2009年08月31日

締切

 ある原稿の締切りが迫り、ここ数日は切羽詰った状態でしたが、 
 昨日、何とか提出を終えました。
 まるで夏休み終盤に宿題に追われる小学生のようでした。

 忘れもしない小学3年生の夏休み。
 夏休み開始直後、数日で宿題をすべて終わらせ、残りの日々は、
 目一杯、遊びました。

 迎えた夏休み最終日、始業式の前日。
 ランドセルに翌日持っていくものを準備している最中、
 宿題を書いたノートやら、プリント用紙がないことに気付きました。
 どこを探してもありません。

 仕方なく、当日夜から深夜にかけ、親に手伝ってもらいながら、
 もう一度宿題をやり直しました。
 それ以来、物事は毎日少しづつ片付けることにしています。

 にもかかわらず、今回、執筆の先延ばしを繰り返し、
 結果、ここまで切羽詰ってしまった理由は、
 「火事場のくそ力」に期待していたのだと思います。

 自分の中で、今回の執筆は大変な労力を使う、という認識があり、
 これが、仕事に取り掛かるエネルギーを奪っていた気がしてなりません。

 顧客満足の研修で、便器を素手で洗うプログラムがあります。
 受講者はなかなか便器を素手で触れない。
 そこで講師が便器の中へ強引に、受講者の手を突っ込ませる。
 すると、素手で洗えるようになるんだそうです。

 原稿の締め切りは嫌でもやってきます。
 それにあわせ、締め切りに間に合わせようと執筆を始める。
 時の流れは、ある意味、上述の講師同様、強引に人を動かします。

 動かされる人ではなく、動く人になりたいな、と思いました。
 
 とはいうものの、私自身、便器を素手で洗えるかな。
posted by 熱血感動型 at 09:10| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

武装

 昨日は、このブログでも何度かご紹介した、政策研究会の
 研修コンテンツ開発チーム・8月定例会に参加してきました。

 チーム活動は、各自が研修コンテンツを持ち寄って、
 他のメンバーの意見を仰ぎ、ブラッシュアップしていくというものです。

 昨日の参加者は10名でした。

 私は、先日の記事に書いたとおり、昨年春よりこのチームに参加し、
 チームメンバーのご指導のもと、アクティブリスニング系の研修である
 「聴き上手研修」を完成させることができました。

 私は、診断士として自分の武器が多いとは思っていないので、
 少しでも武器を増やし、武装するべく他の仕事や打ち合わせよりも、
 このチーム活動への参加を優先させています。

 そして、現在、開発に取り組んでいるのは、
 いかに人前で上手く話すかに主題を置いた研修です。

 私は、以前、テレビ局主催の話し方教室や、
 デール・カーネギー・コースという、話し方教室に参加した経験があります。
 そんな私でもブランクがあると、診断士として人前で話す際、とても緊張し、
 上手く話せないことに愕然としたことがあります。

 ブランクがあっても、場数を踏んでいなくても、人前で抵抗なく話ができる
 スキルや考え方というものはあるものです。
 そして、話している最中の受講者や聴衆との一体感、
 最後にいただく拍手に包まれた達成感。
 こんなことを多くの方へ伝え、感じてほしいと思うようになりました。

 さて、昨日は定例会にその研修を持ち込んで、アドバイスをたくさんいただきました。
 自分では良かれと思って作成した研修プログラムでも、
 第三者からみると、どうも焦点がボケていたりしているものです。

 2次試験対策において、他人の答案やアドバイスを、
 自分の答案に活かすことと共通すると思います。

 講師の独りよがりの研修では、受講者の満足を得ることは困難ですから、
 昨日の定例会も研修をブラッシュアップさせるには、非常に有意義な時間でした。
 再度、研修の手直しをし、来月の定例会に持ち込み、研修を早く完成させて
 自身の完全武装を達成したいな、と思っています。
posted by 熱血感動型 at 08:26| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

