2010年01月16日

威力

 昨日は、午前10:00に支援先訪問の予定がありました。

 自宅から支援先までの移動時間は、2時間ほどなので、
 余裕を見て朝6:00過ぎに出発しました。
 やや早すぎる感もありますが、痛勤ラッシュを避けることで、
 電車内時間を有効活用(新聞や読書、PC作業)する目的がありました。
 現地には2時間ほど早く到着しますが、遅く着くよりはよっぽどいいわけで、
 近所のファミレスで仕事をしながら10:00を待つつもりでした。

 さて、昨日は有楽町線に乗り込んだわけですが、
 私が電車に乗り込んで、30分ほど経過した時点で突然、電車が停まりました。
 車内アナウンスでは、この先(市ヶ谷)で電車の安全確認をしているため、とのこと。
 
 数分後、電車は動き出します。
 しかし、前を走る電車との時間調整やら停止信号やらで、また停まる。
 さらに、また動くと、また停まる。
 池袋駅の1個手前の千川駅に停まったときに、車内アナウンスがありました。
 「この電車は回送電車とさせていただきます」

 次の池袋駅で降ろされるなら、他の電車への乗り換えが可能だったのですが、
 この千川駅は、有楽町線しか通っておらず、振替輸送は池袋までのバスのみ。
 もちろんバス停は長蛇の列。いつバスに乗ることができるか分かりません。

 こういうときに威力を発揮するのが、Twitterですね。
 「有楽町線」で検索すると続々と情報が流れてきます。
 ニュース速報とは比べ物になりません。
 Twitterで、有楽町線の復旧の見通しも立たず、
 池袋駅も混乱しており、他の路線も混雑しているとともに遅れている、
 ということが分かりました。

 ということで、支援先までタクシーで移動することにしました。
 が、タクシー乗り場が見当たらない。
 流しのタクシーを拾おうにも、ほとんどがお客さんを乗せています。
 私のように、さっきまで有楽町線に乗っていた人が、乗っていると思われます。

 やっとタクシーに乗りこむことができ、支援先に向かいました。ところが道路も混雑。 
 運転手さんいわく、昨日は15日という5・10日(ごとうび)。
 そして有楽町線の事故で、移動の代替手段をタクシーに求める人が多いため、
 混雑しているのではないかとのこと。

 結果的に、支援先に到着したのは約束時刻の30分遅れ。

 タクシー代7,550円も痛かったのだけれど、
 2時間近く時間に余裕を見ていたのに、先方への約束時刻に遅刻してしまい、
 ご迷惑をかけたことが、もっと痛いです。

 とはいえ、Twitterのおかげで被害は最小限に食い止められたと思います。
 多くの「つぶやき」が発揮する威力を実感しましたので、
 今後は私も積極的につぶやいていこうと思います。


posted by 熱血感動型 at 06:36| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。