2009年08月17日

空間

 我が家では、夏の旅行・帰省は、新幹線や飛行機を使わず、
 自家用車で移動することにしています。

 一番の理由は、
 閉ざされた空間を家族4人で共有することで、連帯感が強化されるためです。

 新幹線や飛行機では、家族だけの空間を共有することができません。
 また、話の内容も周囲を意識したものになりがちです。

 自宅では、各々がテレビやゲーム、家事、仕事に没頭しており、
 自宅という空間は共有しているものの、
 全員が一つの話題で盛り上がることもありません。

 自家用車の車内という、狭く閉ざされた空間の中で、
 家族4人が数時間過ごすことにより、
 普段、あまり聞けない話がポッと出てきたりして、相互理解が進みます。

 特に、中1の長男坊は普段、家ではあまり話をしませんが、
 車内では徐々に口数が多くなってきます。
 今回の車内では、おもむろに「お父さん、独立して儲かってるの?」
 と聞いてきました。

 我が家では月1回、西武ドームで野球観戦をしますが、
 行くたびに、長男坊は担任の先生に試合結果の報告をしているそうです。
 先生にとっては、野球観戦はお金がかかるというイメージがあるようで、
 月1回、西武ドームに足を運ぶ熱血家は、
 裕福な家庭だというイメージをもっているそうです。

 そこで、先生は長男坊に、父親の職業を聞いたそうです。
 「自営の中小企業診断士」と答えたところ、ぶっ飛ぶほど(長男談)驚いたそうです。

 あらためて、長男坊は診断士という資格の凄さを認識するとともに、
 そんなぶっ飛ぶような資格を持っていて、なぜ小遣いが上がらないのか、という
 かねてから抱いていた、疑問をぶつけてきました。

 こういう疑問から逃れられないのも、密閉空間のメリット・デメリットだと思います。。。


posted by 熱血感動型 at 11:54| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。