仕事

 今シーズン、どうもパッとしない埼玉西武ライオンズが昨日も負けました。

 投げる方は、抑えの切り札をケガで欠くとともに、
 中継ぎ陣が試合を壊すケースが多かったのですが、
 打つ方も、4番バッターをケガで欠いてしまい、この3日間での得点はゼロ。

 まさに「手負いの獅子」なんでしょうね。

 昨年はパリーグで、日本シリーズで、アジアシリーズで優勝した埼玉西武ライオンズ。
 優勝後、2年目のジンクスでしょうか。

 診断士2年目の私も、最近ちょっと行き詰まりというか、
 診断士としての在り方に疑問を持つようになってきました。

 これまでやってきた仕事には二通りの仕事があります。
 それは、診断士なら誰でも良いという仕事と、
 診断士の熱血さんでなければできない仕事、です。

 やはり、私でなければできない仕事の比重を高めていきたいですが、
 現実問題、家族の生活があるので、診断士なら誰でもできる仕事が多い気がします。

 診断士なら誰でもできる仕事をするために、独立したのか。
 独立当初はそんなこと、全く考えていませんでした。もう少し、走りながら考えてみます。
posted by 熱血感動型 at 07:47| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

相手

 4月より、ISO9001の導入支援アシスタントを行っています。
 といっても、先輩コンサルと支援先に同行し、
 導入にあたり議事録を作成するだけです。

 それでも、当初はISO9001とは何か?程度しか知らなかったのが、
 マニュアルを作成し、社内体制を整備し、審査会社の審査を受け、
 認定機関から認定を受ける、という導入の流れがある程度、見えてきました。

 審査会社も複数あって、各社競合しているわけですが、
 昨日は、先輩コンサルが支援先に紹介した2つの審査会社が、
 支援先に「是非わが社に審査させてください」とプレゼンをする日でした。

 プレゼンは時間をずらしてA社、B社がそれぞれ行いました。
 両社とも規模も実績も大きく変わりはありません。

 A社は、自社の実績・規模・教育の充実度などを淡々と述べました。
 B社は、自社の実績・規模などの紹介に加え、
 プレゼン先である支援企業の役員に質問もしました。

 「なぜ、ISOを取得しようとしたのですか」
 「ISOを取得することで得たい効果は何ですか」
 質問の回答を踏まえ、ISO取得による弊害や審査の流れについても述べました。
 
 どちらがお客さんの目線に立っていたかは一目瞭然でした。

 自分が何を言うか、自分をいかに採用してもらうか、
 を考えることは大事です。
 しかし、相手が自分に何を期待しているのか、
 自分がどうすれば相手の役に立つことができるのか、
 相手のことを考えることは、もっと大事だと思いました。

 そして、この当たり前のことを実践する困難さも目の当たりにしました。

 昨日のプレゼン、私にとって非常に参考になりました。
posted by 熱血感動型 at 08:25| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

調査

 7月から行っていた調査事業ですが、昨日、私の割り当てが終了し
 私にとっての調査事業は終了しました。

 かなり大規模な調査でしたので、関わった診断士もかなりの人数だと思います。
 知り合いの診断士も数多くいましたが、全員単独行動ですので、
 知り合いがいても、あまりメリットはなかったかもしれません。

 仕事の内容は、対象企業にアポを取り、訪問し、所定事項をヒアリングする。
 この繰り返しです。

 謝金は1件につきいくらと決まっているので、やればやっただけ稼ぐことができる、
 と思いきや、割り当て数はある程度、予め決められていたようでした。

 結局、120軒程度の事業所にアポをとるため連絡をし、
 うち2/3程度の事業所が調査に応じてくれました。
 1/3の事業所は回答拒否や廃業でした。連絡がとれないところも。

 対象事業体の業種が決まっているので、その業界の勉強になりました。
 また、世間話から情報を引き出していくといったヒアリングの仕方も、分かってきました。
 これらは、今後の活動に活かすことができそうです。

