2010年06月30日

無料

 仕事に出掛けて、困ることのひとつに、
 空き時間にどこで仕事をするか、ということがあります。

 近場であればいったん自宅に戻ってきて、仕事ができるのですが、
 そうでない場合は、喫茶店やファーストフードを利用することになります。

 仕事上、パソコン作業は必須ですが、パソコンのバッテリーのもちにも
 限界がありますから、コンセントを貸してくれる店が非常に重宝します。

 そうすると、多分、多くの方がそうであるように、
 マクドナルドか、ルノアール、ネットカフェということになります。
 そんな中、コーヒーが1杯120円と安価な、マクドナルドを利用しています。

 先日、西武ドームに行った際、ドーム内でマクドナルドのコーヒー無料券を
 配布している女性クルーを発見しました。

 子どもと私とで、その女性の前を行ったり来たり。結局二人で8枚入手しました。

 コーヒー1杯120円といえども、積み重なると馬鹿に出来ない金額になるので、
 無料券は非常にありがたい。

 で、一昨日、マクドナルドでその無料券を使って
 コーヒーだけをオーダーし、3時間ほど仕事をしていました。
 2時間ほどすると「試食サービスでーす」ということで、
 クルーの方がトレイにナゲットを乗せて回ってきました。
 それもそこそこ大きいサイズです。

 無料でコーヒーとナゲットをいただくことができました。
 電源があり、コーヒーが安価な点だけでも魅力的なのに、
 無料サービスや試食サービスも展開するなど
 「そんなんされたら・・・惚れてまうやろー」ってな感じです。
posted by 熱血感動型 at 14:10| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

健診

 会社を退職時に、健康保険を国民健康保険に切り替えせず、
 任意継続制度を利用することにしました。
 2年間という期間限定ですが、国保よりも保険料が若干安いです。

 そういった経緯もあって、退職後も近場の病院ではなく、
 前職の健保センターで健康診断(簡易版人間ドック)を受診しています。
 ということで今日の午前中は、当該健保センターで受診してきました。

 今日は診断する身ではなく、診断される身。
 ジョギングの成果か、筋肉量が標準値より5kg多かったことが
 ちょっと嬉しかったりします。

 一通り検査が終わって、ロビーで終了後のアンケートを書こうとした時、
 「熱血さん」と声を掛けられました。
 頭を上げると、前職で私のもとで働いていた一般社員の方でした。
 私が退職する際は、違う店舗で店長に昇格していて、
 そこそこの実績を挙げていた方です。

 健保センターには15年近く毎年1回通っていましたが、
 不思議と知った人にはあったことがありませんでしたので、びっくり。

 彼は、相変わらずの語り口でとつとつと現状を語ります。
 合併により社名、体制、待遇が変わったこと。
 上司のこと、実績のこと、私が以前勤めていた職場のこと。

 前職もいろんな変化があったようですが、
 彼が以前と変わらず元気そうだったことが、何より嬉しかったです。  

 話は変わりますが、私は今年の3月に
 前職の経験を活かしたセミナー講師を務めました。
 その際に、様々な知り合いに声を掛け、当該セミナーに参加していただきました。
 その中に昨年の2次試験合格者であるSaijohさんがおりました。
 
 彼とは様々なセミナーで一緒になり、昨日の研究会でもお会いしました。
 そんな彼が7月27日にセミナー講師としてデビューします。
 (私はこの日、別のセミナーを予約しているのでこのセミナーは受講できません;)
 独立したてのSaijohさんがセミナー会社からデビューするというビジネスモデルは
 個人的に非常に興味深いので、ご紹介してみました。 

 このような仕事の獲得方法もあるということで、
 ご興味のある方、ぜひ受講してみてください。 
posted by 熱血感動型 at 15:05| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

