2009年09月03日

更新

 昨日は、先輩診断士Aさんと、さし飲みをしました。

 Aさんは、受験生時代から、このブログの熱心な読者だったそうで、
 それが縁で、色々と情報交換をしています。
 仕事を紹介していただいたこともあり、大変お世話になっている方の一人です。

 こういう縁があるたびに「たかがブログ、されどブログ」を痛感します。

 実際、私が試験に合格したのは、このブログを通じて人脈が構築でき、
 その人脈により、様々な勉強のアドバイスを得ることができたから、だと思います。
 同様に、私が診断士として独立したのも、
 このブログを通じて構築した人脈を通じ、仕事をしていきたいと思ったからです。

 もともと、人脈の構築を狙って立ち上げたブログではないですし、
 当初は、人脈が構築出来るとも思っていませんでした。
 ですから、試験合格に対しても、独立に対しても、
 このブログが寄与したことは、結果論です。
 
 よく、「ブログを毎日更新し続けているのはすごい」と言われますが、
 一時、ひと月以上更新しなかったこともありましたので、すごくはありません。
 ですから、私自身、ブログを更新できない・したくない気持ちも分かっているつもりです。

 人の住んでいない家は、いくら立派でも放っておくと廃屋となりますが、
 人の住んでいる家は、いくら古くても、住み家として活き続けます。
 ブログを自身の活動に活かそうとするのであれば、
 毎日更新することが大事じゃないかな、と思うのです。
 更新という手段でブログを使わないと、ブログが廃屋になってしまう、ということです。

 さすがに、書くことが無い日もあります。
 でもブログを活かそうとするのなら、内容はともかく何とか書けるものです。

 記事の内容が浅はかでも、更新の量で勝負する考え方もあります。
 記事の質より、更新の量を重視するスタンスの中、
 記事の質が若干上がり、更新の量が変わらなければ、総合的な質が上がります。

 2次試験対策として行う事例演習は、質より量か・量より質か、
 という議論と似ているかもしれません。


posted by 熱血感動型 at 08:53| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。