2009年11月06日

損得

神様のカルテ.jpg 
 神様のカルテ 夏川章介著 小学館刊

 
 先日、買い物に行ったときに、
 あと千円ほど買い物をすると、駐車場の料金が無料になるので、
 東野圭吾の新刊を買おうと本屋に入ったところ、この本が平台にありました。
 
 日経新聞に、この本の広告があり、
 題名に惹かれたことを思い出し、東野圭吾の新刊と一緒に購入してしまいました。
 
 駐車場の料金は無料になったけれど、得したのか損したのか、ちょっと微妙です。

 
 この本、心が温まる内容でした。
 現役の医師が著者ということもあり、
 医療現場の殺人的忙しさがリアルに描かれているものの、
 この本全体に流れている空気は、ゆったりとした温かいものでした。


 面白いというよりは、ホッとさせる本です。

 
 この本のおかげでリラックスできたので、得したと思うことにします。


posted by 熱血感動型 at 07:29| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

BJ

 昨夜、リビングのTVチャンネル権を子どもに奪われてしまったので;
 自室でグラス片手に、プロ野球日本シリーズを観ていました。

 攻守交代のCM時、何の気なしに書棚を眺めていると、
 手塚治虫先生の名作「ブラックジャック」が目に留まりました。

 学生時代から何度か読み返してきた名作ですが、
 ここ数年は、とんと読むことがありませんでした。

 「ブラックジャック」全巻のうち、数巻を書棚から抜き取ると、
 本の上に埃がたまっていました。

 埃を払い、テレビを観るともなく、パラパラと本を眺めていましたが、
 気がつくと、日本シリーズそっちのけでブラックジャックに没頭している自分がいました。

 何といっても、ストーリー構成がいいです。
 また、そのストーリーから発せられるメッセージが秀逸です。

 グラス片手に、4冊ほど読んだら、えらく酔っ払ってしまいました。

 漫画、侮るなかれ、ですな。
posted by 熱血感動型 at 10:15| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

相応

 先日行われた2次試験の問題を見る機会がありました。
 私なりに感想を述べてみようと思い、先ほどブログに書き始めましたが、
 変に受験生を混乱させる気がして、消してしまいました。

 さて、何を書こうか、ということで、
 今朝の2日ぶりのジョギングのことを書こうとしました。
 しかし、どうもしっくりきません。消去。

 ふと、PCの横に、いつも使っているシステム手帳があることに気付きました。
 そういえば先日、池袋に行った際、Loftで来年の手帳(の中身)を買いました。

 私が使っているシステム手帳は、10年前に買ったものなので
 かなり外装がくたびれてきています。

 Loftでは、システム手帳ごと買い換えようかとも思いました。
 どうせ買うならいいやつを、と思い品定めしましたが、
 数万円の手帳を持つには分不相応な気がして、中身だけを買うことにしました。

 独立して9カ月が経過しましたが、
 独立当初は、浮かれていた気持ちもあり、退職金もあり、ということで
 結構、分不相応な消費をしていた気がします。 
 ナンセンスですが、領収書をもらうことにステイタスを感じたりしていました。

 しかし、そんな浮かれた気持ちも退職金も、現実が徐々に消し去っていきます。
 最近、自営業者として、ようやく地に足がついてきた、そんな感じがします。

 若いうちは無鉄砲で怖いもの知らずなものですが、
 大人になるにつれて、着実な生き方に変わってくるようなものなのでしょう。

 地に足がつくようになると、怖いものは何か、ということが分かってきます。
 怖がるようになるのではなく、怖いものは何であるかが分かる、ということです。
 自営業の怖さ。少しずつ実感しています。
 
 2次試験の受験生についても、「得点を稼ぐ答案を書こう」という方と
 「失点を防ぐ答案を書こう」という方がいますが、後者に合格者が多い気がするのは、
 多分、私だけではないと思います。

 結婚も同様で、新婚時代はとにかく舞い上がるものですが、
 些細なことで喧嘩をすることもあります。
 結婚生活も時を重ねると、喧嘩もしなくなってきますが、
 それは仲が良くなったというよりは、お互いの、もしくは男女間のタブーを知るなど
 付き合い方が分かってきて、地に足のついた生活を送ることが出来るようになる、
 ということだと思います。
 それを「マンネリ」という向きもあるけれど。
posted by 熱血感動型 at 11:13| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

経験

 私の息子が幼少の頃、親子そろってよくNHK「みんなのうた」を観ていました。
 ちょうど「だんご三兄弟」が流行っていた頃です。

 息子の成長とともに、私もNHKの子供番組を観ることが少なくなり、
 昨今では、NHKを観るのはニュースか高校野球といった状態でした。

 そんな中、最近「みんなのうた」からCrystal Childrenという
 ヒット曲が生まれたんだそうです。
 昨日参加したイベントのオープニングでは、この歌を歌う子どもユニット
 クリスタルズが登場し、この歌をダンスとともに披露してくれました。

 歌詞のメッセージ性なのか、彼らの躍動感なのか、ひたむきさなのか、
 なぜ、ここまで彼らに惹きつけられるのか、自分でも説明がつきません。
 とにかく圧倒されました。

 

 なぜか涙が出そうになりました。

 その後、原田隆史氏の基調講演がありました。
 幼少の頃の体験談、教師になってからの苦労談。
 これらが、一つの線となってつながっていく話の構成もさることながら、
 経験してきた者のみが発することのできる、雰囲気に圧倒されました。

 これまで生きてきた中での経験は、自分しかできなかった経験です。
 そんな自分だけの財産を、他人のために活かそうとしたときに、
 他人は心を動かされるのだろうと思いました。
posted by 熱血感動型 at 14:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

再訪

 昨日の15:30。私は池袋の雑居ビル3Fにある中華料理店に居りました。
 目の前には、ビールとおつまみ、そしてReiパパさん。

 明るいうちから飲み始めるのは、ライオンズのデーゲームを観るとき以来です。

 昨日15:00までは、某企業への提言発表会に参加し、
 Reiパパさんを含めたお二方の発表を聞いてました。

 発表と質疑応答が終わった後、
 Reiパパさんとビールでも飲みながら話をしよう、ということになり、
 たまたまこの中華料理店に入りました。

 15:00過ぎという、昼食には遅すぎ、
 夕食・お酒を飲るには早すぎる、中途半端な時間帯。
 この時間帯のみ、営業をしない飲食店もよく見かけます。
 この中華料理店も例にたがわずガラガラでした。
 それほど広くない店内に、お客さんは私たちひと組のみ。

 テーブルにつき、メニューを広げます。
 品数の豊富さにちょっとびっくりしつつも、実はそんなにお腹は空いていない。
 そんなニーズを見透かしていたかのように、おつまみ系も充実していました。

 さらに何といってもリーズナブル。
 昨日は、チャーシュー、ザーサイ、茹でピーナッツ、きゅうりの漬物を
 注文しましたが、全部1品300円。
 盛り付け量は少なくない上に、美味い。特に茹でピーナッツが気に入りました。
 今度は、他の料理も食してみたいと思います。

 雑居ビルの中に、こじんまりと存在しているので、隠れ家的な雰囲気ですが、
 ぐるなびの口コミを見ると、リピーターは多そうです。

 私の頭の中にある「再訪したい飲食店リスト」が1軒増えたことは、
 言うまでもありません。中華料理 天恵というお店。お勧めです。
posted by 熱血感動型 at 07:42| 埼玉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。