2009年09月18日

隠蔽

 パーソナルパワーが、明らかに自身より上回っている人と接すると、気遅れします。
 問題は、気遅れすることではなく、そのことで顧客満足が得られなくなることです。

 昨日の午前中に行った、支援企業での提案&打ち合せで、
 この問題が発生しそうになりました。

 同席した支援先の経営陣と私の先輩は、
 常々、パーソナルパワーが私より上だと感じていました。
 昨日の私は、気遅れしてしまい、話の仕方が一方通行気味となりました。
 話の途中、先輩のフォローで気づきました。

 気遅れを隠そうとすると、「自分が何を話すか」にフォーカスしてしまい、
 「相手にどう伝えるか」の視点がなくなってきます。
 話す「コト」を重視し、聞く「ヒト」を軽視しがちになります。

 これは、講義などをする際もありがちで、緊張を隠そうとすると、
 同様のことが起きてきます。
 最近は、自分なりに緊張とうまく付き合えるようになり、
 緊張している自分を認識しながら、
 「聴衆にどう伝えるか」の視点で話すことができるようになってきました。

 気遅れに関してもも同様で、気遅れを隠すのではなく、
 気遅れとうまく付き合うことが必要だと思います。
 そのためには、自分が気遅れしていることを、まずはその場で認識しないといけません。
 隠すのではなく認識することで、第三者の視点で物事を観ることができると思います。

 何につけ、隠蔽は良いことをもたらさないものです。

 ちなみに、提案&打ち合せが終わった後、
 先輩に「今回は助かりました」と言われたことが唯一の救いでした。


posted by 熱血感動型 at 08:51| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。