 反面、歩きまわる仕事なので、体が暑さに慣れるまでは、大変でした。
 何事もしょっぱなから飛ばし過ぎるのはよくありません。

 いずれにせよ、この夏、集中して取り組んだ仕事として、想い出に残りそうです。
posted by 熱血感動型 at 10:18| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

今日

 今朝、5:00に起床しジョギングのために外に出ました。
 いつもより、外の空気がひんやりしています。

 いつものように準備体操をして、走り出しました。
 最初の5分は準備運動も兼ねて、いつものように、ゆっくりゆっくり走ります。

 いつも出会う、散歩をするおばあさんとすれ違いました。
 「おはようございます」
 
 徐々にペースが上がっていきます。

 お祭りの山車を移動する集団と出会いました。
 もう、秋祭りの準備をしてるんですね。

 出勤のため駅に向かう人々がちらほら目につきます。

 汗がじんわりと滲んでくるとともにペースが上がってきます。
 徐々に呼吸も安定し、足取りもしっかりしてきます。

 ラストスパートをかけ、自宅前に到着。

 しばらく歩いて、自販機でスポーツ飲料を買いました。

 整理体操をして、自宅へ入ります。

 いつもと同じ、当たり前の朝。

 当たり前の朝を当たり前に迎え、当たり前に過ごすことは、
 実は、当たり前ではないのかもしれません。

 今日という日は、昨日亡くなった人が迎えることのできなかった明日。
 
 ふと、そんな言葉を思い出し、今日という日を大事にしていこうと思いました。
posted by 熱血感動型 at 09:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

決勝

 全国高校野球選手権大会が開催されると、
 夜11:00過ぎからテレビ朝日系で「熱闘甲子園」という30分番組が放映されます。

 その日に行われた試合をダイジェストで放映するだけではなく、
 チームのエピソードなど裏話や、試合後の選手の表情なども盛り込み、
 試合の感動を盛り上げる番組です。

 私は通常、夜10:00には就寝してしまいますが、
 この期間だけは、時間が許す限り、この番組を観ることにしています。

 さて、昨日の決勝戦、愛知代表の中京大中京vs新潟代表の日本文理の試合は、
 観る者の心を揺さぶる試合でした。
 9回2アウトランナーなし、得点は6点差。ほぼ勝利は絶望的といっていい状況で、
 日本文理は勝利を諦めていませんでした。
 
 テレビで試合を序盤から観ていた私は、試合終了後、
 「明日のジョギングは中止。今日は絶対に熱闘甲子園を見よう」と決めました。
 この試合は、ジョギングを犠牲にして、おさらいするべき価値があります。

 ちなみに、日本文理の最後まで諦めない姿は夏という名の宝物というサイトで
 観ることができます(8/31まで)。

 最後まで諦めないことの尊さを、思い起こさせてくれた決勝戦でした。
posted by 熱血感動型 at 09:55| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

研修

 昨年の春より、政策研究会の研修コンテンツ開発チームに所属しています。

 月1回の定例会で、メンバー各々がパワーポイントで作成した
 研修コンテンツを持ち寄り、他のメンバーの前でプレゼンを行います。

 私は、チームに所属して以来、他のメンバーの意見を参考に、
 持ち込んだコンテンツを改訂し、再度、翌月に持ち込むことを繰り返し、
 ブラッシュアップを重ねてきました。持ち込んだ回数は都合6回になりました。
 
 研修テーマは、「傾聴」です。「聴き上手研修」と名付けました。
 
 管理者として傾聴スキルを習得することで、
 部下のモチベーションを高める効果を狙ったものです。
 
 私自身、企業内診断士の頃には、この「傾聴」により、
 職場の活性化を実現し、業績を大きく向上させることができました。
 そのようなスキルをうまく受講者に伝えることができればいいな、
 という考えからこのテーマを選びました。
 さらに副産物として、この「傾聴」は経営者のヒアリングに効果を発揮しています。

