2010年05月31日

大名

 昨日は結婚式・披露宴に出席してきました。

 新郎新婦ともに中小企業診断士ということで、
 研究会のご縁で、お招きいただきました。

 受付を済ませ、渡された披露宴の座席表を見てビックリです。
 私が座るテーブルが、全員診断士なのは分かります。
 しかし、私以外は全員ビッグネームの方ばかり。

 受験予備校のカリスマ講師、
 ターンアラウンドマネージャーの第一人者、
 「ふぞろい」の発案者の方、女性診断士界のリーダー。。。
 いやはや、恐れ多い方ばかりです。

 ビッグネームに囲まれたテーブルで、どう振舞うべきなのか。
 「披露宴」が私にとっては「疲労宴」になってしまうのではないかと
 くだらない洒落が頭を駆け巡りましたが、
 ビッグネームの方々が、気さくに色々話しかけてくださり、
 和やかな雰囲気を作り上げていただきました。

 ビッグネームの方々のオープンマインドたるや、凄いものがあります。
 かくいう私は、どちらかというと引きこもり系。
 引っ込み思案で、話題が豊富なわけでもなく、ユーモアセンスもさほど。
 それが自分らしい、と開き直ることもできず、気の利いたことも言えない。

 私は、自己顕示欲が強いので、常に話題の中心に居たがります。
 (この傾向、かなり治まるようにはなってきました)
 適時適材適所と言いますが、居るべき時に居ればいいのであって、
 そうではないときにも中心に居ようとするから辛くなります。

 居なくていい時は「聴く」そして「訊く」こと。
 これがコミュニケーションに「利く」ことを改めて感じました。
 
 そんなことを感じつつも、式は厳かに、披露宴は和やかに執り行われ、
 料理も景色も(お台場ですから)素晴らしく、
 新郎新婦の幸せをおすそ分けしていただきました。
 
 で、ちょっと飲み過ぎた模様です。
 帰りの電車内で、網棚から引き出物を落としてしまい、
 座っている乗客に迷惑をかけたことは内緒です。

 乗客も中身も大丈夫でしたけど。
posted by 熱血感動型 at 15:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

紹介

 先日、出先から自宅マンションへ戻り、集中ポストを見てみると
 同友館さんから郵便物が届いていました。

 中身は月刊「企業診断」6月号。
 早速パラパラとページをめくっていくと、お付き合いのある診断士の方の記事が
 何点か掲載されていました。

 一通り中身を眺め、再度目次を見ると私の名前が。
 そっか。今年度版「受験生最後の日」の紹介記事は6月号に掲載されることを
 とんと忘れておりました。
 一通り中身を眺め、再度目次を見た段階で自分の原稿を発見するとは、
 一体、中身の何を眺めていたのか、っていう話にもなりそうですw

 「受験生最後の日」は過去3年間の、中小企業診断士2次試験当日のドキュメントを
 掲載した受験生向けの書籍です。
 H20年夏に発行されましたが、その際はH17・18・19のドキュメントを掲載しました。
 (ちなみに私はH19のドキュメントを執筆しました)

 翌H21年版は、H18・19・20のドキュメントを掲載しました。
 ここで気になったのは、前年版とドキュメントの内容が2年分重複する、ということです。
 重複するH18・19のドキュメントは、若干の修正は入れましたが、
 それでもドキュメントの大枠は変えようがありません。

 そこで、今年度版は、ドキュメントをH20・21の2年分とし、
 H20のドキュメント執筆者の交代も行いました。
 ちなみにこの2年分のドキュメント執筆者は2人ともとも女性なので、
 これにあやかり、書籍名も「事例80分料理法」としました。

 また、過去のドキュメント執筆者と現役受験生のパネルディスカッションを行い、
 受験生の疑問に執筆者が事細かに答えました。
 その内容はICレコーダーに録音し、原稿へ起こすとともに、
 質問に対する答えのまとめやアドバイスを盛り込みました。

 受験生時代にこの本があったら、早期合格が可能だったと思います。
 反面、そのように思えるからこそ、合格したとも言えそうです。
 
 発行は7月を予定しているとのことです。

 以上、制作に携わった書籍の紹介でしたっ。
posted by 熱血感動型 at 09:09| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

