2010年03月31日

幸運

 昨日は西武ドームへ子供二人と出かけてきました。
 対戦カードは、埼玉西武ライオンズvs福岡ソフトバンクホークス。

 試合序盤に、ライオンズGG佐藤選手の今季初ホームランが飛び出しました。

 その後もライオンズが優勢に試合を進め、
 3番中島選手のタイムリーヒットで3点リード、
 先発の岸投手は7回1死までノーヒットピッチング。

 そんな中、当日観戦に来たライオンズのファンクラブ会員のうち
 「抽選で3名」に今季初ホームランを放った、GG佐藤選手の
 直筆サインプレゼント企画が発表されました。

 もちろん、私も子供二人もファンクラブ会員なので、
 プレゼントの対象とはなっていますが、昨日の観客数は約15,000人、
 うちライオンズのファンクラブ会員は半数は居るでしょうから、
 直筆サインのゲットは非常に狭き門です。

 さて、試合終盤に直筆サイン当選者の発表がされました。
 電光掲示板横に設置されている縦長6m強、横幅50m弱の
 巨大テレビ(アストロビジョンと呼ぶらしい)に
 3名のファンクラブ会員の会員番号と名前が発表されました。

 その3名のうちの一人が、なんとうちの長男坊。ビックリ。

 先日のマグロの落札といい、昨日の直筆サインゲットといい、 
 幸運な出来事が続いています。

 この流れを上手く活かして、どんどんと波に乗っていきたいものです。
posted by 熱血感動型 at 13:12| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

点検

 2次試験の勉強をしていたときに、熱血勉強会を主催していました。

 勉強会の開催日にあわせ、解くべき過去問を設定し、
 各々が自分なりに解いた解答を持ち寄って、
 他者の視点を学び合おうという内容で会を開催していました。

 いざ、勉強会でお互いの解答を見せ合って、議論をしていると、
 いかに自分の解答が正しく、他人の解答が間違っているか、という
 議論になりがちで、どうも楽しくありませんでした。

 その後、勉強会を解散した後に、ある受験校に通いました。

 そこは事例演習後に、その事例をもとにグループ討議を行います。
 熱血勉強会で失敗していた私が当時意識していたのは、
 人の意見は全て認めることでした。

 自分の中に正解があると考えると、他人にジャッジを下すことになります。
 しかし、他人の中にその人なりの正解があると考えると、認めることができます。

 そもそも、自分の意見を否定されて、良い気分になるわけがありません。

 先日、前職がらみでお付き合いしている方が、
 他人の意見を否定するシーンを目の当たりにしました。

 否定すべきは、人の意見ではなく、その傲慢さなのだ、
 ということにに気付いてほしいと切に思いました。

 と、ここまで書いて、自分は本当に他者の意見を認めているか、
 そして、傲慢ではないか、今一度、点検してみようと思いました;
posted by 熱血感動型 at 09:46| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

変更

 2008年夏に出版された「受験生最後の日3つのドキュメント」は、
 H17合格のオレユニさん、H18合格のぺパチェさん、H19合格の私、
 それぞれの2次試験当日のドキュメントを掲載した書籍です。

 2009年版には、
 H18合格のぺパチェさん、H19合格の私、H20合格のDぴょんさん、
 それぞれの2次試験当日のドキュメントを掲載しました。

 当初から懸念されていたのは、新年度版の3つのドキュメントのうち、
 2つは前年とほぼ同じものであり、これが読者に受け入れられるものなのか、
 というものでした。
 ただ、過去問集なども最新年度のみ更新されて発刊されているので、
 ドキュメントもそのスタイルで発刊しようということで、2009年版を刊行しましたが、
 2010年度版は大きくリニューアルすることになりました。

 大きな変更点は以下の3つです。
 @ドキュメントはH20・21の2つのみ掲載とする
 A昨年度板に掲載されているH20ドキュメントは新たな執筆者が書き下ろす
 B受験生とドキュメント執筆者のパネルディスカッションを行い、その様子を書き下ろす
 C書籍の題名を変える