 完成したのは今年の1月。
 その後、この研修を地元の商工会議所や、
 都内のコンサル会社、診断協会埼玉県支部などに持ち込んだ結果、
 コンテンツとして採用されるようになりました。
 10月には、経営者対象に当研修のダイジェスト版の発表も控えています。

 研究会の他のチームメンバーにもこの研修の噂は伝わっていて、
 受講を希望する方も現れるようになりました。

 昨日ふと、独自に「聴き上手研修」を開催してみようか、と思いました。

 読者の中で、
 ・管理者として、部下のモチベーションをもっと上げたいと考える方、
 ・家庭人として、家族との相互理解をもっと深めたいと考える方、
 ・診断士として、より経営者のヒアリングを効果的に行いたいと考える方、
 当研修についてこちらよりお問い合わせください。
posted by 熱血感動型 at 09:21| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

風貌

 外出時にPCを持ち歩くことが、個人的に必須となった今、 
 日本エイサー社製のASPIRE oneというPCとうかネットブックを持ち歩いています。

 2年間のインターネット接続契約をすると、PC自体が無料になる、
 いわゆるゼロ円PCというやつです。
 過去のブログ記事をひも解くと、今年の3月30日に契約を結んで、
 当日から使い始めたので、かれこれ5か月が経過しようとしています。

 重量は軽いし、バッテリーもそこそこもつし、動作速度も遅くはないし、
 外出先で使用するには、ほとんど問題なく使えています。
 あえていうなら、地下鉄の車内でネットにつなげないこと、画面が小さいことが
 難点ですが、総合的にかなり利便性が高いです。

 いったん、利便性を享受してしまうと、
 さらなる利便性を追求したくなるのが、人間の悲しい(?)性というものでしょうか、
 最近、バッテリーのもちが気になるようになりました。

 このPC、フル充電でバッテリーが約1.5時間もちます。
 なので、自宅から移動先までの車中でPCを使うと、
 移動先で充電をする必要に迫られることが、多々ありました。

 電源を貸してくれるお店がすぐに見つかればよいのですが、
 なかなか見つからず、充電できない場合、持ち歩いているPCは
 ただの荷物と化してしまいます。
 (こうなった場合、PCの重量って滅茶苦茶重く感じるんですよね)

 で、以前、研究会の先輩に教えてもらったことを思い出しました。
 それは、当該PCには別売りで4時間ほどもつバッテリーが販売されている、ということ。
 早速注文したところ、昨日到着しました。

 到着した新しいバッテリーは、やや大きく、旧バッテリーから付け替えると、
 プリンプリン物語のルチ将軍を彷彿させる風貌となりました。

 旧バッテリー装着時     新バッテリー装着時
 090823_1145~01.jpg090823_1144~01.jpg

 バッテリー自体の重量が若干増しましたが、
 外出時に、電源を貸してくれるお店を探す手間がかなり省けます。
 バッテリーも大きくなりましたが、得られるメリットはそれ以上に大きいです。
posted by 熱血感動型 at 12:05| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

褒美

 昨日は一日、自宅兼事務所にこもって、デスクワークをしていました。

 複数の仕事の締切が迫ってきており、いい加減手をつけないと、
 納期に間に合わなくなる可能性が高まってきたので、
 昨日から、徹底的に取り組むことにしていました。

 テレビの高校野球放送を見たくなる誘惑と戦いながら
 何とか目処がつくところまで仕上げました。
 もし目処が立たないと、やっぱりこの件が気にかかり、
 今日、子どもと出掛ける西武ライオンズの試合観戦も
 心おきなく楽しめなくなってしまうので。

