2010年04月18日

紹介

 TACの遠藤先生が主催する「政策研究会」。
 会員は200名超というマンモス規模の研究会ですが、
 この会は、いくつかの分科会に分かれています。

 私が所属している分科会は、以下の3つです。

 @netplusさんがリーダーの研修コンテンツ開発チーム「HRC」。
 (High-level Research of Corporation trainingの略)
 
 A「ふぞろいな合格答案」発起人、秋島さんがリーダーの合宿チーム「MPA」。
 (Mission、Passion、Actionの略)
 ※ちなみに先日、MPAのホームページが立ちあがりました。

 Bぺパチェさん改めER先生がリーダーのスキルアップチーム「T3」。
 (Think Think Thinkの略)

 HRCは私が診断士に登録し、政策研に入会した直後からお世話になっています。
 定例会では、メンバーがもちよった研修コンテンツを発表し、
 他のメンバーが感想や意見を述べて、ブラッシュアップしていきます。
 私も月1回の定例会には、ほとんど毎回出席しています。

 MPAは昨年春からお世話になっています。
 昨年の5月に初めて参加した合宿では、多数の診断士と親睦を深めることができました。
 リーダーは非常に面倒見の良い方で、私も何度か相談させていただきました。

 T3も昨年登録しました。プレゼン、ライティングスキル、パソコンスキル等
 色々なスキルが学べるチームです。
 残念ながら昨年の定例会は1度しか出席できませんでした。
 定例会開催後、メーリングリストで内容が報告されますが、
 非常に実務的かつ魅力的な内容で運営されているようです。

 さて、今日の午後は政策研の定例会です。
 上記の他にも政策研には分科会が存在しますが、
 この分科会活動を新入会員に紹介する内容となっており、
 毎年多くの方が集まり、そのまま懇親会へと流れていきます。

 今回に限って、色々な締め切りが迫っており、出席できないのが残念です。
 重なる時には色々なことが重なるものですね。


posted by 熱血感動型 at 10:02| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。