原則

 足を怪我したので、昨日までの3日間、どこにも出かけず(出かけられず)、
 自宅作業の日々を過ごしていました。

 時間があるから、自宅業務を進ませなければ、
 と思っていたのですが、あまり進捗はよくありません。
 時間がない時に、隙間時間で集中して事に臨むのが一番進捗が良いみたいです。
 時間がない時は、期日までに間に合わなかったらどうしようかと不安は大きいですが、
 その分、集中力が高まるのは、受験勉強と共通する部分かな、と。

 とはいえ、何とか7月3日の講義資料が固まるところまでこぎつけました。

 さて、静養2日目の昨日は、だいぶ痛みも和らいできたので、
 おっかなびっくり外を歩いてみました。ついでに自転車も漕げるか試してみました。

 歩行は、若干足を引きずらないと厳しいです。当然、走るのは完全に無理。
 (ちなみにジョギングは3週間のドクターストップがかかっています)。
 階段は登るときは、あまり苦になりませんが、
 降りるときは、ゆっくりゆっくりじゃないときつい。
 自転車を漕ぐのはさほど問題なし。
 
 松葉杖を使わないと移動できないという状態ではないので、
 今日は、1件だけ予定していた企業訪問を実施することにしました。

 電車で座れるように早めにでかけようと、起床時間も早め。
 テレビを点けると、サムライジャパンが2-0でリードしてました。
 その後、両チームとも1点ずつ追加し、3-1で勝利をおさめました。

 私も出来るだけ療養に努め、早く捻挫に打ち勝たねば。

 ちなみに今回、捻挫をして知りましたが、
 捻挫処置の4原則はRICEなんだそうです。
 
 Rest (安静):動かさない
 Icing (冷却):冷やす
 Compression(圧迫):包帯などで固定する
 Elevation(挙上):患部を高い位置におく

 改善の4原則ECRSを思い出したのは私だけでしょうか。
posted by 熱血感動型 at 07:51| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

配慮

 昨日、左足首の捻挫を受け、病院に行ってきました。

 ひどい腫れ方&痛み方だったので心配でしたが、
 診察の結果、骨には異常がなかったので一安心。

 とはいえ、松葉杖で生活することを余儀なくされました。
 生まれて初めて使った松葉杖。これで移動するのは、
 結構、大変なんですね。

 今夜は、コンサルタントの福島正伸先生のセミナーを受講する予定でしたが、
 足がそんな状態なので、昨日、欠席のメールをセミナー事務局へ送りました。
 キャンセル規定により、前日キャンセルは、
 事前に振り込んだセミナー料金は、戻らないことを承知した上での話です。

 今朝、メールをチェックしていると当該事務局からのメールがありました。
 メールの要旨は以下の通りです。

 ・次回開催される別テーマのセミナーに来ませんか?
 ・次回のセミナー料金に今回のセミナー料金を充当することが可能

 今回支払ったセミナー料金が無駄にならないこと、
 次回のセミナーは今回以上に私にマッチした内容であることから、
 速攻で「参加します」メールを送信しました。

 足の怪我のせいで、事務局の方の暖かいご配慮に触れることができました。
 
 福島先生の7月27日に行われるセミナーはこちらです。
 定員150名ですが、今現在、残り58席だそうです。 
posted by 熱血感動型 at 08:19| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

着地

 今朝も、いつものジョギングコースを走っていました。
 これで6日連続のジョギングです。

 右足で地面を蹴り、左足で着地する。
 着地した左足で地面を蹴り、右足で着地する。
 この繰り返しで5qを走ります。

 今朝、3qほど走った時点での話です。
 左足で着地する際、足の裏ではなく、外側側面で着地してしまいました。
 それも走っている際の通常の着地ではなく、
 地面から一段高くなっている段差に右足をかけ、 
 そこから左足で地面に着地した際のことなので、体重がかなりのっています。

 グギッという音がした気がします。

 左足の痛みに、うずくまりたくなる衝動を押さえ、
 なおかつ走ろうとしましたが、数メートル先で座り込みました。

 みるみる腫れていく足首。走る気は完全に失せました。
 しばらく座っていると痛みが引いてきたので、自宅へ向けて歩き出しましたが、
 足を引きずらないと歩けない。

 ジョギング中の怪我は2回目です。
 1度目は、ジョギングシューズを履かずに走って起こした肉離れ。
 これに懲り、奮発してジョギングシューズを買ったのが 一昨年の夏。

