2009年12月27日

行動

 昨日の午後は「笑顔のコーチング」ファシリテーター養成講座を受講してきました。
 講師は本間正人さん

 講座を通じて嬉しかったこと、びっくりしたこと、残念だったことが、
 それぞれありました。

 @嬉しかったこと
 本間先生の説明を挟みつつ、講座では、5人組でワークを行うパートがありました。
 私が所属するグループのメンバーには、小学5年生の女の子が1人おりました。
 (当講座は、小学生も参加可能なんだそうです)
 各自が、模擬ファシリテーターとしてエクササイズを行い、
 グループメンバーからフィードバックをいただきます。
 私のエクササイズに対する女の子の感想は、「本間先生と同じくらい上手だった」
 これは、かなり嬉しかったです。

 Aびっくりしたこと
 この講座の運営事務局に、元診断士受験生の方がいました。
 私も502教室のオフ会で、何回かお会いしたことがあります。
 声をかけたところ、「熱血さんですよね」と彼も私のことを覚えてくれていました。

 B残念だったこと
 2人組みでワークを行うパートがありました。このワークは上手くいかなかった。。。
 相性の問題もあるのだろうけれど、このような場合、どうすれば少しでも上手くいくのか
 考える良い機会にもなりました。

 人と接していると、嬉しいことも辛いこともありますが、
 嬉しいことも辛いことも、人との関わり合いを持っているからこそなんですよね。
 つまり、嬉しさも辛さも、能動的に活動した結果、だということです。
 これからも多くの人と関わるべく、アクションを起こしていきたいなぁ、と思いました。 


posted by 熱血感動型 at 07:24| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。