 やはり、遊ぶなら心おきなく遊びたいものです。

 受験生時代に、コーチから、
 「計画どおりに学習が進んだら、自分にご褒美として何をあげますか」
 と質問を受けたことを思い出しました。

 独立すると、仕事から離れて遊んでいるときに
 「今、自分はこんなことをしていて良いのだろうか」という不安に駆られることがあります。

 昨日頑張ったご褒美は、今日の西武ライオンズの試合を
 気兼ねなく、目一杯楽しめることでしょうか。

 今年はあまり調子良くないけど、がんばれライオンズ。


 さて、ちょっと広告宣伝を。
 現在、私がお仕事を一緒にさせていただいており、
 非常にお世話になっている先輩診断士、
  鰍nCL代表の四ッ柳茂樹さんの起業セミナーが開催されます。
 9月10日(木)19:00〜21:00 場所は新宿です。
 詳しいご案内はこちら
 ご興味のある方はぜひ、お越しください。
 
posted by 熱血感動型 at 10:38| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

留意

 昨日は、なぜか喫茶店・ファストフード店に入る機会の多かった日でした。

 1軒目:昼食のためカフェ・コロラドへ アイスコーヒーとサンドイッチを注文
  サンドイッチに塗られていたマヨネーズが美味かったです。

 2軒目:時間調整&休憩のためにマクドナルドへ コカコーラのLサイズを注文
  ここのマックは電源が利用可能なので、PC充電などで重宝しています。

 3軒目:待ち合わせのためにPRONTOへ アイスコーヒーのMサイズを注文 
  PRONTOってビールやウイスキーなんかも置いてるんですね。知らなんだ。

 4軒目:打ち合わせのためにスタバへ オレンジジュースをおごってもらいました。
  この打ち合わせで、案件像がかなり、はっきり見えてきました。

 5軒目:時間調整のためにルノアールへ アイスティーを注文
  ルノアールは電源が利用可能なので、良く利用しますが、
  ここは地下なので、イーモバイルでネットに接続できないのが残念。

 書いてて気づいたのだけれど、冷たいものしか注文していない。。。
 冷たいものの摂り過ぎで、お腹をこわすことのないよう、気をつけなければなりません。
 暑い夏もあと少し。さらにはインフルエンザの流行も。体調に留意して過ごさないと。
posted by 熱血感動型 at 08:05| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

参加

 昨夜は独立開業研究会の暑気払いに参加してきました。
 (研究会自体は開催されませんでした)

 毎月第3水曜日に行われるこの研究会は、
 独立を目指す診断士や、独立間もない診断士が集い、
 諸先輩のお話を伺ったり、意見交換や情報収集を行うことができます。

 かくいう私も、企業内診断士時代に、何度かこの研究会に出席し、
 様々な独立診断士のお話を聞かせていただきました。
 
 平日夜に行われるので、翌日の早朝から動かなければならない日は、
 ホテルをとって参加したこともあります。

 この研究会の存在も、私が独立できたひとつの要因だと思います。

 独立後は大学の講義を行っている関係で、日程があわず、
 研究会自体には、数ヶ月間参加できていませんでした。
 
 昨夜、久々に研究会の皆さんにお会いし、
 また、色々な気づきを得ることができました。

 この研究会から、私は得てばかりで、
 私から与えることが出来ていないことが、ちと心苦しいのです。 
posted by 熱血感動型 at 11:53| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

懸命

51hoaWYSmYL__SS500_.jpg魂の中小企業  中島 隆著  朝日新聞出版

 先日、たまたま書店で手にしたところ、中小企業の社長を理解する上で
 非常に有用だと判断したので、買ってきました。

 資料づくり・原稿作成に追われているにも拘らず、昨日一気に読んでしまいました。

 内容は、実在する中小企業を取り上げ、
 どのようにして困難を乗り越えてきたかを紹介する構成になっています。
 日本でいちばん大切にしたい会社と似ている感じがしました。

 ちなみに「日本でいちばん大切にしたい会社」に掲載されていた、
 日本理化学工業、中村ブレイスといった会社も紹介されていました。

 で、感想。
 中小企業の経営者は、事業に命を懸けていることが、身に染みました。
 「懸命」とは「命」を「懸」けるんですね。

 「会社が窮地に陥ったら、社長夫人はまず、社長の生命保険を解約すること」
 本書では、こういった趣旨の文章が出てきます。
 社長は会社を救うため、生命保険金を当てにして、自殺しようとするからです。
 