 それ以来ずっと同じシューズを使い続け、このシューズで約950qを走りました。
 奮発して買っただけに、すり減っても買い換えの意志決定ができませんでした。
 減り方も靴裏が均等に減っているのではなく、
 外側が内側に比べて異常にすり減っています。

 そういう状態のシューズを履いてジョギングしていますから、
 足が着地する際に、力が外側に逃げようとすることは当然のことでした。 
 
 1度目の怪我でシューズを買って、2度目の怪我で買い換えを決断する。
 何事も、痛い思いをしないと意志決定出来ない奴なんだなぁ、と感じ入った次第です。

 感じ入っていてもしょうがないので、これから医者に行ってきます(泣
posted by 熱血感動型 at 08:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

活躍

 それまでは開幕から3本のホームラン、打率は1割台。
 そんな彼が、昨日は満塁ホームラン、一昨日は3ラン、
 その前日は満塁ホームランと3戦連発。
 埼玉西武ライオンズの細川捕手は当たりに当たっています。

 もともと、打撃は良い選手で、2008年にライオンズが優勝した時は
 年間で20本近くのホームランを打っていたと記憶しています。
 
 ホームランを打つときに限って、塁上がランナーでにぎわっている。
 そして打てばチームは勝つ。
 細川選手は、現在、何をやっても上手くいくし、上手くいくように環境が整います。

 松下幸之助翁が、事業で成功するための要因について
 「運がいいこと」を挙げていたことを思い出します。
 行動と努力の結果、得られる運。

 何もないところで棚ぼたを待つのではなく、
 棚の下に行って、棚ぼたを待つ行動力。
 
 棚から落ちてきたものを眺めているのではなく、
 棚から落ちてきたものをキャッチするための日々の努力。

 細川選手のここ数日の活躍を見ていると、 
 活躍に至る軌跡は、並大抵のものではなかったのだろうと
 改めて感じ入るのです。

 私も、仕事に追われるだけでなく、
 運を得るべく、行動と努力を重ねていかなければイケマセン。
posted by 熱血感動型 at 08:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

罹患

 最近、心の病について言及のあったブログを拝見しました。
 これを受けてちょっと書いてみようと思います。

 何度かセミナーでもお話ししたことがある内容なので、
 「あ、その話ですか」と感じる読者の方もおられるかもしれません。

 私が小学校1年生の頃の話です。

 当時の私は、毎日、片道20分かけて登下校を繰り返していました。

 通学路の途中に、大きな大きな学校がありました。
 毎日毎日、その大きな大きな学校を見ながら、登下校を繰り返していました。

 小学校1年生の私は、ある日、母親にあの大きな大きな学校は
 一体何なのか訊きました。

 その学校は小学校を卒業し、中学校も卒業しなければ入れない学校、
 つまり高等学校だと言われました。
 その大きな大きな高校は、県下有数の進学校だということも知りました。
 小学1年生の私は、この高校に入ることを決めました。理由は分かりません。

 小学2年生に進級する際、父親の転勤で引っ越しをしました。
 それまで毎日見ていた、大きな大きな高校からちょっと遠くなりました。
 でも、その大きな大きな高校に入るという目標は揺らぎませんでした。

 小学校1年生からの明確な目標は、中学3年生になっても明確なままでした。
 明確な目標のもと学業に励んでいた私は、その高校に入学を果たします。

 小学校1年生の頃から抱いていた目標を達成し、私の高校生活が始まりました。
 友人もできました。野球部にも入りました。授業の進捗にも遅れることなく勉強しました。

 しかし、何故かつまらないんです。
 それが何故なのか、当時の私は分かりませんでした。

 あまりにも、つまらない日々が続くので、勉強することを止めました。
 その後、部活で肩を壊し、野球の練習も出来なくなりました。

 自分は、何をしにこの学校に入ったのだろう。

 気がつくと鬱を発症していました。

 なぜ鬱になったのか。それは「目標達成後の目標」がなかったから、です。

 休学を余儀なくされ、高校3年生の1学期を棒に振った私は、
 出席日数が足りなくなり、4年かけて高校を卒業することとなります。
 卒業後も目標は見えず、フリーターの道へ進みます。

