2009年12月01日

訪問

 昨日は、講師登録をしているコンサル会社に訪問してきました。

 こちらのセミナー事業部長とは受験生時代にブログを通じて知り合いました。
 彼はストレート合格し、診断士として私より先にデビューしましたが、
 昨年、私も診断士に登録できたので、こちらの会社に講師登録をしていただきました。

 その後、何度か商工会議所で話す機会をいただいています。

 久々にお会いしてお話ししましたが、相変わらずパワフルかつ
 経験に裏打ちされたアドバイスをいただいてきました。

 「自身の師匠を持つこと」
 これにより、師匠だったらどう判断するのか?を考えることが出来、
 自身の考え方のブレが無くなってくる。それを通じて自分の軸を作ることが出来る。

 「ヒットするセミナーを作ること」
 聴き上手研修だったら、その打ち出し方も考えないといけない。
 聴き上手になって何を得ることができるのか。
 それは、経営においてどのようなメリットがあるのか、を踏まえて
 セミナーの打ち出し方を考えてみる。

 「体感ワークの意義をしっかり理解してもらうこと」
 セミナーでは受講生同士のワークが盛り込まれますが、
 これを嫌う受講生が参加していることもよくあります。かくいう私も苦手でした。
 以下は、他の先輩コンサルから聞いたのですが、
 受講生が知識を得たいのなら、本を読めばいいのです。
 時間を作ってセミナーに来てくれた受講生にお得感を感じてもらうには、
 「場」のメリットをお持ち帰りしてほしい。
 それは講師のオーラだったり、言葉の熱さを感じてもらうことだけではなく、
 同じ受講生同士から学びあうことも「場」のメリットであるわけです。
 そのことをしっかり説明せず、単純にワークを用意し、やってもらうだけでは、
 拒否反応を示す受講生が発生し、満足度が下がってしまう。 
 
 昨日はこんなことを学んできました。今後の活動において非常に参考になりました。


posted by 熱血感動型 at 11:58| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。