煙草

 先日、子供にせがまれ、DVDレコーダーを買いました。
 大喜びの子供と帰宅後、テレビに接続を済ませました。
 さて、何か観ようということで、
 自宅にあったウルトラセブンのDVDを再生してみました。

 このDVDは40年以上前にテレビ放映された特撮番組「ウルトラセブン」を
 収録したもので、数年前に購入し、もっぱらパソコンで子供と観ていました。
 しかし、結構、見飽きてきて、ここ数年は観ることはありませんでした。

 で、久々に観た「ウルトラセブン」のDVDですが、
 地球防衛軍の会議中、出席者の方々、煙草を吸うこと吸うことw

 分煙とか、副流煙といった概念のなかった時代でした。

 私の両親は昔から喫煙者ではなかったのですが、
 煙草を吸わない父親は、もしかしたら珍しかった時代なのかもしれません。

 自宅にお客さんが来ると、ほとんどの方が煙草を吸うので、
 子供の私が自宅に帰ってくると、
 お客さんが来ているかどうかは、家の匂いですぐ分かったものです。
 ちなみに当時も今も、実家のリビングにはでっかい灰皿があります。

 学校の職員室にも、先生それぞれの机に金属製の灰皿が置かれていて、
 職員室が煙でもうもうとしているのは、当然のことでした。
 
 いまや、煙草を吸う場所を探すのも一苦労という時代です。
 今秋には煙草の値上げもあり、400円を突破します。
 私が煙草を覚えた頃の、倍以上の値段です。

 今から40年後、煙草はどうなっているのだろう。
 富裕層にしか手が出ない高級品になっているのか、
 存在自体が無くなっているのか。

 40数年前に放映された「ウルトラセブン」のDVDを観ながら、
 煙草の将来を案じてしまいました。 
posted by 熱血感動型 at 11:25| 埼玉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

未完

 「聴き上手研修」は、私のガソリンスタンド店長時代の経験をもとに、
 人の話を傾聴し、コミュニケーションを円滑にするスキルを身につける研修です。

 2年前から、政策研究会の研修コンテンツ開発チームに、
 ほぼ毎月これを持ち込んで、様々な診断士の方から、
 多くのご意見をいただき、ブラッシュアップしてきました。

 ブラッシュアップ中も、ガソリンスタンド店長、起業予備軍、
 診断士等を対象にしてこの研修を行ってきました。

 実際に研修を実施してみると、
 開発チームの方々からいただいたご意見、また自分で考えたアイデアの他にも、
 毎回新たな気づきがあり、さらにブラッシュアップを重ねることになります。

 「もうこれで完成っ」と思っても、やっぱりブラッシュアップしたい点が出てくるのです。

 さて、昨日も「聴き上手研修」をベースにした研修の講師を行ってきました。
 受講生は、診断士・診断士2次試験合格者・診断士受験生等、
 診断士に関連する方々ということで、若干アレンジを加えて実施しました。

 そして、昨日も、またまた新たな気付きがありました。
 「聴き上手研修」は「永遠の未完成研修」のような気がしてきました。

 もっとも「永遠の未完成」は
 私が持つ他の研修コンテンツも、そして私自身も同じなのかもしれません。
posted by 熱血感動型 at 11:15| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

蕎麦

 平成18年の診断士2次試験、合格発表の日。
 銀座の診断協会に合否を確認しに行った私は、
 帰宅途中に池袋で下車しました。

 時刻はお昼過ぎ。
 池袋駅に隣接するレストラン街の一角。
 お蕎麦屋さんに入店した私は、店員さんにビールを頼みました。

 合格なら祝杯。不合格ならヤケ酒。

 ビールは微妙な味でした。
 悔しさを味わいながら、ビールの後は日本酒と肴。
 最後に蕎麦で締めて帰りました。

 さて、昨日は午前中の仕事を済ませた後、
 ふと、このお蕎麦屋さんに立ち寄ってみました。
 昨日は暑かったし、ちょっとさっぱりしたものを食したくなって。

 お蕎麦屋さんはあの頃と変わらぬたたずまいでした。
 午後も仕事があったので、お酒は頼まず、冷たい蕎麦をいただきました。

 一人そばをすすっていると、
 当時の悔しさは封印するものではなく、
 大事にとっておくべきものだということに想いが至りました。
 あの時の悔しさがあったからこそ、診断士としての今があるのだと。
 
