに札入れがないことにも気付きました。

 ラーメン店の人に聞いても、落し物は預かっていないとのこと。

 座席で観戦中に落としたかなと思い、座席に戻りました。

 座席では、子供が私の札入れを持っていました。
 「お父さん、財布落ちてたよ」
 「携帯はなかった?」
 「携帯はないよ。腰の小物入れに入ってないの?」
 「ない。。。」

 もう一度、ラーメン屋さんの辺りを探しにいくことにしました。

 ラーメン屋さんまで行って、うろついている最中、
 何の気なしにポケットに手をやると
 

 携帯電話が入っていました(これだから酔っぱらいは・・・)。


 その後も追いつ追われつの好ゲームが展開され、延長戦に突入。
 ラーメンを食した後も、飲み続けていた私は、 
 いい加減飲み過ぎて、気持ち悪くなってしまいました。

 座席を離れ、喫煙所でたばこをくゆらせながら、
 ブラックコーヒーを飲んで一息ついていると、
 西武・片岡選手ががサヨナラホームランを放ち、西武が勝ちました。

 一番いいところを見逃しました。。。

 野球観戦時のお酒もほどほどにしようと思います。
 (いつも思ってはいるのですが)
posted by 熱血感動型 at 07:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。