2010年07月07日

上京

 私は中学1年、2年と県内屈指のマンモス校、A中学で過ごしていましたが、
 3年へ進級する際、県内屈指の進学校、B中学へ転校をすることになりました。
 
 A中学は2年生時に修学旅行に行きますが、
 B中学は3年生時に修学旅行に行きますので、
 私は中学時代に2回修学旅行に行くはめになりました。

 A中学の修学旅行先は東京でした。

 それまで田舎弁に囲まれて育ってきた私ですが、
 東京に修学旅行に行った際、それまでテレビの中の人だけが話す標準語を、
 生身の人間が普通に話しているのを見て、軽いカルチャーショックを受けました。

 このとき、様々な所へ行きましたが、印象に残っているのが東京タワーでした。
 あの巨大なタワーに、展望台から望遠鏡で近隣のビルを眺めると
 ビル内のオフィスで働くホワイトカラーのおじさんがアクビをしていました。
 「東京の人もアクビをするんだな」と妙に感心したことを覚えています。

 昨日、仕事の関係で30年ぶりに東京タワーに行ってきました。
 東京タワー.jpg
 
 当時、少年期を終え、青年期の入り口にいた私の目には、
 東京タワーは、どんな風に映っていたのでしょうか。
 
 写真は、壮年期を終え、中年期の入り口にいる私の
 携帯カメラがとらえた、昨日の東京タワーです。

 なお、21世紀における国民健康づくり運動(通称健康日本21)の資料では、
 幼年期を0〜5歳、少年期を5〜15歳、青年期を15〜25歳、
 壮年期を25歳〜45歳、中年期を45歳〜65歳、高年期を65歳以上、としています。

 まあ、つまり、懐かしかったということを言いたかったわけです(うまくオチがつかない)w


posted by 熱血感動型 at 13:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。