 今度、あのお蕎麦屋さんに行くときはどんな心持なのだろう。
 こんなことを思いながら、お蕎麦屋さんを後にしました。

 このお蕎麦屋さんへの再訪がいつになるかは分かりませんが、
 何やら楽しみになってきました。

 今度は、独立2年目の今の苦労を思い起こしながら、
 酒を飲み、蕎麦をすすっているのだろうと思います。

 無駄な過去は一切ない。
 無駄にするもしないも自分次第なんですよね。
posted by 熱血感動型 at 07:23| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

一心

 先日、テレビでちらりと見かけたのは、卓球の平野早矢香(さやか)選手。

 卓球といえば、福原愛選手の存在感が大きいと思うのですが、
 平野選手も相当な実力者のようです。

 個人的には、北京五輪で大層厳しい顔をして試合をしていたのが
 印象に残っています。

 テレビでは、この平野選手の強さの秘訣について特集をしていました。
 もともと、がむしゃらに練習をする選手なのですが、
 なかなかブレイクスルーが出来ず、悩んだ時期があったのだそうです。
 
 悩みに悩んだ末、平野選手は「がむしゃら」という立ち位置から、
 「求道者」という立ち位置に変化を遂げます。

 がむしゃらに練習量のみをこなすのではなく、
 自分は卓球を通じて何を求めているのか、
 そのためにはどのような練習をするべきか、といった本質的な視点で
 自分を見つめるようになります。
 
 この視点の転換により、実力がグッと伸び、
 勝利をものにし、周囲からの期待にも応えていくことになります。

 練習量の追求から、卓球選手としての在り方の追求へ。
 表面的な視点から本質的な視点への転換は、 
 自己満足から他己満足へと進化を遂げることになります。

 なぜ、視点を転換できたか。
 それは「強くなりたい」という一心だったと思います。
 原点を見失わなければ、道は拓ける。
 そんなことを思い、感動してしまいました。
posted by 熱血感動型 at 07:43| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

道具

 ツイッターは昨年の今頃、オレユニさんに教えてもらって始めました。

 それから1年、
 大した量のつぶやきも、大した質のつぶやきもできませんでした。
 さらには、いまだに仕組みが、よくわからなかったりします。

 ま、それでも、ツイッターの背景写真を変えたり、
 顔写真を入れたり、自分なりにいじってみました。
 Seesaaブログの設定もいじって、記事を更新すると、
 その題名が自動的につぶやきに反映されるようにもしてみました。

 すると、いつの頃からか、記事の題名のつぶやきに対して、
 フォロワーから、つぶやきが返ってくるようになりました。
 返ってくるつぶやきの内容は、ブログ記事の感想です。

 面白いな、と思うのは、
 ブログのコメント欄に、記事の感想を書いてくれる人と
 ツイッターのつぶやきで、記事の感想を書いてくれる人が、
 はっきり分かれている、ということです。

 ある日は、ブログにコメントをくれて、
 ある日は、ツイッターにも感想をつぶやいてくれる、
 といった二刀流の方はごくごく少数。

 その人その人の環境やキャラで、
 コメント欄への入力がやりやすい人もいれば、
 つぶやきの方が、やりやすい人もいるんでしょうね。

 コミュニケーションの道具がどんどん増えていくことを実感しています。

 先日大阪で、小学校2年生の女の子が、30代の女に刺された事件がありました。
 美味しい料理を作るための包丁が、殺傷能力を備えているように、
 道具は、使い方次第で、良い結果も悪い結果も、もたらします。
posted by 熱血感動型 at 16:38| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

連鎖

 昨日は、昨年の3月(だったかな)から所属している、
 NPO EASTの総会&懇親会に行ってきました。
 昨日の参加者は、30名弱といったところでしょうか。

 ちなみに、昨年「J-net21ビジネスQ&A」を6本執筆しましたが、
 これもNPO EAST絡みの案件です。
 (このブログの左下に当該執筆記事のリンクを貼っています)
 
