2009年08月04日

日傘

 昨夜、晩酌しながら日経の夕刊を読んでました。
 何ページかめくると「男も日傘でUVカット」という見出しの記事がありました。

 ブラジャーをつける男性が増えている昨今(個人的には抵抗があります)、
 日傘をさす男がいても全然不思議じゃないよな、と思いつつ記事を読み進めました。

 記事には、
 「中小企業診断士、庵谷賢一さん(28)が日傘を持ち始めたのは1年前。・・・」
 とありました。

 は?イオリンじゃん。
 (「庵谷」と書いて「いおりたに」と読みますので、僕らは「イオリン」と読んでます。)
 日傘をさしている写真まで掲載されてるし。

 詳しい記事はご本人のブログから。
 http://blog.livedoor.jp/ioriori/archives/51972795.html
 
 イオリンは、このブログでも何度か紹介した中小企業政策研究会の、
 研修コンテンツ開発チームで一緒のメンバーです。

 新聞に掲載されるなんて、すごいなぁ、イオリン。

 ちなみに、うちの家族は「庵谷」を「アンタニ」と読んでました。
 記事中にふりがなが必要でしたな、日経さん。

 ところで、男性の日傘ですが、
 紫外線カットや涼しさの確保といった効用は、当然にあるでしょう。
 あとは、日傘をさす男性の納得度を如何に上げ、
 抵抗感を如何に下げるか、ですよね。

 そこには、日傘は女がさすもの、という文化があります。

 スカートを履くとスースーして涼しい、といいますが、
 スカートは女性が履くものという文化がある以上、
 うだるような夏の日も、男性はスカートを履くことはありません。
 (一部例外除く)

 こういった文化を変えていくことは、時間も労力もかかることなんだと思います。
 そんな中、日傘をさして歩く診断士は、企業経営だけでなく、
 日本の文化も変えていくかもしれません。


posted by 熱血感動型 at 07:40| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。