 この留年・フリーターという経験が、
 当時の私には耐えがたく、ずっとこの経験から目をそらして生きてきました。

 30代になった私は、産業カウンセラー主導のもと、
 これらの経験としっかり向き合い、自分の過去と心を整理します。
 そして、中小企業診断士として独立することを新たな目標としました。
 人生で抱いた2つ目の大きな目標です。

 現在、フリーターの支援活動を行っていますが、
 それは上記の経験が下地となっています。

 目標を持つことは大事なことなんだけれども、
 目標を持てない時期に経験したことも大事なんですよね。 
posted by 熱血感動型 at 13:16| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

振替

 6月5日から開催されたターンアラウンドマネージャー(TAM)養成講座。
 全8回のうち、これまで前半の4回が終わりました。

 前半4回の講義で印象に残っているのは、銀行との交渉についてです。
 TAMは事業再生に携わるだけあって、銀行との交渉役も務めることがあります。

 講師お二方に、実際の銀行の支店長と、TAMのやり取りを再現していただきました。
 この生々しさにビックリです。

 またコーチングの講座もかなり良かったです。
 限られた時間内でのセッションですから、
 クライアントが考えずに答えることが出来る質問、
 例えばクライアントの仕事内容とか、家族構成といった質問はできるだけ避け、
 セッションはクライアントとコーチが共に考える場にすべき、
 という講師の考えは目からウロコでした。

 さて、今日は第5回目が実施されますが、仕事で出席が叶わなくなりました。
 というか、それ以降、最後の講義まで出席が叶いません。
 なので、残りの後半4回の講座は、次回開催時に振替受講をします。

 「振替受講」という言葉の響きに懐かしさを感じてしまいます。

 平日講座を土日に振替したり、生講義をビデオ講義に振り替えしたりなど、
 診断士受験生時代も、受験予備校の振替受講制度をフル活用していました。

 仕事人として、また家族の一員として、それぞれとどのように調整をし、
 自己を磨く機会を得るか。この調整力が自己研鑚の大きなポイントですね。
 もっとも最後は、研鑽に対する執念がモノを言うのだろうけれど。
posted by 熱血感動型 at 05:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

地元

 私が行う仕事は、自宅で行う仕事と自宅以外で行う仕事に分類されます。

 自宅で行う仕事は、メールだったり、講義準備だったり、資料作成だったり。
 自宅以外で行う仕事は、打ち合わせだったり、企業訪問だったリ、研修講師だったり。

 自宅以外で行う仕事は、ほとんどが都内で行っているわけですが、
 セミナーを受講したり、研究会に参加する時など、仕事以外の活動も
 やっぱり都内で行うことがほとんどなわけです。

 そんな中、今日予定している活動は、全て地元での活動となります。
 これ、無茶苦茶珍しい。

 午前中は、昨年より支援している会社についての打ち合わせ。
 いつもは都内にある、先方の事務所に出向いて、打ち合わせをするのですが、
 何と先方が、川越まで出向いてくれるとのこと。いや、これは助かる。

 夜は「もしドラ」の著者である岩崎夏海氏の講演があります。
 それも地元川越の市民会館で。

 今日は、地元で充実した時間を過ごすことができそうです。  
posted by 熱血感動型 at 07:32| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