 ちなみに、
 H20ドキュメントは、元ネイリスト診断士の方が執筆します。
 H21ドキュメントは、私の受験サポートを活用して合格を手にした方が執筆します。
 
 昨日は、この新たな執筆者のお二方と、受験生お二方、
 そして過去のドキュメント執筆陣が同友館さんに集まり、
 パネルディスカッションを実施しました。
 
 パネルディスカッションは同友館さんで録音していただきましたが、
 これを私が文章に起こし、編集するとともに、月刊企業診断に紹介記事を書きます。
 最近、何気に書く仕事が増えてきています。

 ちなみに今、「かくしごと」と入力し、変換したら
 「書く仕事」ではなく「隠し事」に変換され、ちょっと微妙な気分になったことは内緒です。
posted by 熱血感動型 at 11:11| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

心労

 先日、結婚式&披露宴の招待状をいただきました。
 慶事にお呼ばれされるのは、嬉しいものです。
 
 私が挙式をしたのは、15年前。
 私の父と、私の婚約者(今の妻ですね)の強い意向で、
 埼玉のガソリンスタンド運営会社を退職し、
 青森のガソリンスタンド運営会社に就職して3カ月後の挙式でした。

 退職した会社の方には、それまで大変お世話になったわけで、
 どなたをお呼びしようか、頭を悩ませました。
 できれば、皆さんをお呼びしたいのですが、式場まで片道800qあるわけで、
 肉体的にも金銭的にも時間的にも負担を強いてしまう点が、気がかりでした。

 また、転職先の会社の方には、これからお世話になるわけで、
 どなたにお世話になるのか、分かりません。
 どなたをお呼びしようか、頭を悩ませました。
 会社のキーマンと思しき方に相談し、
 その方のアドバイスに従って招待状を出したところ、
 社内の各方面から苦情が噴出し、対応に駆けずり回りました。

 結局、ご招待したのは230人となりました。

 そんなこんなで迎えた挙式当日に、
 会場係の方に言われたことで記憶に残っているのは
 「会場で新郎は一人で居てはいけません。
  必ず花嫁と一緒にいるようにしないと貸衣装屋さんと間違われかねません」
 という言葉です。とはいえ、当日の主役である花嫁は引っ張りだこで、
 彼女の後を追うのもみっともなく、振る舞いに一苦労でした。

 また、緊張で頭痛を起こしたにもかかわらず、
 披露宴、二次会でお酒を飲むものだから、さらに頭痛がひどくなりました。

 そして、挙式後まもなく、肺炎で入院する事態となりました。

 新郎の心労たるや、想像を絶するものがありますが、
 それもこれも今となっては良い思い出です。

 今回、招待してくださった、新郎・新婦も準備で大変だと思いますが、
 一生のうち、自分の挙式は何度も経験できないので、
 挙式までのプロセスを味わっていただきたいな、と思います。
posted by 熱血感動型 at 08:48| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

修行

 「苦しいこともあるだろう、言いたいこともあるだろう、
 不満なこともあるだろう、腹の立つこともあるだろう、
 泣きたいこともあるだろう。これを我慢するのが男の修行だ」

 山本五十六氏の名言のひとつです。

 昨日、私が以前いた会社を退職したばかりの元上司とお会いしてきました。
 退職理由ははっきりとは伺いませんでしたが、
 「色々あってさ」と目に涙をためて言う姿を拝見したときに、
 上の名言のうち「言いたいこともあるだろう」の部分が、
 その元上司の心境にぴったり合う気がしてなりませんでした。

 元上司も、私も、みんな、立場はどうあれ「男の修行」を積んでいくのだと思いました。

 さて、お世話になっている診断士の四ッ柳さんがセミナーを開催します。
 
 【シゴタノ!セミナー特別編
  副業・起業を目指す人のためのスタートアップ・ナビ(4/10)】
 自分の強みから、1人事業で副業・起業を行っていきたい方へのセミナー。
 事業の道しるべとなるガイド地図「スタートアップ・チャート」を
 完成させていきます。
 始める専門家、起業支援コンサルタント四ッ柳茂樹氏 と、
 続ける専門家、アルファブロガー大橋悦夫氏 によるセミナーです。
 https://55auto.biz/cyblog/touroku/start0410.htm