 さて、御茶ノ水のホテルで総会が開催され、
 総会と同じ部屋で懇親会を行うため、
 ホテルの方が行うセッティングを待つ間、
 参加者は一旦ロビーで時間をつぶすことになりました。

 ロビーでワイワイガヤガヤ話していると、
 ありがたいことに仕事のオファーをいただきました。
 さらには、今後の仕事の展開についてのヒントもいただきました。
 
 そんなこんなで、時間になり、立食形式の懇親会がスタート。
 お久しぶりにお会いする方と旧交を温めたり、情報交換をしたり。
 AさんとBさんと私で旧交を温めたり、情報交換が終わると、
 BさんとCさんと私、それが終わると、CさんとDさんと私、という形で
 自然に途切れることなく、関係がつながっていき、楽しく話ができました。
 
 楽しさがどんどん連鎖していくんですね。これ、ホント楽しい。

 で、これを受動的に享受するのではなく、積極的に仕掛けていって、
 こういう楽しい状況を作り出せないかな、と考えました。

 「他人と自分がつながる」ことを待つのではなく、
 「他人と他人を自分がつなげる」ことが大事なのではないのかな、と思っています。
posted by 熱血感動型 at 08:04| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

健康

 人間ドックの予約をしました。

 企業に勤めていたときは、
 会社が申込をしてくれて、強制的に受診をさせられていましたが、
 独立後は、自分の意志で申込んで受診しないといけません。
 企業に勤めていたときは、
 毎年5月・6月に受診していたので、独立初年度の昨年も、
 そして今年もこの時期に受診を予約しました。

 だからというわけではないのですが、
 今朝は半月ぶりのジョギングをしてきました。
 ジョギングは診断士に登録する直前に始めたので、丸2年になります。
 
 ジョギングを始めて2カ月が経つと、お腹がへっ込み始めました。
 その年の人間ドックでは、中性脂肪の数値が劇的に改善していました。
 受験生時代に悩まされた肩こり、腰痛も解消しました。いいことだらけです。

 独立後、ジョギングをする時間がとりにくくなって、
 また太ったけれども、できるだけ続けていきたい健康法です。

 さて、ジョギング後は体重計に乗るようにしています。
 今日のジョギング後、半月ぶりに恐る恐る体重計に乗ると、
 何と、今年になって一番少ない数値が表示されました。体脂肪率も良好。

 とはいえ、しばらくジョギングが出来ない日々が続きます。
 「よく飲み、よく食べ、よく走る」がモットーですが、
 ジョギングできない日は、「ほどよく食べて、ほどよく飲む」ことを意識していきます。 
posted by 熱血感動型 at 07:56| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

提供

 久しぶりに国会図書館に出向いてきました。
 昨年の12月に行ったので、それ以来です。

 ある出版物の平成21年版を見たかったのですが、
 平成20年版までが所蔵されており、平成21年版がありませんでした。
 出版社に問い合わせたところ、平成21年版は昨年8月に出版したとのこと。 
 図書館に問い合わせたところ、平成21年版は所蔵していないとのこと。

 国会図書館とはいえ、出版されてさえいれば、
 所蔵されているというものではないのですね。

 何か、私は「出版物において国会図書館には無いものは無い」と
 勝手に思っていた面があって、 今回は、また勉強になりました。

 さて、この資料がなかったら、執筆が進まない。
 そんなとき、昨年12月の経験が役立ったりします。
 当時参考にした資料を活用して、執筆を進めることができました。

 とりあえず、一安心でした。

 今回は、自分の経験で問題が解決できたわけですが、
 他人の経験を取り入れれば、問題はもっと簡単に解決できると思います。

 2次試験の勉強でも他人の解答を分析することは大事ですし、
 仕事でも他人の経験や考えを活用していくことが良い仕事につながります。
 ただ、その前提に自分が何を提供できるかが必要なんですけどね。

 「ギブアンドテイク」という言葉、
 「与える」ことを意味する「ギブ」が先に来ている点に注意しなければなりません。
posted by 熱血感動型 at 08:48| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

