2010年01月27日

長短

 昨夜、日経の夕刊を読んでいたところ、
 1面の「あすの話題」というコラムに目が留まりました。
 今日は、これを話題にしてみようかと思います。
 昨日のコラムは「失敗の効用」と題され、
 お茶の水女子大名誉教授、外山滋比古さんという方が書かれています。

 この方、入学試験を2回落ちたそうで、
 そのことに対し、恥ずかしい思いをしてきたということでした。
 それが年をとって、考え方が変わってきたそうです。

 いわく、失敗の経験はのちのち思わぬ力になる、ということが書かれており、
 これを「キズのあるリンゴはだてに甘いのではない」と比喩されておりました。

 とはいうものの、受験生は合格するために受験勉強をしているわけで、 
 受験期間の長短は、大きな問題であることは事実です。

 「また落ちた」というショック。そして翌年度の受験に費やす学費・時間の負担。
 私自身、ストレート合格の方を何度も羨み、
 6年の受験生活を経て、診断士になった後、2年が経過しようとしています。

 診断士になってしまうと、合格に何年費やしたかは、
 あまり大きな問題ではありません。
 ストレート合格だと仕事が多いとか、多年度合格だと仕事が少ない、
 ということも聞いたことがありません。
 診断士同士で名刺交換をする際も、何度受験したか、とうことが話題になることは
 ほとんどありません。

 問題は、診断士として何が出来るか、どんな専門性があるか、ということです。

 ですので、受験生の方においては、診断士になってからのことを
 イメージしつつ、受験勉強に取り組んでほしいな、と思います。
 このイメージが明確になると、より受験勉強へのモチベーションが上がり、
 合格に近づけるからです。


posted by 熱血感動型 at 08:28| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。