 3/31までに申し込むと受講料が半額になります。
 私も参加します。ご興味のある方は是非。
posted by 熱血感動型 at 15:35| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

価値

 昨夜は、独立開業研究会に参加してきました。
 私がこの研究会に初めて参加したのは、
 診断士に登録した2008(H20)年の6月でした。

 独立を目指す診断士や、独立して間もない診断士が大勢参加しており、
 参加当初は、みなさんのオープンなお人柄に圧倒された記憶があります。
 
 毎月第3水曜日の夜に開催されますが(今月は都合により第4水曜日)、
 その後、独立した私は、毎週水曜日の夕方に大学の講師活動が入るようになり、
 なかなか参加する機会に恵まれませんでした。

 研究会では、独立開業した先輩が、
 ご自身の独立までの経緯や、独立後の活動・考えを1時間ほど講演し、
 質疑応答、懇親会という流れで行われます。

 昨日は、502教室のnetplusさんが講演されました。
 以下、感想です。

 【話し方や組み立てについて】
 
 ・聴衆に手を挙げさせて、聴衆の属性を掴むとともに双方向の講演を組み立てる

 ・出来るだけ歯を見せる話し方で、笑顔に見える表情を作る
  (意図的かどうかは分かりません)
 
 ・話したいテーマに名言を引用して説得力を上げる

  例:独立するにあたり・・・
  「今日で自分の人生が終わるとしたら今日予定していたことは
   果たして実行するだろうか」
  「負け犬とは選択肢を持たない人間のことだ」
  「崖の先まで行かなければ360度の景色を見ることはできない」

  例:独立後の仕事に対する考え方
  「金銭を介さない便益移転は全て外部効果で片付けられている」
  (しかし、報酬以上の不可価値を仕事につけることで、外部効果が信用に転換する)

 【講演の内容について】
 
 ・仕事の報酬はP/Lに現れるが、仕事の信用はB/S(無形資産)に現れる
  無形資産がどれだけあるかを意識する

 ・仕事に対し、当事者意識を持つ

 ・他人に仕事を出すと二通りのパターンがある
  予想通りにきっちり仕事をする人と、予想以上の仕事をしてくれる人

 ・自分のバリューを確立させる
  過去にワクワクした経験があれば、それがあなたのバリューです

 気負うことなく普段通りに話すnetplusさんの講演、楽しく役に立ちました。
 そして、自分の仕事に対する姿勢を今一度見直す良い機会を得ることができました。
 果たして、自分は報酬以上の価値を与えているのか、常々問うていこうと思います。

 netplusさんはもちろん、主催の大幸経営さんにも感謝です。
posted by 熱血感動型 at 11:05| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

深夜

 昨夜は外CL主催のセミナーに参加してきました。

 行政書士の關口勝生さんに、
 人の心を掴むプロフィールの作り方を教えていただきました。

 私も多くの方と同じように、著書や名刺裏面にプロフィールを入れたり、
 セミナーの講師をする際に、プロフィールを紹介したりしていますが、
 どうもインパクトに欠ける気がしておりました。

 また、ブログのプロフィール欄も非常に貧弱で、
 私のことをよく知っている人ならともかく、
 初めてこのブログに訪問された方にとっては、
 コメントを残しにくいブログであろうという問題意識がありました。

 昨日のセミナーのワークでは、参加者が紙に書かれた70の質問に答え、
 自身の答えを隣の人に見てもらいます。
 隣の人から自分のウリになりそうなところをピックアップしてもらい、
 自分で気づかない自分のウリを掴んでいきます。
 それらをまとめて、自身のプロフィールとして打ち出していきます。

 ワークを通じ、そこそこ自分のプロフィールがまとまったので、
 セミナー後の懇親会から帰宅後、ブログのプロフィール欄の内容を変えてみましたが、
 いざブログでプロフィールをさらすとなると、文章を微修正したくなってきます。