情報

 「2時間の講義であれば5分の準備で良いが、
 5分の講義であれば2日の準備が必要」ということを
 先日聞いてきました。

 「それ、どういう意味?」と思い、聞いてみたところ、
 2時間の講義であれば、
 ワークを取り入れたり、休憩を挟んだりと、時間調整が比較的楽。
 これに対し、5分の講義であれば、
 ワークはできない、休憩も不要。時間調整が厳しい、ということでした。

 なるほど、説得力があります。

 さて、昨日は10分間の模擬講義をしてきました。
 この準備にあたっては、何日間もとれなかったけれども、
 上記を意識して、これまでの模擬講義よりは、
 準備に時間を費やしました。

 それなりに上手くやることはできたと思いますし、
 その結果、新たな仕事を手にする可能性も高まりました。
 上記の情報を下さった方に感謝です。

 企業内にいると、勝手に情報が入ってきますが、
 独立すると、意図的に情報をとりに行かないと、情報が少なくなってしまいます。

 独立した以上、自分の動き方が大事なんですよね。
posted by 熱血感動型 at 09:12| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

人材

 私がガソリンスタンドで働いていた頃、
 卒業や就職で退職したアルバイトさんの補充が追いつかず、
 新規のアルバイトさん確保に苦労したことが何度もあります。

 スタッフがいないと、店長がルーチン業務をせざるを得ず、
 非定形的な意思決定に時間を割くことが困難になります。

 とにかく人が欲しいので、人不足になるとその都度、
 新聞折り込みをしたり、フリーペーパーに広告を掲載したり、
 募集看板を作ったりしてました。

 優秀な人材を得ることもできましたが、
 結果的にすぐに辞めてしまったり、問題を起こした人材も採用してきました。

 さて、以下は先日聞いてきた話です。

 ある旅館がありました。経営不振に苦しんでいましたが、
 人を新たに募集することにしました。

 応募要件は
 「年2回以上、お墓参りに行っている人」

 先祖を敬うことのできる人は、人を大切にする人。
 そんな人はきっと接客も良いだろう、との考えからこの応募要件にしたそうです。

 2名だけ、応募がありました。
 結果的にその2名がこの旅館再生に大きな役割を果たしたんだそうです。

 「お客様に誠心誠意尽くすことのできる人」では主観が入りますが、
 「年2回以上、お墓参りに行っている人」では主観は入りません。

 欲しい人材像を明確にするだけでなく、
 欲しい人材像の行動特性を明確にすると、
 応募する方も、応募するべきか否かの判断もできます。
 結果、応募者が絞り込まれて、欲しい人材が採用できるんですね。  
posted by 熱血感動型 at 07:37| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

管理

 日経夕刊1面のコラム「あすへの話題」というコーナーで、
 先日、「生活のリズム」を取り上げていました。

 いわく、健康の秘訣は、毎日規則正しく生活すること、であると。
 つまり生活リズムのことです。

 私がガソリンスタンドで働いていた頃は、原則、
 5:20に自宅を出て、17:00に会社から帰宅していました。

 受験勉強をしていた頃は、3:30に起床し自宅を出るまで勉強、
 会社から帰宅してからは19:00まで勉強をするというリズムでした。

 合格後は、4:00に起床しジョギングをしてから自宅を出て、
 会社から帰宅してからは19:00まで診断士活動をするというリズムでした。

 独立後は、仕事へのやりがいは格段に上がったのですが、
 やはり生活リズムが保ちにくくなりました。
 また自宅でひとり、仕事をしていると、ついついだらけてしまうこともあります。
 自己管理力。これから益々鍛えていかないといけません。

 ちなみに生活リズムで問題となるのは、休みの日。
 平日のリズムが休みの日で崩される。
 ブルー・マンデーもこの辺に原因があるとのこと。
 
 ま、独立してから、休みらしい休みはほとんどなくなったので、
 この辺りは心配しなくてもいいのかな、と。
posted by 熱血感動型 at 08:28| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

体入

 「ただいま」
 昨夜、帰宅した私は、ほくそ笑みました。

 玄関に次男坊のバットとスポーツバックがあったからです。

 私は、2人の子供に昔からこんなことを言っていました。
 「お父さんは、野球が好きだ。だから君らにも野球をして欲しい。
  だけど、野球をやるかやらないかは、あくまでも自分の意思で決めなさい」