 また、あるコンサルが、業績が上がらない理由を
 その中小企業のせいにして、逃げを打ったという話も出てました。
 実際はそうではないかも知れません。しかし、そのように受け取らせてしまった点で、
 当該コンサルはアウトのように思います。

 診断士として活動していく上で、非常に有用な本でした。

 あえて注文をつけるなら、一つ一つの企業をもっと深掘りして欲しかった。
posted by 熱血感動型 at 08:31| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

傾聴

 帰省中は、忙しさにかまけ、ジョギングが出来ず、
 そして、帰省後は、帰省中の疲れを癒すため、ジョギングは控えていました。

 ようやく疲れも抜け、今朝4時過ぎに8日ぶりのジョギングに出かけました。

 ブランクがあった割には、快適に走ることができていました。
 しかし、走り出して10分後、トイレに行きたくなり、
 24時間営業のコンビニに、文字通り駆け込みました。

 店員さんに声をかけると、快くトイレを貸してくれました。
 以前も、別のコンビニで、深夜帯にトイレを借りましたが、
 そこも快く貸してくれました。

 一昔前、24時間店舗の深夜帯は、
 アルバイトの友人がたむろしていたりして、
 あまり良いイメージがありませんでした。

 しかし、最近は良い意味でずいぶん様子が違います。

 かくいう私も、24時間店舗を任されていたときには、
 やっぱり深夜帯のアルバイトさんの扱いに困っていました。
 
 あの頃は、深夜帯のアルバイトさんの声を汲み上げる事に対し、
 意識が薄かったと思います。
 
 H17事例Tで「声なき声」というフレーズがありましたが、
 「声なき声」を傾聴していれば、状況も変わったろうにと思いながら、
 今日は久々のジョギングを終えました。
posted by 熱血感動型 at 11:59| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

空間

 我が家では、夏の旅行・帰省は、新幹線や飛行機を使わず、
 自家用車で移動することにしています。

 一番の理由は、
 閉ざされた空間を家族4人で共有することで、連帯感が強化されるためです。

 新幹線や飛行機では、家族だけの空間を共有することができません。
 また、話の内容も周囲を意識したものになりがちです。

 自宅では、各々がテレビやゲーム、家事、仕事に没頭しており、
 自宅という空間は共有しているものの、
 全員が一つの話題で盛り上がることもありません。

 自家用車の車内という、狭く閉ざされた空間の中で、
 家族4人が数時間過ごすことにより、
 普段、あまり聞けない話がポッと出てきたりして、相互理解が進みます。

 特に、中1の長男坊は普段、家ではあまり話をしませんが、
 車内では徐々に口数が多くなってきます。
 今回の車内では、おもむろに「お父さん、独立して儲かってるの?」
 と聞いてきました。

 我が家では月1回、西武ドームで野球観戦をしますが、
 行くたびに、長男坊は担任の先生に試合結果の報告をしているそうです。
 先生にとっては、野球観戦はお金がかかるというイメージがあるようで、
 月1回、西武ドームに足を運ぶ熱血家は、
 裕福な家庭だというイメージをもっているそうです。

 そこで、先生は長男坊に、父親の職業を聞いたそうです。
 「自営の中小企業診断士」と答えたところ、ぶっ飛ぶほど(長男談)驚いたそうです。

 あらためて、長男坊は診断士という資格の凄さを認識するとともに、
 そんなぶっ飛ぶような資格を持っていて、なぜ小遣いが上がらないのか、という
 かねてから抱いていた、疑問をぶつけてきました。

 こういう疑問から逃れられないのも、密閉空間のメリット・デメリットだと思います。。。
posted by 熱血感動型 at 11:54| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