 微修正を何度も繰り返し、気がつくと深夜2:00を回っていました。すると画面が
 「Seesaaブログメンテナンスのお知らせ 2:00~8:00まで」となっていまいました。
 それ以上の修正は朝8:00までできないので、寝ることにしました。
 
 学生時代は深夜2:00過ぎに寝るのが当たり前だったのですが、
 最近は、夜更かしをすると翌日がかなり辛く、今もかなり眠いです。

 Seesaaブログのメンテナンスが深夜2:00に開始されていなければ、
 もっと夜更かししていたと思うので、ラッキーだったかもしれません。
posted by 熱血感動型 at 12:59| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

真理

 私にとって、独立して仕事をする日々は、常に不安と相対する日々でした。
 「いつ仕事がなくなるか分からない」という不安です。

 それを払拭するために、
 高い品質の仕事をして、仕事を繰り返し得ようとしたり、
 色々な人と会って、新たな仕事を得ようとしたり、等など、取り組んでいるわけです。

 高い品質の仕事をするには、自身のスキルを向上させなければなりませんから、
 本を読んだり、研究会に出たり、セミナーに出たりするわけです。
 そのことは、色々な人との出会いも産み、新たな仕事に結びつくこともあるわけです。

 しかし、やっぱり「いつ仕事が無くなるか分からない」という不安は付きまといます。
 おそらく、サラリーマンに戻らない限り、
 その不安と向き合う日々は続くのだろう、と思います。

 昨日、たまたま目にしたイチロー選手の言葉。

 いつも、恐怖と不安と重圧を、抱えています。
 たのしいだけでは、プロの世界にはいられない。


 私の場合、サラリーマン時代の終盤には、業務に対する
 恐怖とか不安とか重圧というものは、さほど感じなくなってきていました。

 だからといって、それらを求めて独立したわけではありませんが、
 結果として、不安と向き合う日々が続いています。

 独立して、ひと様からお金をいただいて仕事をしている以上、プロです。
 恐怖と不安と重圧。それを抱え続けることがプロなんですね。
 考えてみれば当たり前なのかもしれないことに気付かされました。

 真理は平易な言葉の中にあるのだと思いました。
 やっぱりイチロー選手ってすごいなぁ。
posted by 熱血感動型 at 09:32| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

俺様

 我が家の二人の息子は、自分のことを「おれ」ではなく「おれさま」と名乗ります。
 特に次男坊は、「おれさま」と名乗る回数が多いです。

 何かことが上手くいくと「おれさま、天才だよね」といった感じです。

 「おれさま」と自分を持ちあげなければ、持ちあげてくれる人がいないから
 そんな名乗り方になるんだろうか。

 先日、日経でおれさまファンクラブというサイトを紹介していました。
 自分について、いくつかの質問を答えていくと、
 嘘の自分のファンクラブの掲示板が作成されるというサイトです。

 色々な嘘の書きこみがあり、削除履歴もあったりして、割とリアルです。

 で、私自身がやってみた結果がこちらです。
 読みながら笑ってしまいましたが、その後にふと空しくなったのは、 
 所詮バーチャルなファンクラブだからなんですよね。

 当たり前ですが、真のファンを獲得してこそ、心が満たされることを再認識しました。
posted by 熱血感動型 at 10:00| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

落札

 昨日は次男坊の誕生日でした。
 我が家の2人兄弟は誕生日が5日違い。
 2人の子供の誕生日を迎えると、春の到来を感じます。

 さて、次男坊の誕生日祝いということで、
 昨夜はちょっと高めな回転寿司店へ家族そろってでかけました。

 お店に到着したものの、人気店ですので、
 店内の順番待ちの列に並ぶことになりました。
 30分ほど経過し、いまだお寿司にありつけない中、
 マグロの解体ショーが始まりました。

 ちなみに、先日の日経新聞で、このお店を運営している会社が、
 自社でマグロを養殖していることを知りました。

 マグロの頭が胴体から切り離されました。
 重さにして30kg〜40kgあるそうです。

 お店の企画で、このマグロの頭がセリにかけられました。
 50円からスタートで、お客さん同士で値段をつり上げていきます。
 並んでいるお客さんも参加可能です。
 競り落とされたマグロの頭は、店内の板前さんがさばいて、
 お刺身や握り寿司にしてくれるんだそうです。

 さて、200円、500円、980円と値段がつり上がります。
 1,000円の声が上がったところで声が止まりましたが、
 1,100円まで上がりました。

 当初、傍観していた私ですが、おふざけ半分で、
 1,200円っ
 と言ったところ、落札してしまいましたっ!

