2009年08月23日

風貌

 外出時にPCを持ち歩くことが、個人的に必須となった今、 
 日本エイサー社製のASPIRE oneというPCとうかネットブックを持ち歩いています。

 2年間のインターネット接続契約をすると、PC自体が無料になる、
 いわゆるゼロ円PCというやつです。
 過去のブログ記事をひも解くと、今年の3月30日に契約を結んで、
 当日から使い始めたので、かれこれ5か月が経過しようとしています。

 重量は軽いし、バッテリーもそこそこもつし、動作速度も遅くはないし、
 外出先で使用するには、ほとんど問題なく使えています。
 あえていうなら、地下鉄の車内でネットにつなげないこと、画面が小さいことが
 難点ですが、総合的にかなり利便性が高いです。

 いったん、利便性を享受してしまうと、
 さらなる利便性を追求したくなるのが、人間の悲しい(?)性というものでしょうか、
 最近、バッテリーのもちが気になるようになりました。

 このPC、フル充電でバッテリーが約1.5時間もちます。
 なので、自宅から移動先までの車中でPCを使うと、
 移動先で充電をする必要に迫られることが、多々ありました。

 電源を貸してくれるお店がすぐに見つかればよいのですが、
 なかなか見つからず、充電できない場合、持ち歩いているPCは
 ただの荷物と化してしまいます。
 (こうなった場合、PCの重量って滅茶苦茶重く感じるんですよね)

 で、以前、研究会の先輩に教えてもらったことを思い出しました。
 それは、当該PCには別売りで4時間ほどもつバッテリーが販売されている、ということ。
 早速注文したところ、昨日到着しました。

 到着した新しいバッテリーは、やや大きく、旧バッテリーから付け替えると、
 プリンプリン物語のルチ将軍を彷彿させる風貌となりました。

 旧バッテリー装着時     新バッテリー装着時
 090823_1145~01.jpg090823_1144~01.jpg

 バッテリー自体の重量が若干増しましたが、
 外出時に、電源を貸してくれるお店を探す手間がかなり省けます。
 バッテリーも大きくなりましたが、得られるメリットはそれ以上に大きいです。


posted by 熱血感動型 at 12:05| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。