受講

 中小企業庁では、様々な経営に対する支援を実施していますが、
 そのひとつに、経営革新計画の作成支援があります。

 計画作成支援のために、各地の商工会議所では経営革新塾を開催しています。
 ほとんどの場合、経営革新塾の講師は中小企業診断士が業務を委託します。

 かくいう私も、これまでに何度か登壇させていただきました。

 
 先日、地元川越の商工会議所から会報が送られてきました。
 パラパラと見たところ、7月に経営革塾を行うのだそうです。
 というわけで、受講を申し込みました。

 講師の立場からではなく、受講生の立場から経営革新塾を見てみたいですし、
 実際に、自分の事務所の事業計画をブラッシュアップしたいと思ったからです。

 受講料は3日間、6コマで1,000円(会員、非会員問わず)。

 来月の楽しみがまた一つ増えました。
posted by 熱血感動型 at 12:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

思案

 ひょんなことから、東京千駄ヶ谷にある、
 東京体育館のセミナー会場を使っていいよ、ということになりました。

 8月21日、18:00から21:00まで。
 準備時間などを含めると、使えるのは2時間程度。
 この2時間で何をしようかな、と思案しています。

 まず、案として浮かんだのは、おはこの「聴き上手研修」。
 傾聴スキルを身につける研修ですが、
 自分にとってはなじみも深いし、実施するごとにブラッシュアップも重ねてきたので、
 それなりの完成度なのかな、とも思っています。

 ただ、この研修はターゲットが明確になっていないんですよね。
 どちらかというと、社内研修向けに作成したものなので、
 セミナー形式では、使いにくい気もしています。

 なので、告知をして広く集客を図ろうとしても、ちょっと厳しいかな、と。

 次に案として浮かんだのは、講演スタイルの「独立診断士の実態」。
 特に、私の独立準備・独立直後の失敗談を中心に語ってみようかなと。

 こうすれば独立できるとか、こうすれば独立後の収入が上がる、
 という成功体験をお伝えするのではなく、
 独立準備中、独立直後に私が実際に経験した失敗事例をお伝えして、
 独立準備中の方や独立直後の方の参考にしてもらえれば、と。
 これは、ターゲットも明確ですし、良さげです。

 ま、そんなことを昨日は思案していたわけですが、
 前職の後輩からたまたま電話が来たことをいいことに、
 「君なら私のどんなセミナーを聞いてみたい?」と問うてみました。

 彼はガソリンスタンド一筋で今もバリバリ活躍していますが、
 逆にガソリンスタンド以外の仕事を知らない。
 はたして、自分は社会の中でどのような特徴のある人間なのか。
 その特徴は、ガソリンスタンド以外で活きるのか。
 そのような自分の可能性について知りたい、という話がでました。
 「固有能力を活かしたキャリアチェンジの可能性」とでも表現したらいいのでしょうか。

 これについてのテーマなら、自分の体験談も話せますし、
 ターゲットも広くとれるのではないかな?と思いました。

 もう少し掘り下げて思案してみようと思います。

 そうそう、診断士2次試験対策本として人気を博している、
 「ふぞろいな合格答案」エピソード3が発売になりましたね。
 個人的には「川柳」が一覧になったページがお気に入りです。
 それと、再現答案に簡単なドキュメントが掲載されるようになった点が目につきました。

 ここまで仕上げるために、執筆陣は色々思案したのだろうと思います。

 最近、思案で朝が明け、思案で日が暮れる。
 そんな日々が続いている気がします。
posted by 熱血感動型 at 08:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

配慮

 宿泊先のホテルの部屋で、買ってきたお刺身パックを食べようとしたら、
 パック内に醤油が無かったことを一昨日のブログに書きました。

 記事編集の時間の関係上、「つづく」としましたが、
 その後、ブログを更新できない日々が続きました。
 その結果、当該記事に対する自分の気持ちが萎えてきてしまいました。

 ま、気を取り直して。

 浴衣に着替えてしまっていたので、醤油を買いに行くのも面倒だし、
 買いに行ったところで、1食分の醤油を売っているのかどうかも分かりません。

 結局、1食分の醤油を手にするために私は、
 ルームサービスの握り寿司(醤油多めで)を頼みました。
 出費もそうですが、お刺身がさらに増えてしまい、
 買ってきたお刺身の価値が下がってしまったことが残念でした。