 落札したマグロの頭↓
 maguro.jpg
 これを板前さんにさばいてもらい、
 ほほ肉の炙りの握りや、脳天のお刺身などにしてもらいました。
 超美味だったことはいうまでもありません。
 店員さん曰く、2,000円までなら元が取れるということで、
 かなりお得感を満喫してきました。

 昨日のプロ野球パリーグの開幕試合では西武ライオンズも勝ちましたし、
 昨日は、いろんな意味で良い日でした。
posted by 熱血感動型 at 09:13| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

贈物

 独身時代、後に結婚することとなる、今の妻と交際していた頃の話です。
 当時は、彼女が青森に住んでおり、私が埼玉に住んでいましたので、
 月一度しか逢えないという遠距離での交際でした。

 電話代、交通費でお互いの出費は相当なものでした。

 そんな中、クリスマスイヴに彼女に靴を贈ったことがあります。
 私にお金が無いことを知っていた彼女は、ビックリして泣き出しました。

 さて、昨日、自宅に花が届きました。
 差出人は、昨夏よりお仕事をいただいている、診断士の四ッ柳さん。
 花にはメッセージカードが添えられていました。
 開業1周年を祝うメッセージと、仕事に対する好評価を伝えるメッセージ。

 ビックリしました。仕事をいただいている方から、お祝いまでいただけるとは。
 あのクリスマスイヴの妻の気持ちが分かる気がしました。

 最近、こういった嬉しいサプライズを届ける行為から随分離れている気がします。
 ちょっと心がけてみようかな、と思いました。

 ちなみに、当時妻に贈った靴ですが、彼女は一度も履いていません。
 履くのがもったいないのか、好みじゃないのか、いまだにはっきり言いませんw
 (ちなみにサイズは間違いありません)
 hana.jpg
posted by 熱血感動型 at 11:45| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

資質

 独立2年目の私の目標は、事務所の売上を2倍にすることです。
 これを実現するにあたり、先日、自身の才能(強み)は何か?
 という命題にぶつかりました。

 そこでご紹介いただいのが、ストレングス・ファインダー。
 ストレングス・ファインダーという名前は聞いたことがありますが、
 その内容までは詳しく知りませんでした。

 自身の資質(強み)を見つけるプログラムなんだそうです。

 これを実施するにあたっては
 「さあ、才能に目覚めよう(日本経済新聞出版社刊)」という本を購入し、
 本に記載されているURLとIDを使う必要があります。

 書評は読了後にアップしますが、4分の1程度読み進めた昨日、
 URL記載のページにたどり着いたので、早速実施してみました。
 100数十個の質問の答えると、
 自身の5つの資質(強み)とその詳しい内容が提示されます。

 私の資質(強み)は、強い順に
 @自我、A最上志向、B慎重さ、C目標志向、D内省、でした。

 それぞれの内容を要約すると、

 @自我とは、
 自身を優秀な状態にするべく向上させ続けようとする資質。

 A最上志向とは、
 自身の平均以上の何かを、最高のものに高めることに意欲を感じる資質。

 B慎重さとは、
 毎日の生活を、細心の注意をもって送ることができる資質。

 C目標志向とは、
 目標を設定し、自身のある行動が目標に近づくためのものかどうかを
 本能的に評価し、本筋から外れないように効率を求める資質。

 D内省とは、
 自身に色々な質問を投げかけ、考え、回答を検討し、
 頭の中でやり取りをするという、考えることが好きな資質。

 確かに、上記5つの資質、思い当たります。
 弱点・欠点にフォーカスせず、自身の資質をどう活かすかが今後の課題です。
posted by 熱血感動型 at 07:53| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

