2010年04月29日

予行

 就寝時刻が遅くなったわけではないのに、最近、早朝起床ができていません。
 4時に起きるヨジラー、5時に起きるゴジラーが当たり前だったのに、
 ここ数日は、6時・7時の起床です。

 自分の中に大きな変化が起きているとき、人は眠ると言います。
 典型的なケースが、赤ちゃん。
 母親の胎内から産まれ落ち、
 母親の羊水に包まれていたこれまでとは違う世界に身を置くようになると
 自分も大きく変化し、成長していかねばなりません。だから、眠る。

 もしかしたら、私の中でも、何か大きな変化が起こっているのでしょうか。

 さて、今日はTACの2次模試なんですってね。
 受験される方は、
 「診断士になる」という目的を忘れないで受験してほしいなぁと思います。

 受験生にとって、診断士になるということは、2次試験に合格するということで、
 2次試験に合格するということは、2次試験当日は充実した日になっているはず。

 その人なりの充実した2次試験当日というものを明確にして、 
 その通りに過ごせるかどうか、試してみることが模擬試験の意義だと思います。
 朝起きてから、試験終了まで、休憩時間、お昼休み含めて、どのように過ごすか。
 これを予め決めておき、予行演習をする。

 それは、過去問を使って、自分ひとりでも出来ることかもしれませんが、
 何せ、模試ですから初見の問題が出ます。他の受験生もいます。
 より本試験に近い状況での予行演習。

 このようなことを意識して取り組まれると、合格への距離がグッと縮まると思います。

 そしてもうひとつ。本試験当日は、
 合格者がどのように問題に取り組み、当日を過ごしたのかを知り、
 自分の問題への取り組み方、当日の過ごし方との差を確認し、
 ギャップを埋めることが必要です。

 じゃ、合格者の取り組み方、過ごし方はどうしたら分かるのか。
 それが「受験生最後の日」に書いているのです。

 って宣伝になってしまった;


posted by 熱血感動型 at 07:59| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。