2009年12月11日

狭間

 「情報発信したいからブログを書きたい!」という内なる声と
 「時間が無いくせにブログを書いてていいのか?」という内なる声。
 両方の狭間で揺れる日が続きます。

 私としては、長年続けることができたブログですし、
 このブログのおかげで人脈が広がった結果、
 出版も講師も独立もできたと思っていますから、
 これからも日常を綴っていきたいと思います。
 さらに、1日平均1,000アクセスという読者の方々に、
 応えたていきたいという気持ちもあります。

 反面、ブログの更新をすることで、一定の時間は取られてしまうので、
 抱えている仕事の完成がその分、後ろにズレることとなります。
 もしくはその仕事に費やす時間が、短くなります。
 
 このトレードオフの関係を目の当たりにして、揺れるんですよね。

 これは受験生時代にも感じていたことで、
 ブログを書けばコメントが入って、勉強のモチベーションが上がるメリットがありましたが、
 ブログを書く時間を費やす分、勉強時間が削られてしまいます。

 以下は、私が診断士試験に合格するまでの年度ごとのブログの更新回数です。

 H16(2004)年→263回(4月からブログ開始)
 H17(2005)年→354回
 H18(2006)年→141回
 H19(2007)年→ 85回

 H17(2005)年をピークに、年度ごとに更新回数が減っていっています。
 つまり、受験年数が重なるにつれ、ブログでモチベーションを上げる必要性が薄れ、
 また、FSP宣言せずとも、早起きが当たり前にできるようになってきた、ということです。

 更新する時間の有無ではなく、ブログの更新をもって得たいものは何なのか。
 これを明確にすると、今、更新すべきか否かの判断がつきやすくなるのでしょう。

 さて、今日は2次筆記試験の合格発表ですね。
 合格者はスタート地点にようやく立てた、ということを強く認識してほしいと思います。
 私自身、合格して2年経ち、本当にそう思います。


posted by 熱血感動型 at 07:06| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。