 このことを昨夜、家内に話したら、
 スーパーのお刺身パックには、醤油が入っていないのが当たり前だと言われました。
 スーパーの食品には、醤油も箸もついていないのが当たり前なのかもしれません。

 しかし、このスーパー、ホテルのそばに立地しているので、
 買い物に来る宿泊者も結構いるはずです。
 そのような客層のニーズに対する配慮をすれば、
 もっと売上が伸びるんじゃないでしょうか。

 研修やセミナーで講師が話す内容は、その講師しか話せない内容であるからこそ、
 その講師が話す価値があるはずです。
 スーパーも、その立地だからこそ、出来る配慮があり、
 それをすることで、リピーターも増える。そんなことを思いました。
posted by 熱血感動型 at 18:29| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

醤油

 昨日から3泊の予定でホテルにチェックインしましたが、
 西武ライオンズの試合をテレビ観戦したかったので、
 夕食は部屋で摂りたいと思いました。

 ルームサービスは、やはりそれなりに値段が張るので
 ホテル裏手にある食品スーパーで夕食を調達することにしました。

 18:30頃、スーパーに行って、お刺身などの食材、
 ビール・缶チューハイなどお酒を調達し、部屋に戻りました。

 シャワーを浴びて、食事をしようとしたところ、
 箸が無い 

 ホテルのフロントに電話をして、「あの、割り箸ってありますか」
 と訊いたら、快く「はい、これからお部屋までお持ちします」と言ってくれました。

 よし、これで夕食にありつける。
 箸が届くまで、食材トレ―のラップを外しておこうと
 お刺身のパックからラップを外したところ、
 醤油が無い
 ちなみにパックの中に、ワサビは入ってるんですよ。

 ほどなく、割り箸が部屋に届きました。
 だめもとで届けに来てくれたホテルの方に伺いました。
 「あの、醤油ってあります?」

 さすがに部屋に届ける醤油は準備していないそうで。。。
 そりゃそうですよね。

 シャワーを終えているので浴衣に着替えていましたが、
 今更、着替えて醤油を買いに行くのも面倒。
 そもそも1食分の醤油があればいいので、
 あのスーパーに1食分の醤油が置いてあるかどうかも疑問。

 意を決して、醤油なしのお刺身を口にしてみました。
 不味い。。。。

 醤油を入手する方法はないものか。

 このときテレビの中では、西武ライオンズは3点差で負けていました。

 つづく
posted by 熱血感動型 at 07:14| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

「適地」改め「敵地」

 先月は、時間の調整が上手くできず、
 西武ライオンズの応援に行けませんでしたが、
 今月は、何とか時間をやりくりして行ってこようと思います。

 そんな中、今日は、研修の仕事で愛知県に来ました。
 先ほどホテルにチェックインし、部屋に入りました。今日から3泊です。

 部屋のテーブルに今夜のテレビ番組表があっていたので、
 何となく見ていると、本日、ナゴヤドームで行われる、
 西武ライオンズvs中日ドラゴンズの試合が
 19:00より放映されることが分かりました。

 私が住む埼玉では、
 西武ドームで行われるライオンズの試合がテレビ中継されますが、
 愛知に来て、ライオンズの試合を観ることができるとは、嬉しい限りです。

 いっそのこと、今日これからナゴヤドームまで行ってこようかなと思い、
 ホテルからナゴヤドームまでのアクセスを調べましたが、ちょっと遠いです。
 というか、ナゴヤドームで飲みすぎて、明日からの研修に響くとまずいので、
 おとなしく部屋で観戦することにします。

 ホテルの部屋のテレビ番組表には
 「祈りよ届け、ドラゴンズ勝てば大型テレビをプレゼント!今夜は打線爆発だ」
 とアウェイ感バリバリです。

 適地敵地でも頑張れ西武ライオンズ。
 そうそう、明日の研修では、プロ野球の話はしないようにしますw

posted by 熱血感動型 at 17:33| 埼玉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