 その結果、長男坊はバスケットボールを経て、陸上競技の道に進みました。
 昨日は100m走でタイムが1秒縮まったと喜んでいました。

 次男坊はバスケットボールを経て、今後の道を決めかねていました。
 キャッチボールやバッティングセンター、野球観戦などが好きなのですが、
 どうも野球チームに入ることに二の足を踏んでいるようでした。

 そんな次男坊ですが、いよいよ本日、
 野球チームの体験練習に行くことを決めたようです。
 キャバクラの「体入」みたいなものなんでしょうね;

 玄関に準備済みの用具類は、翌日の準備が済んだということを意味しています。
 今日の夜、どんな報告が聞けるか楽しみです。

 さて、予定していた仕事が、急遽、前倒しで終了することになりました。
 その結果、日程に余裕ができることになり、
 一昨日の「20日まで更新が厳しい」という発言は撤回。
 やっぱりブログの更新はできるみたいですw
posted by 熱血感動型 at 08:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

日課

 とりあえず、しばらくブログの更新が出来ません。
 今月20日を過ぎれば更新できるかもしれません。

 皮肉なもので、こういう宣言をすると、
 翌日更新できたりするんですけどね。

 ブログの更新は私の日課のようなものです。
 これを果たせないと何となく気持ち悪くて、ちょっと嫌なんですけどね。

 で、更新しないことが普通になってしまうことがちょっと怖いかな。

 日課はその人にとって意味があるから、日課だと思う。
 ということは、その人の日課が、日課でなくなったら、
 その日課は、その人にとっては意味が無くなったいうことなんだろうか。

 生活のリズムを保つという意味では日課は大事だと思いますが、
 今の私は、リズムを保っているどころではない、ということなんでしょうかね。
posted by 熱血感動型 at 20:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

応用

 自宅で捗らないことが、場所を変えると途端に捗ることがあります。
 例えば、受験勉強が捗らないときに、図書館とか自習室を使うと捗ったりします。

 その場所に同じことをしている人がいると、余計に捗ります。
 例えば、図書館とか自習室に、勉強をしている人がいると、余計に捗ります。
 勉強している人の中に診断士の勉強をしている人がいたりすると、さらに捗ります。

 捗りにインセンティブがつくと、さらに捗ります。
 例えば、勉強中に実力の向上を感じたり、
 事例演習でタイムマネジメントが上手くできたりすると、捗ります。

 これらのことって仕事に応用できるんだなぁと昨日、つくづく思いました。
 今まで実力の半分も発揮していなかった、
 いや、環境次第で人の実力は倍以上になるんだな、と。

 最近感じるのは、受験勉強で得たノウハウは仕事に応用できるということ。
 企業内で仕事をしながら、時間を絞り出して勉強していたことなども、
 仕事のタイムマネジメントに活きています。
posted by 熱血感動型 at 08:11| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

動画

 成功者の告白を読んで、仕事と家族のバランスについて、
 これまで以上に意識するようになりました。

 ということで、今日は仕事をちょっとだけおいといて、
 ちょっとだけ家族サービスに務めました。
 まずは、お買いもの。スーパーとホームセンターとおもちゃ屋さんへ。
 その後、運動公園でキャッチボールとテニス。
 今日の運動は、暑さと二日酔いでかなり堪えました。

 昨夜は、オレユニさんと、さし飲みをしてきました。
 当初4人で飲もうということでメンバーも確定していたのですが、
 諸般の事情により、さし飲みになりました。

 大勢でワイワイ飲るのもいいですが、さしでじっくり飲るのもいいものです。
 17:40から始めて、23:00近くまで語り込みました。 

 0:00を回って帰宅しましたが、その後、メールのチェックをしたところ、
 私も参加している、iphoneの診断士試験・単語帳作成プロジェクトの
 メーリングリストに、以下の動画が出来あがったと連絡がありました。
   

 502教室でも紹介されていましたが、発売は5月末から6月あたりになりそうです。
 
posted by 熱血感動型 at 13:09| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。