唖然

 今日は、午前2:00に目覚めました。就寝してから3時間が経過していました。
 また眠ろうとしましたが、なぜか眠れません。

 せめて体だけでも休ませようと思い、横たわり続けること3時間。
 一向に眠くならないので、寝床から抜け出て、PC作業を行うことにしました。

 出かける時間が迫ってきたので、駅に向かい、
 当駅の始発電車に乗り込みました。
 車内は閑散としています。座席に座ると一気に眠気が襲ってきて、
 あっけなく眠りに落ちてしまいました。

 ふと目覚めると、車内はぎゅうぎゅう詰め。
 眠る前の状況と目覚めた後の状況があまりに違っていて、
 唖然としてしまいました。

 昔、夜のバイトをしていた頃、超寝不足状態で、早朝に帰宅したことがあります。
 ベッドにもぐりこみ、目を閉じました。すぐに目を開けたら、時計は8:00でした。

 3時間ほどの睡眠の割にはすっきりしてました。
 ふと、朝にもかかわらず、部屋が随分暗いことに気付きました。

 何の気なしにテレビをつけたところ、
 ドリフターズの「8時だよ全員集合」が放映されていて、唖然としたことがあります。
 結局15時間ほど寝てたんですね。

 遠い昔の体験をふと思い出した今日の車内でした。 
posted by 熱血感動型 at 13:06| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

記念

 昨日は、ほとんど1日家族サービスの日でした。

 長男坊がiPodを買ったので、
 パソコンから音楽を取り込みたいということで、そのお手伝いと、
 次男坊が野球をしたいということで、
 キャッチボール、バッティングセンターへおつきあい。
 
 結果、デイリーで行っている、ブログの更新やら、
 校正業務、作問業務には手がつけられませんでした。

 しかし、子供と私の間で、共通の話題が出来た結果、
 妻も含めた家族4人そろっての夕食は、とても盛り上がりました。

 長男坊にとっては、ipodの使い方や、音楽の取り込み方について、
 次男坊にとっては、自分の野球の実力の向上について等など、
 昨夜は子供も親も良く語りました。
 私もついつい晩酌が進んでしまいました。

 さて、体調も回復して子供と野球ができるまでになったので、
 今朝は約1ヵ月ぶりにジョギングをしてみましたが、5qを完走できました。
 タイムはちょっとあれですが;
 割と体が衰えていないことを確認できただけでなく、
 体重が1kgほど減っていたことが意外でした。

 ひと月ぶりのジョギングで幕を開けた3月15日の今日は、長男坊の誕生日。
 そして私の事務所の開業記念日です。何とか2年目を迎えることができました。

 今日は、これから打ち合わせと面接がありますが、
 どちらも記念日にふさわしいものにしようと強く思っています。
posted by 熱血感動型 at 07:57| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

感慨

 昨夜、一昨年(2008年)のプロ野球日本シリーズ
 西武ライオンズvs読売ジャイアンツ第7戦をYouTubeで観ました。
 
 この日は、渋谷で飲み会だったことを思い出します。
 502教室のブロガーが集まり、ひっそりとした「ねぎ専門」の店で飲りました。

 ナイターで行われた第7戦ですが、西武ライオンズファンの私としては、
 飲んでいても、試合が気になって仕方ない。
 途中で退席し、応援に集中することにしました。

 東京ドームで行われた第7戦ですが、西武ドームでは球場内のスクリーンに
 試合が映し出されているのを知り、渋谷から西武ドームに向かいました。

 しかし、西武ドームに到着するころには試合が終わっている可能性もあり、
 自宅応援にしようと考え、帰宅する途中、ワンセグで試合をみていたところ、
 ちょうど、西武が同点に追い付きました。
 そのシーンがこれです↓
 

 私にとってこの年は、診断士の登録が済み、初出版や初講演を果たした年で、
 さらには、応援する西武ライオンズが日本一になるなど、私にとっては、
 本当に想い出が詰まった年でした。
 何もかも上手くいっていた年だったと思います。