手段

 昨日は、事業再生・事業承継の専門家である、
 ターンアラウンドマネージャー(TAM)の養成講座に出席してきました。
 全8回のうちの1回目です。

 診断士の他に、税理士、弁護士、不動産鑑定士といった士業の方の他、
 金融機関に勤務する方や、会社を経営する方などもいらしてました。
 もっとも、診断士、それも政策研究会の診断士が一番多かった気がします。

 昨日の講義の中で、特に面白いなと思ったのはコーチングの講義でした。
 コーチングは日本に導入されて、比較的間もないので、
 定番的な教え方というものが存在せず、講義によって様々な理解のさせ方、
 組み立て方があって、とても興味深いです。

 昨日も非常に面白い組み立て方でした。

 最終日には検定試験があり、これをクリアすると、
 晴れてターンアラウンドマネージャーを名乗ることができます。

 ただし、TAMを名乗ることが受講目的ではありません。
 目的は、コンサルティング能力を高めること。
 毎回の受講や、試験合格はその手段。

 手段と目的を履き違えないようにしないといけません。

 思うに、私は、診断士の受験生時代、
 これらを履き違えて不合格を重ねていた気がします。
posted by 熱血感動型 at 09:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

活動

 ここ数日、講義資料の作成に追われておりましたが、ようやく一段落つきました。
 この講義は、フリーター支援を行うNPO法人が主催するものです。

 最近、「自分らしさ」だとか「自分しかできないこと」を考えるのですが、
 フリーター経験のある診断士の私が、自分らしく、自分しか出来ないこととして
 フリーターを支援してみようと思いました。

 どこまで力になることが出来るか分かりませんが、
 フリーターという若年者の能力向上と
 高齢者雇用アドバイザーという高齢者雇用対策、
 というふたつの活動が、これからの私の主たる活動分野になりそうです。

 また、活動形態について、最近よくいただくメッセージは
 「熱血さんは、コンサルではなく、講師で食っていったら?」というものです。

 この点は、まだ決めかねていますので、様々な形態を模索していこうと思います。
 今日から始まるターンアラウンドマネージャー講座の受講もその一環です。 
posted by 熱血感動型 at 09:28| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

反応

 これまで(大した数ではないですが)色々な場所で
 講師という立場からお話をする機会をいただいてきました。

 昨日の講義も初めての場所でした。

 講義開始直後は、いきなり本題に入らず、
 日常の話から、講座の概略等を話してから、本題に入ります。
 私は、講義開始直後の3分間で、
 受講生の当講義に対する心構えが決まると思っています。
 なので、最初の3分間の話は、内容も話し方も非常に気を使いますし、
 そのための準備も丹念に行います。昨日もしっかり準備をしてきた話を始めました。

 しかし、受講生の反応がありません。
 私の話が受け入れられているのか、そうではないのか、どうも分からず、
 話していてちょっとやりづらさを感じました。

 さて、講義の本題に入りました。説明をしていく中で
 「分かりましたか」「よろしいでしょうか」「みなさんだったらどうしますか」など
 問いかけをし、受講生ができるだけ参加する形の講義を心がけます。
 一方通行の講義はよっぽどの話力がなければ、飽きられてしまいます。
 受講生の反応を見ながら、話題を変えたり、話し方を変えたりします。
 
 しかし、受講生の反応がありません。
 私の話が理解できているのか、そうではないのか、
 また、私の話が受け入れられているのか、そうではないのか、どうも分からず、
 話していてちょっとやりづらさを感じました。
 
 これが「収録講義」というものなのですね。
 普段の講義とは、準備も心構えも変えた上で講義をしたのですが、
 百聞は一見に如かず、いざやってみると、想像とは結構違う点がありました。

 次回以降は、より完成度の高い講義をしてみせよう。強く思いました。
posted by 熱血感動型 at 08:45| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。