意識

 昨日、12時間かけて実家から帰ってきました。

 Uターンラッシュの大渋滞を懸念してましたが、
 車が進まないというケースはほとんどなく、
 思ったほど到着が遅くならなくて、良かったです。

 土日祭日、そしてお盆期間も稼ぎ時の前職では、
 この時期に帰省することなど、あり得ないことでした。

 独立した今年は、業務の都合上、中小企業に合わせて
 お盆期間に休むことにしました。
 お盆期間の大渋滞は、いつも他人事でしたが、
 今回、自分が当事者になってしまいました。

 また、これまでの私にとっては、癌も他人事でした。
 芸能人が癌で亡くなったことをニュースで知ったり、
 癌との闘病生活のドキュメント番組などを見たりしてきましたが、
 私にとっては縁の薄いものだと思っていました。
 しかし、父親が癌だと知って、一気に癌が身近なものになってしまいました。

 講師をしている際も感じますが、
 講義内容を他人事と捉えず、当事者意識を持っている受講生は、
 当然に聞く姿勢も熱心だし、質問もします。
 もっとも、当事者意識を持たせるような講義をする必要もあるわけですが。

 事例の添削をする際も感じますが、
 事例を他人事と捉えず、当事者意識を持っている受講生が書いた答案は、
 事例企業の社長が読むことを意識しています。
 当然に解答の字が丁寧ですし、専門用語てんこもりではなく、与件に則した
 現実的な解決策を述べています。
 
 診断士試験の合否を分ける要因は、この当事者意識じゃないかな、
 と最近思っています。
posted by 熱血感動型 at 07:45| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

祖父

 埼玉の自宅から、北へ800km離れた実家へ来ています。

 8月11日(月)に現地入りしましたが、いやぁ、涼しい。
 というか、寒い。。。

 帰省先でもブログの更新や、メールの返信ができるように、
 PCを持って来ましたが、ブログを更新する時間がなかなかとれず、
 帰省してから4日目の今日、ようやく更新できました。
 (メールの返信は何とか、実施できています)

 今回の帰省は、単なる帰省ではなく、
 先日、がんの告知を受けた父親に会うことが大きな目的でした。

 とはいえ、帰省すれば、親戚や、祖先(の墓)、旧友、恩師等など
 色々な人と会いたいのも事実です。
 結果、スケジュールがビッチリとなってしまいました。
 仕事のほうも、こうありたいな、と思いますが。

 昨日は、実家から車で2時間かけて、祖父のお墓参りに行ってきました。
 実は、お墓参りは、かなり久しぶりだったりします。
 で、不思議なもので、お墓参りに行った後に、立て続けに仕事が3本入りました。
 祖父が喜んで、仕事をもってきてくれた気がしてなりません。

 この話を聞いた私の弟いわく
 「じゃ、仕事がないときは、お墓参りに来ればいいじゃん」

 そんな簡単なものでもないと思うけど。
posted by 熱血感動型 at 07:23| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

出発

 昨日、本年度1次試験が終わりました。

 私が合格したH18年の1次試験終了後のことを思い出します。
 科目合格制が導入されたH18年の1次試験は、私にとって5回目の1次試験でした。
 2日目の7科目目「中小企業経営・政策」が終わり、全科目の合格を確信しました。
 帰宅のために、会場から駅へ向かう途中、不覚にも泣けてきたことが忘れられません。

 しかし、その後なかなか2次対策へのエンジンがかかりませんでした。
 「やっと終わった感」が体内に充満し、約2ヵ月後に控えた2次試験への
 取り組みになかなか本腰が入りませんでした。