 20年ほど前に、不本意な理由で職場の退職を余儀なくされた上、
 実家と喧嘩をして家を飛び出し、さらには恋人との別離が訪れるという
 かなり辛いことが一度に来た年がありました。
 何もかも上手くいかない年で、当時は大変でしたけど、
 これはこれで今や想い出の詰まった年です。
 
 悪い時を乗り越えて、いい時を迎えるものの、
 また悪い時が訪れ、そしていい時が来る。

 朝の来ない夜はない。昨日YouTubeを観ながら、
 感慨に浸っている自分がいたことに、ふと気付きました。

posted by 熱血感動型 at 09:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

再生

 決断と再生.jpg
 決断と再生 安田龍平・櫻田登紀子編著 同友館刊

 同じ研究会に所属している、同期の女性診断士が執筆に携わったということで、
 お勧めを受け、先ほど病院の待合室で読了しました。
 (まだ喉が本調子ではないので診察を受けてきました)

 倒産の危機に瀕した中小企業が如何に再生したか、
 7つの事例が取り上げられ、社長の苦悩、診断士含む支援専門家の苦労などが
 生々しく描かれています。

 明るい見通し、やりがいをもって会社を立ち上げた時は、
 まさか自分が倒産の危機に瀕するとは思ってもいなかった経営者たち。
 危機に瀕し、命がけで会社を守ろうとしますが、どうにもならない。
 そんな経営者の苦悩に気持ちが揺さぶられました。

 事業再生に携わってみたいな、と強く感じ、
 ターンアラウンドマネージャーの勉強をしたくなってきました。

 再生といえば、昨日、ある方と面談をしたときに、新事業のヒントをいただきました。
 私は過去に大きな挫折を経験し、立ち直った経歴がありますが、
 その経験を活かし、学校関連事業、ニート・フリーター関連事業、自殺対策事業を
 手掛けてみてはどうか、ということでした。
 私の経験が、その人の人生の再生に役立つのであれば、どんどん活動していきたい。 

 私の新年度のキーワードは「再生」かもしれません。
posted by 熱血感動型 at 13:45| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

伝承

 先日、高齢者雇用アドバイザーの研修を受講してきました。

 日本は人口増加のピークを過ぎ、高齢化がどんどん進んでいます。
 企業にとっても、労働力を高齢者に頼らざるを得ない環境になっており、
 国も、改正高年齢者雇用安定法を施行するとともに、
 高年齢者の雇用確保措置(定年年齢の引き上げ・継続雇用制度の導入・
 定年制度の廃止)が義務化されました。

 しかしながら、高齢者に対する雇用を推進していない会社もあるのが実情で、
 高齢者雇用アドバイザーはそのような会社に対して、相談・助言等を行っていく
 役割を担うことになります。

 さて、研修受講後、数日経過したある日、
 日経夕刊を読んでいると「プロムナード」というコラムに目が留まりました。
 「仕事の本質」と題されたそのコラムには、
 その筆者が、定年まで過ごした会社の社是は
 「人を愛し、国を愛し、仕事を愛する」であったことが書かれていました。

 この会社、私が勤務していた会社(正確にはそこの100%親会社)です。

 また、その会社の創業者は、今や故人ではありますが、
 50歳定年制がまだ普通だった頃、定年をなくしたい、と宣言していたんだそうです。
 これは知りませんでした。

 高齢者雇用アドバイザーとして活動を開始する今、
 お世話になった会社の創業者の想いを、私がしっかり伝承した、
 そんな感じを受けました。
posted by 熱血感動型 at 12:28| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

創出

 昨日は、一緒にお仕事をさせていただいている、
 起業コンサルタントの診断士、外CL代表の四ッ柳さんの事務所にお邪魔してきました。

 外CLでは、3/23(火)19:00より新宿にてセミナーを行います。
 テーマは人脈をいかに構築するか。
 初対面の方と名刺交換をする際に、話が続かず困った経験のある人、
 もっと効率的に人脈を構築するにはどうすればいいか、等についてのセミナーです。
 詳細はこちらから

