2009年09月02日

図式

 昨日、中1の長男と、小5の次男はそろって2学期の始業式を迎えました。

 (久々に友達と会う)+(午前中で下校)+(部活なし)=友達と遊ぶ

 上記図式がしっかり確立され、
 まず、次男が友達数名を我が家に連れてきました。
 続いて、長男も友達数名を我が家に連れてきました。

 狭い我が家は、大賑わい。。。
 こういう日に限って、私は自宅で仕事をしていたりします。

 あまりの賑わいが、私の集中力を奪い始めたので、
 図書館に移動して仕事をすることにしました。

 受験生時代、週1〜2回の休日は必ずといっていいほど、図書館で勉強してました。
 そして、ここで最後に勉強したのは、H19年の2次試験前日でした。

 図書館には、相当数の机がありますが、
 当時使っていた「6」の番号のついた机を陣取りました。
 この机の椅子に当時ついていた傷が、今も変わらず残っていました。
 ロッカーも、休憩所も、自販機も、全て当時のままでした。
 懐かしさを感じつつ、自宅でやっていた仕事の続きを始めました。
 

 すっごく仕事がはかどりました!

 周囲の人々が集中しているから、自分もその空気に引きずられ、
 集中できるのでしょうか。
 受験生時代に図書館を使っていたのは、時間がとれる休日に、
 自宅で勉強していると、効率が落ちることが多かったからです。

 なのに、診断士になったら、そして独立したら、なぜか図書館を使わなくなり、
 自宅で仕事をするようになっていました。振り返ると効率は良くなかったと思います。

 (診断士試験合格)=(図書館からの卒業)

 上記図式が私の中で、勝手に出来上がっていたのかもしれません。

 今後、自宅で仕事をする場合、図書館をフル活用していこうと思ったのは、
 いうまでもありません。

 これ以外にも、自分の中で勝手に思考・行動の図式ができていて、
 受験生時代に培った良い習慣のうち、忘れているものが更にあるかもしれません。


posted by 熱血感動型 at 05:32| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。