 それまで我慢していた晩酌も始めるようになり、妻から
 「2次試験の合格はもう、諦めたの?」と問われる始末でした。

 1次試験はあくまでも通過点といいますが、
 私にとってはあまりにも大きい通過点で、ヘロヘロになっていました。

 ようやく2次対策に本腰を入れることができたのは、1次本試験終了後、
 1週間ほどが経過してからだと思います。

 結果、この年の2次試験は不合格だったのですが、
 私の場合、1次本試験後、すぐに本腰を入れて2次対策をしたとしても、
 結果は変わらなかったと思います。
 
 ものの見方・考え方が、1次試験よりも大きく影響するのが、2次試験です。
 つまり、勉強量や気合が合格の大きなファクターではない、ということです。
 
 1次本試験が終わり、間髪を入れず2次対策が出来る方は、
 2次本試験へ向けて、猛進して欲しいと思います。

 しかし、それがなかなか困難な人は、ここで一度じっくり休み、
 2次対策へのエネルギーを蓄えても良い時期なのかもしれません。

 人それぞれ、2次への出発の仕方があるはずです。

 一番大事なのは、中途半端な精神状態で勉強をしないことだと思います。
 勉強をするときはしっかりする、勉強をしないときはきっちり休む、
 こんな割り切り、メリハリが合格に大きく役立つのだと思います。
posted by 熱血感動型 at 07:58| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

父親

 今朝は5:00に起床して、ジョギングに出かけました。

 最近、走行ペースが落ちています。
 以前は、5kmを30分で走ることができていましたが、
 最近は、35分前後かかるようになりました。

 準備運動を終えて走り出すと、すぐに胸が苦しくなってくるのです
 かといって、病的なものは感じないので、モタモタと走る日々が続いていました。

 今日も、そのような状態で、5kmを35分かけて走りました。
 その後シャワーを浴び、新聞を読んでいたら、強烈な眠気に襲われました。

 横になり、気がつくと、先日前立腺がんの告知を受けた父親がいました。
 夢の中の父親は、淡々と私に話しかけています。しかし、その瞳は濡れていました。

 父親の瞳が「無理するなよ、体に気をつけろよ」と語っていました。

 ちょっと最近、オーバーワーク気味だったかもしれません。
 自分では感じていませんでしたが、体がシグナルを送っていたのだと思います。
 そして、そのことに気付かない私に、父親がアドバイスをしに来てくれたのだと思います。

 体調を整えて、明後日からの片道800kmの帰省に備えようと思います。
posted by 熱血感動型 at 10:28| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

初日

 いよいよ一次試験初日を迎えました。

 学習の仕上がりがどうであれ、迎えちゃったものは仕方がありません。
 現在のご自身が保有する実力を、完全に出し切ってくるだけです。
 言い換えれば、実力を出し切れなくする要因をつぶすことに心を砕きましょう。
 
 実力を出し切れなくする要因のひとつとして、
 難問にかかわりすぎた結果、時間を足りなくしてしまうことが挙げられます。

 学習をしっかりやってきて、模試でも点数が高かったりすると、
 この罠に陥りやすいはずです。事実、私もそうでしたし。
 結構自信があるので、多少難しくても、その問題を飛ばせない。
 どうしても難問を解こうと、かかわってしまい、気がつくと残り時間わずか。

 こんな愚を避けるため、難問と出会ったら、後回しにして、
 易問をしっかりとっていきましょう。
 受験の目的は難問を正解することではなく、合格することです。

 本試験初日が終わって、宿泊先もしくは自宅に帰ってきたら、
 明日の準備をするわけですが、今日の自己採点をどうするか、という問題があります。

 今日の点数が気になって気になって、集中力が削がれ、
 明日の準備に支障をきたすなら、自己採点はしてもいいでしょう。
 ただし、採点結果にガックリきて、明日の準備をする気を削がれるリスクもありますから、
 メリット・デメリットに留意した上で、自己採点するかどうか決めてください。
 
 私は一度、このデメリットを体験してから、
 一次試験初日の自己採点はしないようにしました。

 いずれにせよ、スタートダッシュや立ち上がりというものは非常に大事ですから、
 初日は、地に足をつけて、しっかりと過ごしたいところです。
posted by 熱血感動型 at 07:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。