 さて、外CLへお邪魔した昨日ですが、
 四ッ柳さん、外CLの女性社員2名、そして私で
 新規事業について打ち合わせをしてきました。

 現状の問題点、顧客ニーズの共有に端を発し、
 新規事業のアイデアを出し合いました。
 女性社員2名の企画力、営業力にも舌を巻きました。
 具体的なところまで詰めることができ、早期に形となりそうです。

 新しいものを創ることの楽しさ、ワクワク感を存分に味わってきました。

 企業内でも新規事業に携わった経験はありますが、
 こんなにワクワクできた経験はありません。

 なぜ、今回はこんなにワクワクできるのか。
 それは、企画段階から携わることができたことが大きい気がします。
 
 ちなみに打ち合わせ直後のつぶやきは
 
 
 nekketukanndoug / 三上 康一
 新宿にて打合せ終了。新規事業を具体的に考えていくのはワクワクします。 at 03/09 12:18
posted by 熱血感動型 at 09:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

進捗

 昨日は、丸1日かけて校正作業に取り組んでいました。
 どうしても昨日のうちに終わらせないと、
 あとは納期までに取り組む時間がありません。
 しかし、なかなかエンジンがかかりません。

 最近、こういうケースが多いんですよね。

 エンジンがかかり始めたのは、遅い昼食を摂ってから。
 きっかけは、時間が少なくなってきたということもありますし、
 午後から校正の進捗管理を始めたこともあります。
 1ページの校正に費やす時間を書き留め、
 1時間ごとに校正の進捗をチェックしはじめました。
 次の1時間は、前の1時間よりも進捗を良くしようと考えますので、
 ちょっと頑張り甲斐がでてきます。
 そうこうしているうちに、エンジンがかかり始め、一気に終わらせることができました。

 人のモチベーションは自身の成長や競争によってもたらされることを
 改めて感じさせられました。
posted by 熱血感動型 at 09:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

工夫

 昨日の午前は、研究会に参加し、
 昨日の午後は、セミナーを受講してきました。

 午前に参加した「まちづくり研究会」は、いつものとおり、
 診断協会 埼玉県支部の事務所で開催されました。

 当研究会の直近の活動として、埼玉県の観光に関する意識調査があります。
 私も川越地区・大宮地区担当として活動に参加しました。
 先日、報告書が完成し、今月20日は調査報告セミナーが開催され、
 ここで、この活動にひと区切りがつきます。

 この活動は、診断協会のマスターセンター補助事業に認定されています。
 聞くところによると、この事業に認定されると、対外的な活動も求められるようで、
 報告書の作成や印刷、セミナー開催まで行い、
 報告書については、診断協会のホームページにアップされるそうです。

 20日のセミナーや来年度の研究会活動について話し合いをしましたが、
 午後からのセミナーを受講するべく、研究会を途中退席し、都内へ移動しました。

 セミナーは、東京支部 城東支会主催のもので、様々な業界を知るセミナーです。
 先日、私がガソリンスタンドについて話をしたのも、このセミナーの一環です。

 昨日のセミナー開催前に、
 私が先日講師を務めたガソリンスタンドのセミナーについて
 アンケート結果を見せていただきました。

 興味深かった回答を列挙します。

 「セミナーのネーミングは興味をそそられるものでしたか」という質問
 →受講者のうち17%が「あまりそそられない」

 「レジュメは役に立ちましたか」という質問 
 →受講者のうち25%が「あまり役に立たない」

 「当セミナーを再度受講しますか」という質問
 →受講者の42%が「ぜひ受講したい」

 「今日の講師が行う別テーマのセミナーを受講しますか」という質問
 →58%が「ぜひ受講したい」

 「当セミナーは他人にお勧めできますか」という質問 
 →50%が「ぜひ勧める」 50%が「相手によっては勧める」

 ネーミングとレジュメの工夫が今後の大きな課題ですね。
posted by 熱血感動型 at 09:36| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。